• TOP
  • 記事一覧
  • バジルを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

バジルを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

バジルを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

ハーブ(Herb)の一種、バジル。いまでこそ日本でも広く知られるバジルが普及したきっかけは、「イタリアン」、いわゆる「イタ飯ブーム」です。それまでは、プロの料理人が扱う素材としての認知度でしたが、この頃に一気に市民権を得た感があります。バジル自体は江戸時代に日本に入ってきたとされ、当時は種を水に浸すと出るゼラチン状のもので、目に入ったゴミを取り除いていたことから、「目箒(メボウキ)」と呼ばれていました。家庭にひと鉢あると重宝するバジルは、どのようにすれば増やすことができるのでしょう。バジルを増やしたいときに準備すべきことや、増やし方の手順を、All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

1.バジルを育てる前に知っておきたいこと

爽やかな香りが特徴的なバジルは、古代ギリシアでは「王様のハーブ」と呼ばれていたとか。オリーブオイルやトマト、チーズともよく合います。種は発芽しやすく、日本のような高温多湿な気候でも元気に育つことから、一躍人気のハーブとなりました。

バジルの基本データ
学名:Ocimum basilicum
科名:シソ科
属名:メボウキ属
原産地:熱帯アジア、アフリカ
和名:目箒(メボウキ)
英名:Basil
開花期:7~10月
花色:ピンク、白
発芽適温:20℃以上
生育適温:20~25℃前後

バジルを種から育てるなら、春、4~6月頃が適期です。春のガーデニングシーズンには、ポット苗がよく出回っていますので、園芸ビギナーのかたは苗から育て始めるとよいでしょう。ひと鉢あれば、料理の際にさっと摘んで、フレッシュなバジルを楽しむことができます。

2.植物を増やすには、いくつかの方法があります

バジルの増やし方を説明する前に、植物はどのようにして増やすことができるのか、その方法について知っておきましょう。

一般的な植物の増やし方は、「種子繁殖」と「栄養繁殖」とに大別できます。「種子繁殖」とは、その名のとおり種による繁殖方法です。一方の「栄養繁殖」には、以下のような方法があります。

挿し木
葉、茎、根など植物体の一部を切り取って用土や水に挿して発根させ、新たな個体を得る手法。

株分け
親となる植物を根とともに分けて、複数の株を得ること。いちどに得られる株数は少ないですが、大株になったものや老化した株の更新にも用いられる手法です。

接ぎ木
植物の一部を、台木となる別の植物に接合して生育させる方法。病害に強い丈夫な個体を得るために、バラのほかトマトやキュウリ、ナスなどの果菜類にもよく用いられます。

取り木
親となる植物の一部に傷をつけて、発根させたあとに、親株から切り離して新たな個体を得ること。挿し木でうまくいかない植物でも増やすことができます。観葉植物や樹木などで多く用いられる手法です。

球根
球根は、葉や茎、根が変化した部分に養分を蓄えたもの。変化した器官により、鱗茎、球茎、塊茎、根茎、塊根と分類されます。

このほかに、ムカゴや木子(きご)といった形で増える植物があります。また、家庭の園芸で行なうことはまずありませんが、「組織培養」という手法で人為的に増やす方法があります。

3.バジルを増やす、最適な方法と時期

前項で述べたように、植物はさまざまな方法で増やすことができます。バジルは、種まき、挿し芽で増やします。最適な時期は方法ごとに異なります。

種まきの適期

バジルの発芽適温は20℃以上。種をまくときは、春の八重桜の開花を目安にして種まきをします。

挿し芽の適期

バジルを挿し芽で増やすなら、生育適温が保てる4~7月頃です。地域によって時期に幅が出ます。

4.知りたい! バジルの増やし方「種まき」

準備するもの

鉢植え、地植え共通
・花穂を覆える大きさのネット袋、または不織布の袋
・保存用の袋(容器)

種を採取する手順

バジルの開花後に種を採って増やしたい場合は、花が咲いたあとの花穂を剪定せず、そのままにしておきます。

ただし、花がらがたくさんついた状態だと、蒸れやすくなるうえに株が消耗します。種を採るために残す花穂は必要最低限にして、他は剪定したほうが株への負担は軽くなるでしょう。

バジルはひとつひとつの花が小さく、気づかないうちに種がこぼれてしまっていることがあります。確実に種を採りたい場合は、花がしぼみきる前に花穂ごと不織布やネット袋などで包んでおきます。種が熟すと袋の中にポロポロ落ちてくるので、枝ごと切り取って収穫します。

