• TOP
  • 連載一覧
  • ペリエの空き瓶で、ダリアを情熱的に魅せる|プチプラ花コーデ Vol.126

ペリエの空き瓶で、ダリアを情熱的に魅せる|プチプラ花コーデ Vol.126

ペリエの空き瓶で、ダリアを情熱的に魅せる|プチプラ花コーデ Vol.126

フラワーデザイナーの川守由利子です。100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを、日々楽しんでいます。

夏に飲んでいたペリエの瓶ひとつは、ペンキでグレーにしてこんな感じに。この時の記事がこちら。

もうひとつは、ブルーのペンキを塗ってみます。

瓶にいちど塗るとこんな状態。

1回だと、うまくペンキがのらないので、3~4回くらい、乾いては塗ってを繰り返しました!
色がのった瓶を見ていたら、なんとなく絵を描きたくなったので、ダリアのような?絵を描いてみました。

こんなダリアに出会ったらこの瓶にいれよう♪と、イメージを膨らませてお絵かき♪ そこから数日後、初めて入った花屋さんに理想通りの咲き方、色合いのダリアを発見!!!

350円でした(しかも税込み!)。名前はアジタート。イタリア語でアジタートは、”激して”とか”興奮して”という意味があるようで、この情熱的な色合いや咲き方からつけられたのかなと想像しました。このダリアを早速、リメイクした花瓶に入れていきます。瓶にはお水を入れます。そして、瓶とダリアのバランスを見ながら…。

ダリアは、花瓶より少しお花が出る部分でカット。そしてただ、瓶に入れるだけ!

花瓶の色も花の色も強いので、全体的に濃いめの色合いでディスプレイしてみました。まん中がゆっくり花開いていくのが、楽しみです! 自分の理想通りの花に出会えると、とっても嬉しいですね。初めて入ったお花屋さんは、ガラスの入り口が閉まっていて、しかも外からあまり中が見えないお花屋さんだったので、ちょっと勇気がいりました。欲しいものがないと申し訳ないな。。。と思いつつ、、、でも勇気を出して入ってみよかった~。一層、愛おしく感じるダリアです!

【材料】
*使用材料*
・ダリア(アジタート)・・・350円
今回は、価格は税込み。
ほかに、ペリエの空き瓶、ペンキ、筆などを使用。

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

このダリアの咲き方は、「セミカクタス咲き」というものです。ダリアは咲き方がいろいろとあって、デコラティブ咲き、ポンポン咲き、コラレット咲きなどなど。咲き方で印象が変わってきます♪

一輪で十分な存在感のダリア! 美しい季節なので、いろいろと楽しみたいと思います。

Profile川守由利子

『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。 花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。...アーティスト詳細を見る

この連載について

プチプラ花コーデ

100均などで購入できる、プチプラ雑貨に花をコーディネイト。季節や行事を楽しむ“花のある暮らし”のアイデア集です。簡単に作れるものばかり。『ブーケ・ドゥ』川守由利子さんが提案します。毎日更新。