• TOP
  • 連載一覧
  • 夏の野菜畑はカラフルで元気な花がいっぱい|ターシャの庭だよりVol.5

夏の野菜畑はカラフルで元気な花がいっぱい|ターシャの庭だよりVol.5

夏の野菜畑はカラフルで元気な花がいっぱい|ターシャの庭だよりVol.5

アメリカを代表する絵本作家であり、「スローライフの母」として世界中から愛されたターシャ・テューダー。56歳の時、長年の夢だったバーモント州に移り住み、森を切り拓いて広大なナチュラルガーデンをつくり上げたターシャは、92歳で亡くなるまで36年間、そこで一人で花を育て、自然に寄り添った生活を行いました。ターシャが好んで植えていた膨大な数の花の写真とその名前をまとめた本書『ターシャが愛した花の名前』から、ターシャが長年はぐくみつづけた花と庭、そしてライフスタイルを紹介します。©Richard W. Brown

夏の盛りの庭:ポピー&キンセンカ

オレンジと黄色の花はキンセンカ(ポットマリーゴールド、カレンデュラ) Calendula officinalis (英:ポットマリーゴールド pot marigold)。背の高い緑の植物はディル(イノンド) Anethum graveolens(英:ディル dill) ©Richard W. Brown

野菜畑は、 周囲をポピーやキンセンカが彩り、 支柱には、 ハナマメ(ベニバナインゲン)といっしょにアサガオがからまる。頭の丸い植物は、 種になったポピー。

ダリア(テンジクボタン) Dahlia (英:ダーリア dahlia) ©Richard W. Brown

ターシャは、「ディナープレートダーリア(ディナーの大皿サイズのダリア)」と呼ばれる、直径20~30cmの大輪の、黄色い種類だけを、毎年育てた。

ヘメロカリスHemerocallis (英:デイリリー daylily) ©Richard W. Brown

花が一日しかもたないので、「デイリリー(一日ユリ)」の英名があるが、花はつぎつぎに咲く。 ターシャは、 石垣沿いや花壇の縁に列にして植えていた。 庭中に約 20 種あるが、 ターシャは特に薄ピンクやクリーム色といった淡い色が好きだった。

ターシャはスイートピーの香りも好きで、 香りのよい伝統的な品種を好んで植えていた。 毎秋、 翌年用の種を採ると共に、 最上の種があると評判の地元の店で、 新しい種を買っていた。

※写真および記事の転載不可

Profileターシャ・テューダー

ターシャが愛した花の名前

1500円+税/KADOKAWA

ターシャが、自分のナチュラルガーデンで育てた花の図鑑。1990~1995年、2006~2007年に撮影された庭の写真を手掛かりに、ターシャが好んで植えていた約250種の花の名前を紹介。それぞれの花に寄せるターシャの思いも添えた。植物名の特定には、ターシャ自身のほか、家族やガーデナーのジェナ・ユネスコ氏の協力を得た。 本の情報はこちら

この連載について

ターシャの庭だより

広大な庭でガーデニングを楽しみ、大好きな絵を描き、自然と寄り添って暮らしたターシャ・テューダー。世界中のガーデナーが憧れるターシャの庭と四季折々の花、彼女の暮らしを綴ります。毎週水曜更新。