• TOP
  • 記事一覧
  • ムスカリを増やしたい! 適切な時期や方法、注意点を知っておきましょう

ムスカリを増やしたい! 適切な時期や方法、注意点を知っておきましょう

ムスカリを増やしたい! 適切な時期や方法、注意点を知っておきましょう

小さな壺状の愛らしい花を鈴なりに咲かせるムスカリ。敷地に余裕があれば、ムスカリを敷き詰めた青いカーペットのような“ムスカリ・リバー”にも、ぜひ挑戦してみたいところです。ところで、ムスカリはどうすれば増えるのでしょう。ムスカリを上手に増やすための方法や時期、コツなどを、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.ムスカリを育てる前に知っておきたいこと

ムスカリは丈夫で耐寒性に強く育てやすい、初心者におすすめの秋植え球根植物です。日当たり、水はけのよい場所を選んで植えつければ、植えっぱなしでも毎年咲きます。

ムスカリの基本データ
学名:Muscari
科名:ユリ科
属名:ムスカリ属
原産地:地中海沿岸、南西アジア
和名:葡萄風信子(ブドウフウシンシ)
英名:Grape Hyacinth
開花期:3月~5月中旬
花色:ピンク、黄、白、紫、緑、複色
発芽適温:10℃
生育適温:−5~15℃
切り花の出回り時期:11~4月
花もち:10日前後

球根植物であるムスカリは、鉢植えや地植えはもちろん、水栽培でも楽しむことができます。

花色はブルー系が主流で、ピンクや白など。最近では、部分的に黄色が入った種類まで登場しています。ブドウの房のように咲く小さな花はベル形が一般的で、なかには筒状、羽毛状の花を咲かせるユニークな品種も存在します。

ムスカリを一躍有名にしたのは、オランダのキューケンホフ公園。大木の下に植えられた色とりどりのチューリップやスイセンの間に、青紫色のムスカリを川のように細長い区画に密植した、通称「ムスカリ・リバー」です。ブルーの絨毯のような美しさは、ムスカリの人気を高めました。

ムスカリという名前は、「麝香(じゃこう)」のギリシャ語「moschos(ムスク)」が語源とされています。ムスクといえば、香水などに使用される有名な甘い香りの成分です。それなら、ムスカリの花がムスクのような香りを放つのかというと、そうではないのです。なかには開花期に甘い香りを漂わせる、ゴールデンフレグランスのような品種もありますが、一般的な園芸品種のムスカリの花には、香りがほとんどありません。

2.植物を増やすには、いくつかの方法があります

植物を増やすには、さまざまな方法があります。ムスカリの具体的な増やし方を説明する前に、植物はどのようにして増やすことができるのか、その方法について知っておきましょう。

植物の増やし方には、一般的に大きく分けると、種によって増やす「種子繁殖」、胚や種子を経由せずに根、茎、葉などの栄養機関から繁殖する「栄養繁殖」があります。下記で紹介する挿し木や接ぎ木などは「栄養繁殖」にあたります。

挿し木
挿し木(または挿し芽)とは、株の一部を切り取り、土や水に挿して発根させる方法です。ハーブや観葉植物、多肉植物、種からでは増やしにくい草花などに用います。いちばん簡単な方法で、たくさん苗を増やしたい場合に向いています。

取り木
取り木とは、幹や枝に手を加えて発根させたあと、切り取って新たに苗を作る方法です。若干手間がかかり、たくさん増やしたい場合には向きません。挿し木では発根しない植物に行います。

接ぎ木
接ぎ木とは、根の付いた台木に、芽の付いた穂木をつなぎ合わせ、穂木の生長を促す方法です。接ぎ木をしたあとの管理が難しいため、草花にはあまり用いません。

株分け
大きく育った植物の根を分け、増やす方法です。株が大きすぎると、葉の茂りすぎで光合成ができにくくなるなどの弊害が生まれます。このため、株分けを行うのです。株分けには、植物をリフレッシュさせる効果もあります。

分球
球根植物を増やすとき、一般的に用いられる方法が分球です。親球の隣に新しくついた小球を切り放し、これを植えつけて増やしていきます。球根は芽の数が多くなった状態で放っておくと、生育が悪くなることがあるので、必ず分球を行いましょう。

分球には「自然分球」、人為的に切り分ける「切断分球」、球根自体がウロコ状のため1枚1枚剥がして植えつける「鱗片(りんぺん)挿し」の3つの方法があります。球根の形や種類によって、それぞれ方法が異なります。

