• TOP
  • 記事一覧
  • グリーンネックレスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

グリーンネックレスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

グリーンネックレスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

緑色の小さな玉が連なって育つグリーンネックレスは、「緑の鈴」とも呼ばれる蔓性の植物です。インテリアグリーンとして人気がある一方、丈夫な性質なので戸外でも育てられます。グリーンネックレスの育て方のコツ、日々のお手入れから寄せ植えの楽しみ方までを、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.グリーンネックレスを育てる前に知っておきたいこと

観葉植物として扱われることが多いグリーンネックレスは、セネキオ属という多肉植物のひとつです。ころころとした緑色の球は多肉化した葉です。秋から冬には、この葉のつけ根から花茎を伸ばし、先端に花をつけます。花は、白い筒状の小花(筒状花)が密集してひとつの花を形成。それぞれの小花の中心から飛び出るしべには、甘い香りが漂います。

グリーンネックレスの基本データ
学名:Senecio rowleyanus
科名:キク科 
属名:セネキオ属
原産地:アフリカ南西部
和名:緑の鈴(ミドリノスズ)
英名 String-of-beads senecio
開花期:9〜12月
花色:白
葉色:緑
生育適温:15~25℃

グリーンネックレスは、季節を問わず、比較的に手に入りやすい植物ですが、生育期は気候が穏やかになる春と秋です。育てるときは、ホームセンターや街のフラワーショップで、ポット苗を購入するのがよいでしょう。インテリアショップや雑貨店などには鉢とセットで販売されているものがあり、そのまますぐに飾って楽しむことができます。小さい苗は100円ショップなどで見かけることも。

グリーンネックレスの原産地はアフリカの砂漠地帯。乾燥した環境で自生している植物です。上手に育てるためには、風通しがよく、日の当たる環境を整えておきましょう。ただし、強すぎる日差しには弱いので、日差しの柔らかい秋〜春は日当たりのよい場所で、夏は直射日光の当たる場所を避けて明るい日陰で管理します。室内ならレースのカーテン越しで日を当てるのがベストです。

ハンギングで吊るしたり、鉢を高い位置に置いたりすると、ビーズのような葉が流れ落ちる美しい姿を観賞できます。この垂れる姿は、よい“気”を運んでくれる風水の要素のひとつ。グリーンネックレスの特徴である緑色、玉も風水では縁起のよいものとされ、運気を上げるインテリアグリーンとしても人気があります。

2.種類を知ると、選び方がわかります

グリーンネックレスは前述したとおり、多肉植物の一種です。多肉植物とは、葉や茎、根など体の一部に水分を蓄えている植物のこと。グリーンネックレスの場合は、丸い葉に水を含んでいます。水分を溜め込んでいるため、一般的な植物より枯れにくいといわれ、水やりの回数や肥料の量を控えめにすることが、管理のポイントになります。

上手に育てるためにもうひとつ知っておきたいことは、多肉植物のタイプです。多肉植物は、夏型、冬型、春秋型と生育時期の違いによって、大きく3つのタイプに分かれます。グリーンネックレスは春と秋が生育期間なので、春秋型となります。

春秋型

気候の穏やかな春と秋に成長するタイプです。年間を通して適度な水やりをしますが、真夏と真冬は控えめにします。植え替えなどの作業も、春か秋に行います。

夏型

比較的に暑さに強いタイプです。夏の間は適度に水やりが必要ですが、冬は株が休眠するため、完全に水を切ります。植え替えなどの作業は、4〜9月ごろまでに行うのがよいでしょう。

冬型

比較的に寒さに強いタイプです。冬の間は適度に水やりが必要ですが、夏は株が休眠するため、完全に水を切ります。植え替えなどの作業は、9〜3月ごろまでに行うのがよいでしょう。

同じセネキオ属で、見た目がグリーンネックレスと似たものに、ぶっくりと膨らんだ葉の形がアーモンドに似た「アーモンドネックレス(京童子)」、三日月のような葉の「三日月ネックレス」、葉が桃のような形をした「ピーチネックレス」などがあります。グリーンネックレスの葉は球形に近いですが、ほかのものは楕円だったり細長かったりと、葉の形に個性があります。

ショップによっては、こういった似ているものもグリーンネックレスとして販売されていることがあります。ただし、前述したように、多肉植物は種類によって生育のタイプと育て方が異なります。購入するときはできるだけ、正しい植物名を確認しておきましょう。

茎が紫色で、秋冬には全体に紫色に紅葉する「ルビーネックレス」もよく見かけますが、これはオトンナ属の植物。近縁種ですが、グリーンネックレスとは異なります。

3.グリーンネックレスを育てるときに必要な準備は?

