もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 連載一覧
  • なごり惜しい秋の色|春夏秋冬 旬の花を探しに Vol.45

なごり惜しい秋の色|春夏秋冬 旬の花を探しに Vol.45

なごり惜しい秋の色|春夏秋冬 旬の花を探しに Vol.45

フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出会った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

なかなか諦め切れない秋

11月に入り立冬も過ぎたけれど

名残惜しい秋

そろそろ最後かなぁと思いながら束ねる

ヒペリカムの紅葉も写真より

すでに真っ赤になってきて

木苺の紅葉も北海道から来ているので

かなり真っ赤になった

やはり紅葉が進むと乾くのも

今までよりも早くなるので

あまり追いかけずに切り上げたいところ

グリーンの部分と色づいたところが

混ざっているぐらいがちょうど良い

実際には秋の花ではなくて

秋色の花を集めたものに紅葉をプラス

クイーンプロテアとアスター「ココットベリー」

ピンクッション「アヨバオレンジ」

バラの「カルピディーム+」とスターチスなどで

秋色系の花いろが雰囲気を作っている

葉の色と相まってパッと華やかな印象は

男性の誕生日に合わせて少しワイルドな部分も

あと少しだけ秋の紅葉を楽しみたい感じ

店頭や店内は急いで冬支度に入り

針葉樹やユーカリ

リースやスワッグの制作

アマリリスの花などが始まった

秋の花たちが終わると

市場の花は春の花へと変わってゆく

え!もう春の花?と思うかもしれないが

冬は花が咲かない時期なので

一足先に春の花たちがやってくる

ラナンキュラス、チューリップ

スイートピー、フリージア、ヒアシンス

アネモネ、などなど

少し濃いめの色合いから

徐々に春色を追加していく

とは言いつつもクリスマスシーズンになるから

そっちで頭がいっぱいだなぁ

Profile熊坂英明

『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡...アーティスト詳細を見る


関連連載