• TOP
  • 記事一覧
  • サザンカ(山茶花)を元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

サザンカ(山茶花)を元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

サザンカ(山茶花)を元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

サザンカ(山茶花)は、花が少ない冬の時期に開花する、貴重な植物のひとつ。ツバキ科の常緑小高木です。日本固有種で、山口県から沖縄県にかけての山林で自生種を見ることができます。園芸品種は300種ほど。白はもちろん、ピンク、濃ピンク、斑やぼかしが入ったものなどバリエーションに富みます。ここでは、植物栽培に使われる土の特徴と、サザンカ(山茶花)を上手に育て、美しい花を咲かせるために必要な土作りについて、恵泉女学園大学准教授の宮内泰之さんにお聞きしました。

1.サザンカ(山茶花)を育てる前に知っておきたいこと

サザンカは花木として、庭木や生け垣、盆栽など広く植栽されています。花の少ない冬に花をつけるため、ぜひ育ててみたい花木のひとつです。古くは、花も葉もその姿が似ていたことから、ツバキと厳密に区別されていなかったよう。ここでは植えつけの前に、基本情報を知っておきましょう。

サザンカの基本データ
学名:Camellia sasanqua
科名:ツバキ科
属名:ツバキ属
原産地:日本
和名:サザンカ
英名:Sasanqua camellia
開花期:10〜12月
花色:赤、ピンク、白
植えつけ時期:3月中旬〜4月中旬、9月中旬〜10月上旬
耐寒気温:−5℃

サザンカは、花芽がその年に伸びた枝の先端付近に1〜数個つき、10〜12月に開花し、晩秋〜初冬の花として親しまれています。基本的な性質はツバキに似ています。ツバキよりやや寒さに弱く、ほとんどのツバキが花弁をまとめて落とすのに対し、サザンカは花弁が基部で癒合していないため花が終わると花弁が1枚ずつ散ります。自然樹形は卵形。水はけがよく、適湿で肥沃な場所を好みます。本来、日当たりを好みますが、日陰でもよく育ちます。。

ただし、日なたの場合、西日の当たる場所は避けます。また、日陰は、できるだけ明るい場所を選ぶようにします。サザンカはツバキよりは耐寒性が弱く、冬に−5℃より気温が下がるような場合には防寒が必要です。冬の冷たい風に当たると花が咲きにくくなるので、冬期に北風が当たらない場所を選んで植えつけ、鉢植えの場合は置き場所を工夫しましょう。

2.よい土は、水はけ、水もちに優れています

水はけと水もちは、土の性質で決まります

水はけ(排水性)のよい土・悪い土、水もち(保水性)のよい土・悪い土。ひと口に土といっても、その性質はさまざまです。多くの植物が好む土は、水はけがよくて水もちもよい土です。しかし、この水はけと水もちは一見、相反する性質です。

一般に、水はけがよければ、水もちが悪いものです。この両方を実現するのが団粒構造と呼ばれる土の構造。土の小さな粒子を単粒といい、その単粒が、腐植などの有機物、鉄やアルミニウムの酸化物などの働きによって集合し、大きな粒になります、単粒が集まって大きくなったものを、団粒といいます。団粒はさらに集まって、大きな団粒を作ります。こうしてできた土の構造を、団粒構造といいます。

土が団粒になると、それぞれの団粒内に水をためることができるようになり、また団粒と団粒の間の隙間は単粒だけの土よりも大きくなるため、水はけや通気性がよくなります。つまり団粒構造の土は、水はけと水もちが優れた、植物が育つために適した土ということができます。

多くの植物は弱酸性の土を好みます

植物の生育には、土壌の酸性度(pH)も大きく関わっています。一部例外はあるものの、植物の多くは弱酸性(pH5.5〜6.5)の土壌でよく育ちます。土壌の酸性が強すぎると、根が傷み生育障害を起こしてしまいます。アルカリ性では、土の中の鉄やホウ素といった植物の生育に必要な微量要素を吸収しにくく欠乏症を起こし、生育が阻害されてしまう可能性があります。