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・グリーンネックレスの苗
・土
・肥料 
・土入れ、またはスコップ
・ジョウロ
・ラベル

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・鉢、またはプランター
・鉢底ネット
・鉢底石

鉢はハンギングタイプのものを準備すると、グリーンネックレスの魅力である枝垂れる姿が楽しめます。ハンギングタイプがない場合は、普通の鉢でも構いませんが、棚の上など少し高い位置に置ける環境を準備するとよいでしょう。

地植えでも育てられますが、葉が地面に接していると風通しが悪くなり、蒸れで葉が傷みやすくなります。失敗を避けたいなら、鉢植えのほうがおすすめです。地植えの場合は、地面を高くしたレイズドベッドなどの花壇に植えて、花壇の縁から葉が垂れるようにすると、多少は蒸れを防ぐことができます。

4.適した土作りが、育てるコツの第一歩

多肉植物の多くは砂漠のような乾燥地帯で自生しています。グリーンネックレスも同様で、過湿状態は苦手です。土を用意するときも、通気性があり、水はけのよいものを選んでください。多肉植物用の培養土が市販されていますので、そういったものを使うのが便利です。培養土は、サボテン用でも構いません。

自分で土をブレンドする場合は、赤玉土5、パーライト(又は軽石小粒)3、腐葉土2の割合がおすすめ。ハンギングなどで楽しむ場合は、土の重量は軽いほうがいいので、パーライト、バーミキュライト、ピートモスを同じ割合で混ぜたものなどでもよいでしょう。水はけのよさが、土作りのコツです。

5.グリーンネックレスの育て方にはポイントがあります

グリーンネックレスを育てるときに意識したいポイントは、置き場所、水やり、肥料です。

置き場所は、グリーンネックレスは風通しと日当たりのよい場所を好みます。ただし、夏の直射日光には弱いので、夏は明るい日陰で管理しましょう。室内なら、レースのカーテン越しで日を当てるのがベストです。秋〜春は、日当たりのよい場所に置いてください。ただし、窓越しは夜間気温が急激に下がりますので、寒冷地では夜間は暖かい室内へ移動しましょう。屋外でも大丈夫ですが、気温が3℃以下になる場合は、室内に移動させます。外に置く場合は、雨の当たらない場所に。雨に長く当たっていると、根腐れを起こしやすくなります。

水やりと肥料の与え方も、育て方のポイントです。一般的な植物よりも控えめが基本。春秋型のグリーンネックレスは、春と秋に成長しますので、この時期は水と肥料を適度に与えますが、与えすぎは禁物です。

グリーンネックレスの育て方〜苗から始める〜

苗の選び方

葉が黄色っぽく変色していたり、水分がなくしぼんでいたりするものは避けます。また、茎に均等に葉がつかず、ポロポロと葉が落ちやすくなっているものは、グリーンネックレス自体が弱っている可能性があります。購入するときは、葉がみずみずしく、ぷっくりと丸みのあるものを選びましょう。

前述したように、似ている植物をグリーンネックレスとして販売しているところがあります。種類によって管理方法が多少異なるため、育て方を尋ねたときにきちんと答えてくれる人がいる信頼のおける店で買うのがベストです。

植えつけの時期と方法

植えつけは真夏と真冬以外なら行って構いません。最適なのは、暑くなる前の5月〜7月上旬頃まで。鉢は、ビニールポットよりもひと回り大きなものを用意します。土は自分でブレンドするほか、多肉植物用の培養土が便利です。自分で土をブレンドした場合は、緩効性肥料を規定より少なめに混ぜておきます。次のような手順で植えつけましょう。

