• TOP
  • 記事一覧
  • ムスカリの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ムスカリの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ムスカリの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ブドウの実のような壺状の花を鈴なりに咲かせる、早春の花、ムスカリ。涼し気なブルー系の色合いがほかの植物と合わせやすいことから、寄せ植えやガーデニングに欠かせない、秋植えの球根植物です。ムスカリを元気に咲かせるためには、上手な育て方やお手入れのコツ、相性のよい植物など、基本情報を知っておくことが大切です。ムスカリの育て方について、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました

1.ムスカリを育てる前に知っておきたいこと

ムスカリは丈夫で耐寒性に強く育てやすい、初心者におすすめの秋植え球根植物です。日当たり、水はけのよい場所を選んで植えつければ、植えっぱなしでも毎年咲きます。

ムスカリの基本データ
学名:Muscari
科名:ユリ科
属名:ムスカリ属
原産地:地中海沿岸、南西アジア
和名:葡萄風信子(ブドウフウシンシ)
英名:Grape Hyacinth
開花期:3月~5月中旬
花色:ピンク、黄、白、紫、緑、複色
発芽適温:10℃
生育適温:−5~15℃
切り花の出回り時期:11~4月
花もち:10日前後

球根植物であるムスカリは、鉢植えや地植えはもちろん、水栽培でも楽しむことができます。

花色はブルー系が主流で、ピンクや白など。最近では、部分的に黄色が入った種類まで登場しています。ブドウの房のように咲く小さな花はベル形が一般的で、なかには筒状、羽毛状の花を咲かせるユニークな品種も存在します。

ムスカリを一躍有名にしたのは、オランダのキューケンホフ公園。大木の下に植えられた色とりどりのチューリップやスイセンの間に、青紫色のムスカリを川のように細長い区画に密植した、通称「ムスカリ・リバー」です。ブルーの絨毯のような美しさは、ムスカリの人気を高めました。

2.種類を知ると、選び方がわかります

ムスカリは耐寒性が強く、寒い場所でも栽培しやすいため、1500年代後半からヨーロッパで栽培されてきました。ヨーロッパから中近東、小アジアまでの広い範囲に分布し、その原種は50~60種類にもおよぶといわれています。

ガーデニングの名脇役として重宝されることから、園芸用品種はじつに多種多様。ボリュームのある八重咲きや2色咲きの品種もあり、目を楽しませてくれます。

それらのなかから、代表的な品種を紹介します。

アルメニアカム
ユーゴスラビアからトルコ周辺の高い山に自生する種類で、さまざまな園芸用品種の元となりました。現在、もっとも多く栽培されている原種のひとつです。草丈は15~20 ㎝まで成長します。花は青紫色、八重咲きや香りのあるものもあります。

ボトリオイデス
ヨーロッパ中部、南東ヨーロッパの森林や草原に自生します。英名の「グレープヒヤシンス」とは、一般的にこの種を指します。花の青色が美しいことから、「ルリムスカリ」という別名も。草丈は10~15㎝とムスカリのなかではやや小型で、白い花を咲かせる「アルバ」という園芸用品種が人気です。

ネグレクタム
花穂の上は淡い青色、下は濃い紫色のグラデーションになっている美しい色彩が魅力の品種です。花の色合いに深みがあることから、寄せ植えにしても存在感を発揮します。

ピンクサンライズ
淡いピンク色の花をつける園芸用品種です。葉は肉厚で、切り花としても楽しめます。

ゴールデンフレグランス
緑色がかったつぼみから、黄色い筒状の花を咲かせます。名前にフレグランスとあるとおり、開花期にはバナナのような甘い香りが漂います。

コモサム
「ハネムスカリ」の和名を持つ品種で、なかでも園芸品種の「プルモーサム」が有名。草丈20~60㎝にまで成長する大型種で、上部の花は長い花柄をもつのが特徴です。プルモーサムの花は、長く縮れた花柄が羽毛のように見えることから、別名「羽毛ムスカリ」とも呼ばれています。

3.ムスカリを育てるときに必要な準備は?

秋植え球根植物であるムスカリは、一般的に球根から育てます。育てる前に、以下のものを用意しておきましょう。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・ムスカリの球根
・土
・肥料
・土入れ、またはスコップ
・ジョウロ
・ラベル

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・5号、または横長プランター
・鉢底ネット
・鉢底石

準備するもの(水栽培の場合)
・ムスカリの球根
・水栽培用の容器(または皿や器)

球根植物は過湿を嫌うので、鉢は吸水性、通気性に優れたものを用意します。それぞれ園芸店やホームセンター、インターネットショップなどで購入しておきましょう。

4.適した土作りが、育てるコツの第一歩

土は植物の生育を大きく左右します。ムスカリは日当たり、水はけのよい場所、弱アルカリ性の土を好む植物です。

土の酸度を弱アルカリ性に整えるには、苦土石灰を適量混ぜて、pH調整を行います。鉢植え、地植えともに調整が必要になります。

pHを1上げるために必要な苦土石灰の量は、鉢植えの場合は10ℓの用土に約10g、地植えの場合は1m²当たり約200g(深さ20㎝までの土壌に混ぜる場合)を目安にしてください。

