もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 連載一覧
  • 花屋さんになりたい人も必見です!『カントリーハーベスト』_東京・表参道|今日はてくてく、「花屋さん日和」Vol.2

花屋さんになりたい人も必見です!『カントリーハーベスト』_東京・表参道|今日はてくてく、「花屋さん日和」Vol.2

連載 2018/04/24
花屋さんになりたい人も必見です!『カントリーハーベスト』_東京・表参道|今日はてくてく、「花屋さん日和」Vol.2

東京・表参道界隈は、花屋さんマップが作れるほど、数多くの個性的な花屋さんがひしめいています。

新しいショップも続々と登場するなか、同じ場所で24年間、看板を掲げているのが、『カントリーハーベスト』です。オーナーは深野俊幸さん。自身も、華やかな花の世界を披露する人気フラワーデザイナーです。

花屋さん激戦区で、24年も愛され続ける秘訣とは? そんな質問への深野さんの答えは「変わり続けること」。ショップ自体が変わり続けています。四季折々の植物で、路地を通る人の目を潤す店の前の庭も、じつはオープン当初には、もっとこじんまりしたものでした。

「当時はドアも壁もなく、ガラガラと上げ下ろしするシャッターで(笑)」と深野さん。9年経ったところで、ヨーロッパの田舎にありそうな外観と内装に作り替え、庭も拡張。「人の家を訪ねる感覚で来てもらいたくてね。ほんの少しアプローチができたぶん、どんな花が咲いているかな、と庭を見ながら入ってこれます」。庭のように自然に見えても、よく見ると、どれも商品である寄せ植えや鉢物で構成されています。

店内を変え続けるといっても、人任せではありません。ほとんどが深野さんのDIY。壁に花や雑貨を置くための棚をつけたり、ポストカードを美しく飾れる壁掛けホルダーを手作りしたり。自分自身も、空間を楽しむための日々のリニューアル。ふだんの暮らしにおいても、とても大切なことのように思えます。

店内の奥へ進むと、クラシカルなマントルピースがあることに気づくはずです。アメリカのブロカントに惹かれて、買いつけによく行っていた頃、友人のフラワーデザイナーから譲り受けた品。並べられた1輪挿しに飾った花と植物画にスポットが当てられ、花の祭壇のように見えます。

深野さん曰く、店内は「縦構成」のディスプレイ。都心の狭小店舗ゆえの創意工夫なのですが、それがかえって、どこもくまなく見たくなる、この店のおもしろさにつながっているのですね。

花屋さんをもちたい人の参考にもなるショップ『カントリーハーベスト』。空間を意識して、観察してみませんか?

ショップコンセプトは「田舎で収穫した花たち」。ラグラスやナデシコ、シロツメクサに似たトリフォニウム。野原に咲くような花にも出会える店の入り口には、友人のクリエイターから贈られたレンガのサインボードが訪ねる人を待っています。

Shop Data:カントリーハーベスト(COUNTRY HARVEST)
ホームページ/http://www.countryharvest.co.jp
住所/東京都港区南青山3-13-13
電話/03・5410・1481
営業時間/10~20時。日曜、祝日は~18時
定休日/なし
アクセス/地下鉄東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅A4出口より徒歩約2分

構成と撮影と文・鈴木清子


関連連載