① 鉢穴をふさぐように鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷きます。
② 鉢に新しい土を、1/3ほど入れます。
③ ポットから抜いた苗は手で土を崩します。根が細い場合は軽く崩す程度で、太い根がある場合は、ある程度土を落としてしまっても大丈夫です。
④ 土を入れた鉢に苗を置き、さらに土を加えます。土を軽く手で押さえながら、鉢の上部2〜3cmのところまで土を入れます。
⑤ 明るい日陰に置き、4〜5日後から水やりをします。

6.グリーンネックレスと仲よくなる、日々のお手入れ

水やりのタイミング

丸い葉に水を蓄えているグリーンネックレスは、普通の草花よりも水やりは控えめにします。過湿状態にとても弱いため、土が常に湿っていると根腐れを起こすためです。水を与えすぎるよりは、数日間ほったらかしという状態のほうが元気に育ちます。

生育期である4〜6月は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。6月中旬頃からは、水やりを少しずつ控え、表面が乾いて2〜3日してから与えてください。

7月〜9月中旬頃までは、表面が乾いて4〜5日してから水を与えます。

秋の生育期である9月中下旬〜11月中旬頃までは、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。

11〜3月の水やりは、土が完全に乾いてから。1か月に1回ほどで大丈夫です。

地植えの場合は、水やりは特に必要ありません。

肥料の施し方

もともと土内の栄養が少ない砂漠などで育つグリーンネックレスは、肥料もそれほど必要ありません。植えつけのときに施す元肥は、規定濃度の半分程度にします。4〜6月と9月中旬〜11月中旬の生育期は、速効性の液体肥料を規定濃度の半分、2週間に1回ほど与えると、葉の色艶がよくなります。それ以外の時期は、肥料は与えません。

花が咲いたら…

秋から冬の時期、環境がよく上手に育てていると、葉のつけ根から花茎を伸ばし、先端に花を咲かせます。花が終わったら、花茎のつけ根から、花がらを摘み取りましょう。

7.立派に育てるための、植え替え時期と方法

茎を伸ばし、葉をたくさんつけたグリーンネックレスは、定期的に鉢を植え替えます。植え替えは、生育期である寒さがひと段落する3月中下旬~6月中旬と、暑さがひと段落する9月中下旬~11月中旬頃が適期です。成長して、鉢とのバランスが悪くなってきたり、根が鉢底から飛び出したりしたら、植え替えの合図です。また、葉が変色したり、落ちやすくなったりしているときも、植え替えでリフレッシュさせると、元気を取り戻します。

植え替えの目安は、1年に1回。2年以上植え替えていない鉢は、植え替えると生育が活発になります。

ただし、夏や気温の低い時期は、グリーンネックレスの活動が低下しているときなので、植え替えで環境を変えてしまうと、さらに株が弱ります。適切な時期まで待ちましょう。

植え替えは次のように行います。

① 植え替えする前は、水やりをやめて土を乾かしておきます。
② 新しい鉢の鉢穴をふさぐように鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷きます。
③ ②の鉢に水はけのよい新しい土(多肉植物用の培養土など)を、1/3ほど入れます。
④ 元の鉢からグリーンネックレスを抜き、手で古い土を崩します。傷んで変色しているような根は、ハサミでカットして取り除きます。
⑤ 土を入れた新しい鉢に、グリーンネックレスを置きます。
⑥ 鉢に土を加え、鉢と根の隙間にも土が入るように棒などをつついて土を入れ込みます。このとき、つついた棒で根を傷めないように注意しましょう。
⑦ 土を手で軽く押さえながら、鉢の上部2〜3㎝のところまで土を入れます。
⑧ 明るい日陰に置き、2〜3日経ってから水やりを開始します。

8.剪定を行うときは、時期に注意しましょう

グリーンネックレスは蒸れに弱いので、夏になる前に切り戻しをしておくのがベターです。3月中下旬〜6月中旬に、根元から10〜15㎝程度残して切り戻します。切り落とした茎は、挿し木に使うことができます。