5.ムスカリの育て方にはポイントがあります

ムスカリは初心者にも育てやすい球根植物です。育てる際は、日当たり、水はけのよい場所を選ぶことが大切です。

ムスカリは球根から育てる方法、水栽培のふたつの方法があります。以下でぞれぞれの育て方を紹介しましょう。

ムスカリの育て方~球根から始める~

植えつけ適期

ムスカリの球根は、9月下旬頃には店頭に並びはじめます。植えつけに適した時期は10~11月頃ですが、10月の早い時期に植えると、葉が長く成長し、開花期にはだらしなくなってしまい、花の見栄えが半減してしまいます。遅めに植えたほうが、花がコンパクトに咲き、葉を5~6㎝の長さに抑えることができます。このため、11月上旬~中旬頃に植えるのが理想的です。

ムスカリの球根は、3年くらいは植えっぱなしでも大丈夫ですが、2年目以降は9月頃から葉が長く伸び始め、花が小さくなります。見栄えが悪くなるので、球根は毎年掘り上げて分球して植えつけるのが理想的です。

植えつけの手順

鉢植えの場合の手順

水はけのよい市販の草花用培養土を使います。自分で用土をブレンドする場合は、赤玉土7:腐葉土3の割合で作ります。15㎝くらいの5号鉢に対し、5~7球の球根を目安に、鉢の大きさを選びましょう。

①鉢(またはプランター)に鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷き、土を入れます。
②土に穴を掘り、球根を植えます。その際は、球根の頭部が3~4㎜、地表に出るようにします。こうすると、葉が寒さによって短く硬くなり、コンパクトな草姿で花を咲かせることができます。
③土が乾燥しない適度に水やりをします。品種名や植えつけ日を書いたラベルを挿しておくと、わかりやすくて便利です。

地植えの場合の手順
①水はけのよい土質の日当たりのよい場所を植え場所に選びます。ムスカリは酸性土壌を嫌うので、あらかじめ土に、酸性土を中和させる有機石灰か苦土石灰を混ぜ込んでおきます。
②深さ4~5㎝ぐらいの穴を掘り、球根を植えます。複数植えるときは、10㎝ほどの間隔に。このくらい密植したほうが、花が咲いたときの見栄えがよくなります。
③土が乾燥しない適度に水やりをして、品種名や植えつけ日を書いたラベルを挿しておきましょう。

ムスカリの育て方~水耕栽培(水栽培)~

ムスカリの球根は、前述のとおり、9~11月頃に園芸店などで入手できます。水栽培を始めるなら、10月~11月頃が適期です。

発芽のコツ

ムスカリの球根は、寒さを感じないと発芽しない性質があります。そのため球根を購入したら、まずは封筒や紙袋に入れ、冷蔵庫にしばらく入れて管理します。この処置を行っておくと、花芽がつきやすくなります。

水栽培の手順

①水栽培用の容器、または小さな皿や器に水を張り、ムスカリの球根を置きます。球根が水に浸かりすぎてしまうと、カビが発生することがあるので注意しましょう。
②根が出るまでは日陰などの暗い場所で管理します。根が出てきたら、窓際などの明るい場所へ移動させます。
③古い水に浸けっぱなしにしておくと、球根が傷みやすいので、水は毎日取り替えてください。

水栽培は土植えに比べると、養分を蓄える力が弱いため、翌年には花をつけません。長く楽しみたい場合は、鉢植えや地植えで育てましょう。

6.ムスカリと仲よくなる日々のお手入れ

水やりのタイミング

鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷり水を与えます。土の表面が湿っているときなど、水のやりすぎは球根が腐る原因になるため、水やりは控えます。

夏前に葉が枯れて休眠期に入ったら、水やりは必要ありません。

地植えの場合は、植えつけから根が張るまでの約1か月は、土が乾いたらしっかり水をやります。その後は、極端に乾くとき以外は、特に水やりは必要ありません。

肥料の施し方

鉢植えの場合、植えつけの際に土に緩効性肥料を均等になるよう混ぜ込みます。3月中下旬、花が咲く前に株の周りに緩効性肥料の追肥をばらまくか、適量に薄めた液体肥料を1か月に2回ほど施します。肥料は3月下旬までに終えるようにしましょう。

地植えの場合は、植えつけ前の元肥を施します。その後は3月中下旬、花が咲く前に株の周りに緩効性肥料の追肥を施します。肥料は3月下旬までに終えるようにしましょう。

花後の管理もしっかりと

花が咲き終わったら、種がつくと種に栄養が奪われてしまうため、終わった花を摘み取っておきます。同時に、茎を付け根から切っておきましょう。切るときは思い切って、株元から10㎝くらいの高さでバッサリと切ります。