または、種が熟す直前に花穂ごと切り取って、乾燥させて種を採ることもできます。

採取後の種は乾燥させ、名前と採取日を書いたクラフト封筒などに入れておきましょう。さらに、密閉できるジッパー袋などに入れておくと、長く保存できます。

コツと注意点

花後の種を採って、バジルを増やすなら、熟した種を採取することが大事です。頑張ってたくさんの種を採取しても、未熟なものはうまく発芽できません。

また、採取後の種は、年数を重ねるごとに発芽率が落ちてきます。採取した種は、いつまでも大事にとっておかず、次の種まき適期に忘れずにまきましょう。

5.知りたい! バジルの増やし方「挿し芽」

準備するもの

・鉢(浅めで広口の駄温鉢など)
・挿し木用土(赤玉土やバーミキュライトなど肥料分のない新しい土)
・ハサミ(茎の導管を潰してしまわないよう、よく切れる物)
・細い棒(挿し穂を刺す際の穴あけ用)
・発根促進剤(なくても可。小さい容器で市販されている製品、ルートンやメネデールが入手しやすい)

挿し芽(挿し木)の手順

バジルを挿し芽にする場合は、以下の手順で行ないましょう。

土に挿す場合の手順
① 挿し穂として、若い元気な茎を4~5枚葉をつけた状態で切り取ります。
② 土の中に埋もれる部分の葉は取り除き、大きな葉は蒸散を防ぐために半分くらい切ります。
③ 挿し穂を小1時間ほど水あげします。
④ 挿し芽の用土は、あらかじめ十分湿らせておきます。
⑤ 挿し穂を挿し込みやすくするため、用土に細い棒で穴を開けます。
⑥ 発根促進剤がある場合には、用土に挿す前に挿し穂の切り口に薬剤をつけてください。メネデールの場合は、100倍くらいに薄めた液に5分ほど浸けてから挿します。
⑦ 挿し穂を傷めないよう用土に挿し、隙間が生じないように、そっと土を寄せます。
⑧ 挿し穂を挿した鉢を、直射日光が当たらない明るい日陰に置きます。発根するまで、乾燥させないように管理します。

新芽が出てくれば、発根しているはずです。ポットに植え替えて管理します。

水に挿す場合の手順
バジルは、水挿しでも根が出ますので、ぜひ試してみてください。

① 土に挿す場合同様、前述した①~③までの処理をしておきます。
② 水を入れたガラスコップなどに処理をした挿し穂を入れ、直射日光が当たらない明るい日陰に置きます。
③ 水は適宜入れ替えて、常に清潔な状態を保ちます。
④ 十分発根したら、鉢上げして、新しい苗として育てていきましょう。

コツと注意点

バジルを挿し芽で増やすなら、「清潔に」を心がけるのが成功のコツです。

挿し床に使う用土は、新しい清潔なものを用意します。間違っても、古い鉢土を使ってはいけません。

また、挿し穂を準備する際の刃物にも注意してください。バジルの挿し穂を切り取る際に、導管(水の通り道)を潰してしまうと、うまく水あげができません。挿し穂の準備には、切れ味のよいハサミやナイフを使いましょう。なお、この刃物を媒介として病気がうつる場合があるので、この点も注意したいですね。

なお、挿し芽で得られた苗は、親株と同じDNAを受け継ぐ、いわばクローンになるわけですが、種の場合は「親と子」の間柄になります。したがって結実した種は、必ずしも親株の性質を100パーセント受け継ぐわけではありません。種は、「子孫を残す繁殖」という意味では増やすことができます。Aという個体を複数に増やしたいときは、挿し芽などの方法を取るとよいでしょう。

6.増やし方を知って、植物栽培の楽しみを深めて

前述のとおり、バジルは発芽率が高く、種まき初心者でも比較的容易に栽培できるハーブです。また市販の苗から育てはじめた場合も、切り戻したものを水に挿しておくだけで芽が出てくる、とても生命力の強い植物です。

さまざまな植物を育てていると、元気だったものがいきなり枯れてしまうことが多々あります。原因は根腐れだったり、根詰まりだったり、移植の際に根を傷めてしまったり…とさまざまですが、不死の人間がいないように、植物もいつかは枯れるものです。

かわいがっていた植物が枯れてしまうのはショックですが、これも命あるものの定めで避けられないこと。人が老いるように、植物もまた、老いるのです。

園芸用語では「株の老化」といいます。これを少しでも遅らせたり、株をリフレッシュさせたりするために切り戻し剪定をしたり、株分けや挿し芽、取り木といった手法を使って株の更新を行なったりします。

バジルの増やし方を知っておくことは、その他のさまざまな植物栽培にもいかせます。予備苗を作るなどして、株の更新に備えることができ、植物栽培の楽しみがさらに深まっていくことでしょう。

監修畠山潤子

ガーデンライフアドバイザー


関連記事