3.ムスカリを増やす、最適な方法と時期

ムスカリは球根植物です。ムスカリを増やすには、前述の方法のうち、球根を分けて増やす「分球」の方法を用います。

分球は毎年行うのではなく、3年にいちどくらいが目安になります。分球をせずに4~5年放っておくと、球根が増えすぎて窮屈になり、生育や花つきに悪影響を及ぼします。3年経ったら球根をいったん掘り上げて、古い球根から新しい球根を取り分けておきましょう。

ムスカリの球根は、3年くらいは植えっぱなしでも大丈夫ですが、2年目以降は9月頃から葉が長く伸び始め、花が小さくなります。見栄えも悪くなるので、できれば球根は毎年掘り上げて分球して植えつけるのが理想的です。

球根は6月中下旬に土中から掘り上げ、11月中旬くらいまでに植えつけを行います。その間に分球作業を行いましょう。

4.知りたい! ムスカリの増やし方「分球」

前述したように、ムスカリは分球によって増やすことができます。ここでは分球の詳しい方法を紹介します。

分球を行う前に、まずは球根を掘り上げておきます。

準備するもの

・分球するムスカリ
・土入れ、またはスコップ、シャベル
・かご、またはネット袋
・ハサミまたはナイフ(あると便利)

鉢植えの場合、移植ゴテを使う方法もあります。地植えの場合は、球根を傷めないよう大きめに掘る必要があるため、シャベルを使いましょう。

球根の掘り上げ手順

球根を掘り上げる時期の目安は、葉が枯れはじめる7月上旬です。

① 葉が枯れたら、球根を掘り上げます。
② 球根の土を落とし、枯れた葉や根を取り除きます。
③ 2~3日ほど陰干しします。
④ 通気性のよいかごやネットなどに入れて、涼しい場所で保管します。

分球の手順

① 古い球根にいくつもくっついてできた、新しい球根を丁寧に取りはずします。手で取りはずしにくい場合は、カッターなどを使って切り分けます。
② 球根は大きく太ったものを残し、小さすぎるものは取り除いて捨てます。
③ 風通しのよい日陰で切り口部分を乾燥させます。
④ その後、通気性のよいかごやネットなどに入れて涼しい場所で保管します。

ムスカリを含め、球根植物は極度に高温湿度を嫌います。球根は植えつけの時期まで、風通しのよい場所で管理します。掘り上げた球根は、休眠状態に入っています。休眠を覚まさせないよう、保管時は球根にとって快適な環境を作ってあげましょう。

5.ムスカリを増やすうえでの、コツと注意点

葉は枯れるまでそのままに

「葉は枯れる前に切ってはいけない」とよくいいますが、これにはれっきとした理由があります。

球根植物は花が終わったら葉を茂らせ、光合成を行うことで栄養を蓄えます。新しい球根が成長すると、葉は自然に枯れはじめます。枯れる前に葉を切ってしまうと、球根が十分に栄養を蓄えることができないのです。

葉からの栄養を球根に蓄えることで翌年も花を咲かせ、新しい球根が育っていきます。これらを踏まえて、葉は枯れるまで切らずにそのままにしておきましょう。

球根の掘り上げのタイミング

ムスカリは地植えだけでなく、鉢植えでも植えっぱなしにできる秋植え球根です。鉢植えで植えっぱなしにするときは、土を完全に乾かして、鉢ごと雨水のかからない涼しい場所に置いて夏越しさせます。

ただし植えっぱなしにした球根が増えてくると、窮屈になって花つきが悪くなることがあります。このため、3年にいちどは分球が必要になります。

また、適期に掘り上げないでいると、地上部が枯れて茎が抜けてしまい、茎の穴から雨水等が入り込み、球根が腐ってしまうことがあります。植えっぱなしにするときは、早めに枯れた地上部を取り除き、茎が抜けたあとの穴ができないように軽く土をかぶせておきます。

ムスカリの球根は、3年くらいは植えっぱなしでも大丈夫ですが、2年目以降は9月頃から葉が長く伸び始め、花が小さくなります。見栄えが悪くなるので、できれば球根は、毎年掘り上げて分球して植えつけるのが理想的です。毎年行うのは手間がかかりますが、葉が伸びすぎてだらしない姿にならないというメリットがあります。

水栽培では増やせません

ムスカリは球根植物のため、水栽培でも育てることもできます。容器と水だけで育てられる水栽培は、非常に手軽に楽しめるのがメリットです。

一方で、水栽培は土植えに比べると養分を蓄える力が弱いため、翌年には花をつけません。水栽培の場合、球根の寿命は1年限りということになります。

ムスカリを長く楽しみたい、もっと増やしたいというときは、水栽培ではなく、鉢植えや地植えで育てましょう。

構成と文・角山奈保子

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事