鉢植えで球根を植えっぱなしにするときは、土を完全に乾かして、鉢ごと雨水のかからない涼しい所に置いて夏越しさせます。

葉は枯れるまで切るのはNG

「葉は枯れる前に切ってはいけない」といいますが、これにはれっきとした理由があります。

球根は花が終わったら葉を茂らせ、光合成を行うことで栄養を蓄えます。新しい球根が成長すると、葉は自然に枯れはじめます。枯れる前に葉を切ってしまうと、球根が十分に栄養を蓄えることができないのです。

葉は茶色く枯れたあとであれば、軽く引っ張るだけで簡単に抜き取ることができます。このため、葉が枯れるのを気長に待ちましょう。

7.立派に育てるための、植え替えと球根の掘り上げ

ムスカリは、特に植え替えの必要はありません。

ただし、植えっぱなしにした球根が増えてくると、窮屈になって花つきが悪くなることがあります。球根は、毎年掘り上げても構いませんが、3年にいちどの割合で掘り上げるのがベターです。

球根の掘り上げ適期は、葉が黄色くなる6月中下旬です。この時期に球根を掘り上げて日陰干しします。しっかりと乾燥後に、分球の作業を行います。

球根の掘り上げ手順
①葉が枯れはじめる6月中下旬を目安に、球根を掘り上げます。
②球根の土を落とし、枯れた葉や根を取り除いておきます。
③2~3日ほど陰干しします。
④通気性のよいカゴやネットなどに入れて、涼しい場所で保管します。

地植えで球根の掘り上げを行うときは、葉が枯れたら行います。球根は乾燥に強く、加湿には弱いので、しっかりと乾燥させましょう。その後、乾燥させた球根を分球します。

8.知りたい! ムスカリの増やし方

球根植物であるムスカリは、「分球」によって増やすことができます。土から掘り上げ、涼しい場所で保管していた球根を分球します。

分球の時期と方法

葉が枯れはじめる6月中下旬を目安に球根を掘り上げたら、11月上旬~中旬に植えつけを行います。分球は植えつけの前に。手順は以下のとおりです。

①古い球根の側面にできた、新しい球根を丁寧に取りはずします。手で取りはずしにくい場合は、カッターなどを使って切り分けます。
②球根は大きく太ったものを残し、小さすぎるものは取り除いて捨てます。
③風通しのよい日陰で、切り口部分を乾燥させます。
④その後、通気性のよいカゴやネットなどに入れ、涼しい場所で保管します。

球根は毎年堀上げて分球するのが理想的です。

9.毎日の観察が、病気や害虫を防ぐコツです

育てるときに注意したい病気

ムスカリは、病気による被害がほとんどない植物です。まれに未熟な堆肥の使用や水はけが悪い土の中に潜む菌が原因で、白絹病による被害が起こることがあります。感染すると治療できないため、感染した株は抜き取って焼却処分します。被害がひどい場合は、菌核を土壌に残さないよう、周りの土ごと処分しましょう。

土に石灰分を混ぜておけば、白絹病の予防になります。

白絹病
白絹病とは、カビが原因の伝染病です。罹病部の表面に光沢のある白いカビが広がり、若い茎の地際部(樹木などが地面と接するところ)を中心に地表面を這うようになります。腐敗が進むと、白い糸で覆われたようになり、そのまま立ち枯れてしまいます。白いカビと淡褐色の粒(菌核)が白絹病の特徴なので、見た目で診断しやすい病気でもあります。6~9月の雨の多い年に多発し、乾燥した年にはあまり発生しません。水はけの悪い土壌や有機物が豊富な土壌は多発しやすく、発病適温は25℃と高温で発生します。

育てるときに注意したい害虫

害虫による被害は、ほとんどありません。万が一、害虫や虫の卵を発見したときは、すぐに取り除く、防虫剤を使用するなどの対処をしておきましょう。

10.ムスカリと相性のよい寄せ植えの植物

春の植物と鮮やかに合わせて

どんな花とも相性のいいムスカリですが、チューリップやビオラ、パンジーなど、早春から春にかけての植物と合わせて植えるのがおすすめです。赤や黄色などの暖色系の花と、ブルー系のムスカリとのコントラストは見栄えがよく、寄せ植えやガーデニングをよりいっそう鮮やかにしてくれます。

ダブルデッカー植えもおすすめ

ムスカリをはじめとする球根植物の植え方として、「ダブルデッカー植え」という方法があります。

球根を二段重ねで植えることで、別の種類の花の球根を同じスペースで開花させるという重ね植えです。二層に植えつけることで、一層目の球根と球根の間から二層目の球根が顔を出す、おもしろい寄せ植えになります。また、三段重ねの「トリプルデッカー」もあります。

ダブルデッカー植えするほかの球根植物は、同じく春に開花するスイセン、チューリップなどです。

構成と文・角山奈保子

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事