野菜などでは栽培に先立って、育てる場所の土壌の酸性度を測定器や試薬を使って調べることをします。サザンカなどの樹木の場合は、土壌が酸性やアルカリ性に極端に傾いてしまっている場合以外は、植えつけ場所の土の酸性度を気にする必要はないでしょう。

3.種類を知ることが、適した土作りへの近道

園芸に用いる土は、大きく基本用土と改良用土に分けられます。基本用土は園芸用土のベースとなる土で、赤玉土や黒土などが代表的です。一方、改良用土とは、通気性や排水性、保水性、保肥性(肥料を保つ能力)を改良するために加えられる土で、基本用土に混ぜて用いられます。ここでは、園芸に用いられる土を、基本用土と改良用土とに分け、それぞれの特徴や性質を紹介しましょう。

基本用土

黒土(黒ボク土)
関東ローム層の表土で、黒く、軽くて柔らかい土です。畑地以外のものは肥料分は多くありません。単粒状態では水はけがよくありませんが、堆肥などの有機質を混ぜて団粒化すると、水はけや通気性がよくなります。

田土(荒木田土)
水田の下層土や湖沼の近くから採取される、粘土質の土壌。保水力と保肥力は大きいのですが、水はけや通気性はよくありません。

赤玉土
赤土から細かな粒子をふるい分けて取り除き、一定の大きさの粒を集めたもの。通気性があり、保水性も悪くありません。園芸では、代表的な基本用土として広く利用されます。

鹿沼土
赤玉土とともに、代表的な基本用土として用いられます。栃木県鹿沼市周辺から産出されます。柔らかくやや崩れやすいのですが、粒が丸みを帯びているため植物の根を傷めることが少なく、また微塵を取り除いたものは保水性、排水性ともによいため、園芸では広く用いられます。

川砂
河川の中流や下流で採取される、砂状や小さな粒状の用土です。富士川砂、安倍川砂、天神川砂など、産地によっていくつかの種類があります。

改良用土

腐葉土
ケヤキやコナラ、ブナなど広葉樹の落ち葉を、肥料分を加えずに長期間かけて発酵腐熟させたもの。保水性、透水性に優れ、また保肥性もあり、団粒構造をつくるもととして使われます。肥料としての効果はあまりありません。

植物質堆肥
落ち葉やわら、もみ殻などの植物質の材料を、好気的に発酵腐熟させたもの。用土の通気性や排水性、保水性、保肥性を高めるために利用する、土壌改良効果の高い改良用土です。一部、牛ふんなどを加えたものは、肥料としての効果があります。

ピートモス
水ゴケ類、ヨシ、スゲ類などの湿地の植物を由来とする泥炭(ピート)を水で洗って、泥状の部分や分解した部分を取り除いて粉砕し、乾燥させたもの。用土をフカフカに柔らかくし、保水性の改善に役立ちます。酸性が強いのが特徴です。

バーミキュライト
ひる石という鉱物を1000℃ほどの高温で焼成し、膨張させたもの。透水性や通気性、保水性に優れ、また保肥力も高い改良材です。

パーライト
火成岩の一種である真珠岩を細かく砕き、1000℃ほどで焼成して膨張させたもの。用土の通気性や、水はけをよくするために利用します。

くん炭(もみ殻くん炭)
もみ殻を蒸し焼きにして炭状にしたもので、軽く透水性や通気性が優れています。また、保水性も高い資材です。

4.元気に育てるための、サザンカ(山茶花)の土作り

サザンカは、有機質に富んだ、肥沃で、水はけがよく適度に湿った酸性の土壌を好みます。地植えでは、腐葉土をたっぷりと混ぜるようにしましょう。

鉢植えの場合は、赤玉土(中粒)と鹿沼土(中粒)、完熟堆肥を、それぞれ同量ずつ混ぜたものを用土とします。

5.サザンカ(山茶花)を育てるときに必要な準備は?

