• TOP
  • 連載一覧
  • 古きよき時代が残る丘で、緑の庭に憩う|パリ発、季節の花だよりVol.5

古きよき時代が残る丘で、緑の庭に憩う|パリ発、季節の花だよりVol.5

古きよき時代が残る丘で、緑の庭に憩う|パリ発、季節の花だよりVol.5

今回は、パリでいちばん高い丘に建つ、18区の『モンマルトル美術館』から。暑い夏、避暑するのにぴったりな庭があるここは、かつて芸術家たちが集っていたモンマルトルにたたずむ、小さな美術館です。周辺にはパリで唯一のブドウ畑が広がり、古きよきパリの雰囲気が残っています。丘の頂上にそびえるサクレ・クール寺院の前に立てば、オペラ座からエッフェル塔まで、パリを一望できます。

白亜のサクレ・クール寺院、フレンチカンカンで有名なムーラン・ルージュ、画家の集まるテルトル広場などがある、モンマルトルの丘。ルノワール(1841-1919)やデュフィ(1877-1953)、ユトリロ(1883-1955)をはじめ、数多の芸術家たちを魅了し、その暮らしの場となった街です。

芸術家たちが暮らした当時の様子を再現したガーデン

モンマルトルの丘に、その名もずばり「モンマルトル美術館」が誕生したのは、1960年のことでした。ルノワールやデュフィ、ユリトロらが暮らした一軒家兼アトリエを、美術館として解放したのです。残念ながら、彼らが創作活動を行ったアトリエは残っていませんが、2012年に完成した庭園、ジャルダン・ルノワールは、印象派の巨匠ルノワールが描いた絵画をもとに、当時の様子を再現したもの。アトリエの窓からの眺めを描いた風景が、元になっているのだそうです。

画家ルノワールは、この美術館で、モンマルトルを題材にしたさまざまな名画を残しました。そのなかの1枚「ブランコ」(1876)は、ちょうどこの庭で描かれたもの。当時の風景を再現した一角は、現在では撮影スポットになっています。

初夏から秋にかけて美術館の庭は、木々の葉が緑色に輝き、パラダイスさながらの美しさになります。庭のないアパルトマンに暮らす近所のパリジャン、パリジェンヌたちが、入場料を払って、ここに集います。白いガーデンテーブルと、カジュアルなカフェ・ルノワールを併設した庭は、友人とのアペリティフ(軽く食前酒をいただくこと)に理想的。本を1冊持参して、ちょっと贅沢なひと休みもいいですね。

ブドウ畑、ワークショップなどここならではの魅力も

ジャルダン・ルノワールのほかに、もうひとつ見逃せない庭(?)があります。それは、モンマルトルのブドウ畑! なんと、中世から続いている畑なのだそう。ここで収穫されるブドウは、夏が過ぎると収穫され、ワインになります。希少価値の高いパリ産ワイン! ただ味はいまひとつ…とか!? いちどは味わってみたいですね。

モンマルトル美術館は、常設展、企画展ともに、モンマルトルゆかりの芸術家たちの作品を展示する、個性的な美術館です。ルーブル美術館やオルセー美術館と違って、鑑賞するための列ができることはありません。規模もちょうどよく、自分のペースで芸術鑑賞を楽しめます。

訪れる日によっては、エディブルフラワーのアトリエに遭遇できるかもしれません。ジャルダン・ルノワールのハーブ園を担当する、ジェシカさんによるアトリエです。

フランスでは伝統的に、スミレやニワトコ、カプシーヌなど、たくさんの花を料理に使います。加えて、自然な香りと色を添えてくれる花やハーブは、昨今のヘルシーブームとピタリと合い、人気です。

最後に、耳寄り情報です。

7月の1か月間、木曜日限定の粋な計らいが…。美術館見学と庭の入場料を含む、16ユーロのチケット購入者には、「ワイナリー・パリジャン」のグラスシャンパン1杯と、おつまみプレートが振舞われます! 夏時間のパリ、画家たちが暮らした家の庭で楽しむシャンパンタイムはいかがですか。この時期、パリにいらっしゃる方にはぜひ、おすすめしたい情報です。

今回の写真は、7月のある日、19時30分から21時にかけて撮影しました。パリの夏は日が長く、街を満喫するのにうってつけです。

モンマルトル美術館 Musée de Montmartre
ホームページ/http://museedemontmartre.fr
住所/MUSÉE DE MONTMARTRE 12, RUE CORTOT 75018 PARIS
電話/ +33 (0) 1 49 25 89 39
開館時間/10〜19時(4〜9月)、10〜18時(10月〜翌3月)*7・8月の木曜日は22時まで開館
定休日/なし

Profile角野恵子 Keiko SUMINO-LEBLANC

この連載について

パリ発、季節の花だより

花からパリの今が見えてくる! 注目のトレンド、人気のホテルやお店、公園など、フレッシュな“花のパリ”情報をお届けしています。日本とはひと味もふた味も違う、美のエッセンスをどうぞ。