もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

記事 2019/07/15
アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

ガーデニングはもちろん、鉢植えでも気軽に楽しめるアジサイ(紫陽花)。ところが、去年はきれいに咲いたのに、今年は花をつけなかった、ということも。その原因は、剪定かもしれません。アジサイ(紫陽花)を翌年も楽しむための最大のポイントが、剪定です。適した時期や正しい方法を知って、毎年美しい花を咲かせましょう。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.アジサイ(紫陽花)を育てる前に知っておきたいこと

アジサイはガーデニング初心者におすすめの花木のひとつ。上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。

アジサイ(紫陽花)の基本データ
学名:Hydrangea
科名:アジサイ科(ユキノシタ科)
属名:アジサイ属
原産地:東アジア、南北アメリカ
和名:アジサイ(紫陽花)、シチヘンゲ(七変化)
英名:Hydrangea
開花期:6~7月
花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑
切り花の出回り時期:4~7月
花もち:5日程度

アジサイは、樹高1~2mの落葉低木です。日本では4月頃から鉢花が出回りますが、本来の開花期は6~7月です。額(がく)咲き、手まり咲きなどがあり、花色も豊富で、世界的に人気の高い花木です。

葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉します。若枝の先にたくさんの小花が集まった半球形の花をつけますが、花びらに見えるのは、実は「装飾花(中性花)」という実を結ばない花のガク。本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついています。手まり咲きのものは装飾花のみ、または両性花が装飾花の陰の目立たないところについています。

アジサイは種から育てることもできますが、挿し木や取り木をした苗や、園芸店などで鉢植えを購入して育てるのが一般的です。

2.アジサイ(紫陽花)には剪定が必要なの?

アジサイは剪定しなくても花をつける花木です。しかし、放任するとだんだん背が高くなり、上の方にばかり花が咲くようになってしまいます。そのため、適切な樹高を保つように毎年剪定を行うのが一般的です。

アジサイには、以下のような剪定を行います。

花後の剪定
花が咲いた後に、枝を切り戻す剪定です。

休眠期の剪定
晩秋から冬の間に混み合った枝を整理する剪定です。

強剪定
大きくなりすぎたアジサイをコンパクトに仕立て直す剪定です。数年に一度、必要な株にだけ行います。

3.知りたい! アジサイ(紫陽花)を剪定する目的とメリット

ここでは具体的に、アジサイにとって必要な剪定を詳しく紹介します。

花後の剪定の目的とメリット

来年もきれいに花を咲かせるための剪定で、アジサイ栽培で最も大切な剪定といえます。

アジサイは10月頃、今年伸びた枝の先端部に花芽ができます。この花芽は翌年に開花します。花が咲き終わってすぐに剪定を行うと、切った枝のいちばん上の芽が伸長しますが、この芽は翌年大きく伸長して花芽をつけます。花は翌々年となります。花後の剪定を行わなくても花は咲きますが、枯れた花や枝を切ることで、翌年以降の生育を促し、より美しい花を咲かすために剪定します。

ただし「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた枝に花芽をつけるため、春までに剪定をすればOKです。

休眠期の剪定の目的とメリット

大きくなったアジサイに施す剪定です。必須ではありませんが、枯れた枝や混み合った枝を整理することで、すっきりとした姿になり、葉が展開したときの日当たりを改善し、蒸れにくくするメリットもあります。次年の花芽を切らないように注意しましょう。

強剪定の目的とメリット

大きくなりすぎたアジサイを小さくしたいときに行う剪定で、すべての枝を株元近くで大胆に切ります。するとその後、脇芽が展開して翌年に枝が伸び、さらに1年経つと再び花を咲かせます。翌年の花はあきらめなくてはなりませんが、数年に一度強剪定を行うことでコンパクトな株に仕立て直すことができます。

4.アジサイ(紫陽花)の剪定に適した時期は?

アジサイの剪定は、その目的によって、適した時期が異なります。言い換えれば、適期ではない時期に剪定をしてはいけないということになります。

花後の剪定

花が咲き終わった後、7~9月初旬までが適期です。花が咲き終わっているかどうかは、花をよく見て判断します。額咲きタイプは両性花が開花し、装飾花が裏返っていたら、手まり咲きタイプは装飾花の中心にある小さな花が開ききり、全体に色褪せてきたら終わりのサインです。

基本的な方法

①花から2節目の芽を確認する
アジサイの花の2節目に芽があることを確認します。樹高が高くなっているアジサイなら、3~4芽下でもいいでしょう。

②芽の約2cm上でカットする
①で確認した芽の2cmほど上で切り、花がらを取り去ります。

休眠期の剪定

アジサイが葉を落とし、休眠期に入る11月から翌年3月までに行います。

基本的な方法

①枯れ枝を切り取る
色が白っぽくなり乾燥した枯れ枝を切り取ります。全体が枯れている枝は剪定バサミを使って地際でカットし、一部が枯れている枝は枯れた部分をカットします。枯れているかどうかわからないときは、芽が動き出す春まで待ってもかまいません。

②混み合った枝を整理する
株全体を見て、枝が混み合っている場所があったら、風通しがよくなるように適宜間引きます。新しい枝は残し、古い枝を地際でカットするか、混み合っている部分のみカットしましょう。

強剪定

花後になるべく早く行います。

基本的な方法

①枝元近くで切る
すべての枝を、枝元から1~2節の脇芽の上でカットします。ただし、実際には根元付近に葉がなく、何節目かは判断できません。根元からの高さ30cm前後の付近でバッサリと切ります。

カシワバアジサイは葉をなくすと枯れることがあるので、いちばん下の葉の付け根の芽の上で切り、葉を少し残すようにします。

5.アジサイ(紫陽花)の剪定、枝の選び方は?

花後の剪定では、剪定するのは花が咲いた枝のみにします。花がつかなかった枝は翌年花が咲くので、そのまま残しましょう。

休眠期の剪定では、基本的に色が白っぽくなり乾燥した枯れ枝を切り取ります。手で曲げるとポキッと折れる枝は完全に枯れていますが、折れない場合はまだ生きている可能性があるため、芽が動き始める春まで様子をみてもいいでしょう。

強剪定は枝を選ばず、すべての枝を大胆に切り詰めます。翌年も花を見たいからと何本か枝を残すと、樹勢がアンバランスになり、短くした枝が枯れてしまうことがあるので注意しましょう。

6.アジサイ(紫陽花)の剪定には、コツがあります

なんといっても適期を逃さないことです。もし花後の剪定をせずに秋を迎えてしまったら、冬季にアジサイは花から二節目までを枯らします。無理に剪定しなくても、自ら枝葉を落とします。花後の剪定はあくまでも翌年の株を少しでも充実させるために行います。

「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた新しい枝に花芽をつけるので、3月までに剪定を行えば、枝のどこで切ってもかまいません。ただし、ある枝は強剪定、ほかの枝は弱剪定などとすると樹勢が乱れるおそれがあるので、バランスよく剪定しましょう。強剪定をするとコンパクトに育ち、花数は少なくなりますが、大きな花を楽しめます。一方、弱剪定にすると、翌年は枝がたくさん出て、大きな株に育ちます。そのぶん花数が多くなりますが、ひとつひとつの花は小さめになることが多いようです。育てるスペースに合わせて、翌年の株の大きさを想像しながら剪定を行うといいでしょう。

構成と文・中村麻由美

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事