もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 連載一覧
  • 華やかな店先の奥には、季節の掘り出し物も! 東京・二子玉川『メゾンフルーリ』|今日はてくてく、「花屋さん日和」Vol.13

華やかな店先の奥には、季節の掘り出し物も! 東京・二子玉川『メゾンフルーリ』|今日はてくてく、「花屋さん日和」Vol.13

華やかな店先の奥には、季節の掘り出し物も! 東京・二子玉川『メゾンフルーリ』|今日はてくてく、「花屋さん日和」Vol.13

「奥渋」に「裏原」。メインのスポットから一歩離れたエリアが注目される東京。二子玉川でも裏手に名店あり! 商店街を進んでいくと、花の色と香りで溢れた花屋さんがあります。

フランス語で“花の咲く家”と名づけた『メゾンフルーリ』は1974年に創業。『花時間』でも華やかに誌面を飾っていただいたフラワーアーティスト、野口美知子さんが東京・二子玉川にオープンしたお店です。そして、現在、二代目として看板をしょって立つのがご子息の佐々木久満さん。6年前、以前あった場所から、髙島屋本館裏手の二子玉川商店街へ引っ越しました。

和菓子屋さん、カフェと眺めて歩くと、通り沿いに溢れんばかりに花を並べたお店が『メゾンフルーリ』。花を贈る人、自分でいけて楽しみたい人のどちらにも親切な花屋さんなんです。店先でまず、目に飛び込むのは、↓の写真のギフトブーケ。急なプレゼントにも便利なのはもちろん、写真をよく見て! 花の組み合わせがひとつずつ違い、価格も3段階で設定。相手の好みや用途に合わせて、気軽に選べるのがポイントです。

同じ店先で見つけたのは、バラ10本でこのお値段のサービス花束。いきいきとしていて、長く咲きそうですね。近所にほしいくらいのお得な花屋さんでは?

リーズナブルな価格を保っているのは、ギフト需要が多いからで、そのため、店内にはバラのほか、華やかさに欠かせないユリもいつもスタンバイしています。ユリは最近、いけていないかも?なんて思っていたら、ちょっと目からうろこですよ。佐々木さん曰く、ユリは、いけやすいよう、どんどん進化している花。取材時にあったユリを見せてもらい納得でした。↓のユリは「スマトラ」。茎が太く、真横に花が向いているイメージが強いユリですが、このユリに関しては、草花を思わせる華奢な茎をもち、楚々とうつむいています。ササユリなどの奥ゆかしい和のユリを連想しませんか?

↓のユリは花が上へ向く「バルベルデ」。バラなどの上向きの花とも合わせやすいのが特徴だそうです。

佐々木さんは、じつは『花時間』の知恵袋のひとり。各地の花の生産者と交流をもち、いつも季節の珍しい花に出会わせてくれます。訪ねたら、見つかるはずですよ! 取材のときにあったのは、↓の紫の花。長野の片桐さんが作っているラペイロージアという花で、山野草のような風情が素敵です。

そして、↓は福岡からやってきたというクサボタン。日本にいくつかあるクレマチスの原種のひとつなんだそう。花びらがカールして、ベル形のクレマチスによく似ていますね。

話を聞いているうちに、植物図鑑の中にさまよいこんだような気分に(笑)。そんな佐々木さんは、意外にもこんなにかわいらしい花も得意だったりします。

訪ねたら、目を皿のようにして花を選びたい『メゾンフルーリ』は、二子玉川駅から徒歩約5分。斜め向かいにできたカフェは、おすすめだそうです。

Shop Data:メゾンフルーリ(Maison Fleurie)
インスタグラム/https://www.instagram.com/maison_fleurie_tamagawa
住所/東京都世田谷区玉川3丁目15-12 106
電話/03・3700・8790
営業時間/10:30〜20:00(日曜・祝日~18:00)
定休日/なし

撮影と構成と文・鈴木清子

この連載について

今日はてくてく、「花屋さん日和」

大好きな花屋さんはありますか? わくわくするような花と出会え、ちょっとした店内演出にもこだわりが満載。訪ねたら、また行きたくなる花屋さんを集めました。お気に入りをぜひ、見つけてください。