• TOP
  • 連載一覧
  • 秋の訪れを知らせるオータムクレマチス|ターシャの庭だよりVol.10

秋の訪れを知らせるオータムクレマチス|ターシャの庭だよりVol.10

連載 2018.09.26公開 ターシャの庭だより
秋の訪れを知らせるオータムクレマチス|ターシャの庭だよりVol.10

アメリカを代表する絵本作家であり、「スローライフの母」として世界中から愛されたターシャ・テューダー。56歳の時、長年の夢だったバーモント州に移り住み、森を切り拓いて広大なナチュラルガーデンをつくり上げたターシャは、92歳で亡くなるまで36年間、そこで一人で花を育て、自然に寄り添った生活を行いました。ターシャが好んで植えていた膨大な数の花の写真とその名前をまとめた本書『ターシャが愛した花の名前』から、ターシャが長年はぐくみつづけた花と庭、そしてライフスタイルを紹介します。©Richard W. Brown

秋の庭:可憐な野草たち

トップ↑と、下の画像は、「クレマチス・アウトゥムナーレ」とターシャが呼んでいた秋咲きのクレマチス。 夏の終わりに旺盛に咲き、 ターシャを喜ばせた。

センニンソウ Clematis terniflora (英:オータムクレマティス autumn clematis、スイ ートオータムバージンズバウワー sweet autumn virgins bower) 
©Richard W. Brown

北側の小径に、あるとき突然生えてきた野草、キクイモ。 今ではターシャの秋の庭で、 大きな位置を占める。

キクイモ Helianthus tuberosus (英:ジェルーサレムアーティチョーク Jerusalem artichoke)  ©Richard W. Brown

キクイモ Helianthus tuberosus (英:ジェルーサレムアーティチョーク Jerusalem artichoke)  ©Richard W. Brown

※写真および記事の転載不可

Profileターシャ・テューダー

この連載について

ターシャの庭だより

広大な庭でガーデニングを楽しみ、大好きな絵を描き、自然と寄り添って暮らしたターシャ・テューダー。世界中のガーデナーが憧れるターシャの庭と四季折々の花、彼女の暮らしを綴ります。毎週水曜更新。