もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 東京・銀座の空中庭園では、アジサイ(紫陽花)が見ごろです

東京・銀座の空中庭園では、アジサイ(紫陽花)が見ごろです

東京・銀座の空中庭園では、アジサイ(紫陽花)が見ごろです

各地の名所から、アジサイ(紫陽花)の便りが届き始める季節になりました。東京・銀座にもいま、みずみずしく咲き誇っている場所があります。それは『ファンケル 銀座スクエア』の最上階ロイヤルルームのテラス。四季折々にオープンガーデンを開催し、銀座を訪れる人々を温かく迎えつづけるこの庭では、この時季恒例の「初夏のあじさいガーデン」が開かれています。

アジサイ(紫陽花)を展示しているだけではありません。見どころは、ロマンティックなテーマ設定。今回は、「森の奥深くで、湖のほとりに人知れず咲くアジサイ」です。白鳥が戯れる水辺を設け、その周りに色とりどりのアジサイ(紫陽花)と、やさしい草花をいく種もあしらいながら秘密の花園の景色を描いています。奥にそびえる青い屋根は古城のイメージです。

ロマンティックなガーデンで出会えるアジサイ(紫陽花)は、35余品種。群馬や島根など、アジサイ(紫陽花)の育種に力を注ぐ生産者の協力を得て、美しい花々が勢揃いしました。

たとえば、上の写真は、白から赤、アンティークカラーに変化する「白寿紅(はくじゅこう)」。生まれたばかりの新品種です。

こちらは、年々人気が上がっている、島根県が生んだ名花「万華鏡」。

万華鏡より青みが強いのは、無数の星を連想させるガクアジサイの「銀河」。

かわいらしいピンクのアジサイ(紫陽花)もあります。名前は「ケイコ」。

シャンデリアが輝くロイヤルルームの室内には、アジサイ(紫陽花)の贅沢なアレンジも飾られ、銀座ならではの優雅なひとときも過ごせます。

会期中は、数量限定ながらアジサイ(紫陽花)の鉢花も販売しています。

「初夏のあじさいガーデン」は、6月8日(金)まで開催。移ろいゆく季節を、ぜひお楽しみください。

Data:ファンケル 銀座スクエア
ホームページ/http://www.fancl.jp/ginza-square
住所/東京都中央区銀座5丁目8-16
電話/03-5537-0231(代表)
営業時間/11~20時(フロアにより異なります)
*あじさいガーデンは11時30分~18時30分、6/8(金)の最終日は16時30分まで
定休日/元日のみ
アクセス/東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅より徒歩約1分

撮影・田邊美樹 取材と文・鈴木清子


関連記事