また、全体的に葉が変色して元気がなくなっていたり、葉が落ちて見た目がすかすかになっていたりする株も、切り戻すことで復活することがあります。根元から5㎝ほど残して、全体をカットしましょう。切り戻しと一緒に植え替えをするのも手です。

9.知りたい! グリーンネックレスの増やし方

グリーンネックレスは葉が土に触れるだけで、どんどん増えていきます。「挿し木」、「株分け」で増やしましょう。

挿し木の時期と方法

3月中下旬〜6月中旬と9月中下旬〜11月中旬頃が、グリーンネックレスの挿し木の適期です。水挿しでもよく増えます。

① 葉がついている元気な茎を10〜15㎝の長さに切り、挿し穂にします。
② 小さい鉢に新しい用土(多肉植物用の培養土など)を入れ、その上に挿し穂を寝かせて置きます。
③ 明るい日陰に置き、4〜5日後から霧吹きなどで土が湿る程度に水を与えます。
④ 土が乾いたら霧吹きで水やりをし、1か月ほどで完全に根づいてきたら、通常の管理にします。

水挿しの場合は、挿し穂を清潔な水に挿します。葉は水に浸からないようにします。毎日水を変え、発根したら根の部分が土に触れるように植えつけます。

株分けの時期と方法

株分けも挿し木同様、生育期である寒さがひと段落する3月中下旬~6月中旬と、暑さがひと段落する9月中下旬~11月中旬頃が適期です。植え替えのタイミングで、株分けするとよいでしょう。株分けする株の大きさにもよりますが、鉢は元の鉢と同じ大きさか、ひと回り小さいものを用意します。

① 鉢からグリーンネックレスの株を抜き、土を半分ほど落とします。
② 手を使って、根から株を2〜3個に分けます。手で分けにくいときは、ハサミでカットします。
③ 植えつける鉢の鉢穴をふさぐように鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷きます。
④ 鉢に水はけのよい新しい土(多肉植物用の培養土など)を、1/3ほど入れます。
⑤ 土を入れた鉢に、株分けしたグリーンネックレスを置きます。
⑥ 鉢に土を加え、鉢と根の隙間にも土が入るように棒などをつついて土を入れ込みます。このとき、つついた棒で根を傷めないように注意しましょう。
⑦ 明るい日陰に置き、4〜5日後から水やりを始めます。

10.毎日の観察が、病気や害虫を防ぐコツです

育てるときに注意したい病気

病気とは少し違いますが、グリーンネックレスの場合、根腐れでダメにしてしまう人が多いようです。普通の草花を育てている人は、水を多く与えすぎてしまう傾向がありますので、注意しましょう。

育てるときに注意したい害虫

害虫では、アブラムシに注意しましょう。風通しが悪いと発生しやすくなります。特に、初夏〜初秋は鉢の周りや鉢底を確認し、見つけたらすぐに駆除しましょう。

アブラムシ
2〜4㎜程度の虫です。花や茎から養分を奪い生育を妨げます。春、暖かくなったら、粒状の浸透移行性殺虫剤を1か月に1回、株元に置いて予防します。ついてしまったら、即効性のあるスプレー式の浸透移行性殺虫剤で駆除します。

11.グリーンネックレスと相性のよい寄せ植えの植物

グリーンネックレスは、なんといっても多肉植物との寄せ植えがおすすめです。植物の寄せ植えは生育環境が似ているものを選ぶのが基本ですから、多肉植物もグリーンネックレスと同じ春秋型のものを選ぶのがポイント。

開花した花のように葉が広がるエケベリア、木のように直立して成長するクラッスラ、こんもりと群生するセダムなどは、見た目が華やかに仕上がります。

多肉植物の寄せ植えは、植物同士の間をあけて植えるよりも、葉と葉がくっつくぐらいの間隔で植えるほうが、成長した時の見た目がよくなります。ぎっしり詰まった多肉植物の間から、グリーンネックレスが溢れるように垂れていると愛らしさがアップします。

構成と文・ブライズヘッド

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事