サザンカは、庭木などとして地植えにできるだけでなく、鉢植えでも育てることができます。植えつけをはじめる前に、以下のものを用意しましょう。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・サザンカの苗木
・赤玉土(中粒)、鹿沼土(中粒)、腐葉土またはバーク堆肥
・肥料
・剪定バサミ
・スコップ
・支柱(必要であれば)

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・8号以上の大きな鉢  
・鉢底石  
・鉢底ネット
・移植ゴテ  

鉢植えで育てる場合、苗木に見合った大きさよりも、ひと回りからふた回り大きな鉢を選ぶようにします。小さな鉢だと、すぐに植え替えが必要になってしまいます。

6.サザンカ(山茶花)の、植えつけの時期と方法

鉢植え、地植えともに、3月中旬〜4月中旬が植えつけの適期です。本格的な寒さが来る前の9月中旬〜10月上旬も、植えつけは可能です。

鉢植えの場合の手順

①苗木の準備
苗木は根鉢を崩さないようにします。

②用土の準備
赤玉土(中粒)、鹿沼土(中粒)、腐葉土を、それぞれ同量ずつ混ぜた土を用意します。植えつける鉢に鉢底ネットを敷いたうえで、鉢底石を3㎝ほどの厚さに入れます。

③植えつけ
用意した用土を使って植えつけます。このとき、元肥も入れます。

④用土を調整
最終的に、用土の表面が鉢の縁より3㎝ほど下がるように用土の量を調整し、苗木の株元が用土の表面と揃うように植えつけます。用土表面から鉢の縁までのスペースをウォータースペースといい、水やりの際、この部分に水がたまるようにします。

⑤水やり
植えつけ後、必要に応じて支柱を立てて固定し、鉢底から水が流れ出るまで、たっぷりと水やりをします。

地植えの場合の手順

弱酸性の土を好み、土壌がアルカリ性になると肥料分を吸収しにくくなり、葉が黄色くなって生育が鈍ります。コンクリートブロックの塀の際など、土壌がアルカリ性になりやすい場所は避けるようにします。

①穴を掘る
苗木を用意したら、植えつけ場所に、根鉢の大きさの倍の深さと直径の穴を掘ります。さらに穴の底を、スコップなどで耕しておくとよいでしょう。

②元肥を施す
あらかじめ腐葉土や完熟堆肥などを混合した元肥を用意し、掘り起こした庭土によく混ぜて、半分ほど穴に埋め戻します。

③植えつけ
苗木の根鉢を軽くほぐし植え穴に入れて、残りの土を使って植えつけます。このとき、苗木の株元が地面の高さになるように調整をします。

④水やり
植えつけ後は、たっぷりと水やりをします。苗木がぐらつく場合は、必要に応じて支柱を立てて苗木を支えます。

7.植えつけたあとの、サザンカ(山茶花)の水やり

鉢植えの場合のコツ

水やりのタイミング

鉢土の表面が乾き始めたら、水やりのタイミングです。鉢受け皿に置いている場合は、水やり後、鉢受け皿に溜まった水は必ず捨ててください。

水を溜めたままにすると、根腐れの原因となります。

水やりの方法

鉢植えのサザンカの場合、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりをします。ウォータースペースに水がいっぱい溜まるまで水を与え、鉢底から水が流れ出てきたらいったん水やりをやめ、水がすっかり引いたところで再び水やりをします。こうして、水やりを繰り返すことで、鉢の中がいちど水で満たされ、用土が十分に水を含みます。その後、水がすっかり鉢の中から流れ出るのを待つことで、鉢土の表面から新鮮な空気が取り込まれ、土の隙間に行き渡るのです。

地植えの場合のポイント

降雨量が比較的多い日本では、地植えの樹木は特に水やりをする必要がありません。サザンカも同様です。ただし、植えつけ後、根がしっかりと張るまでは土が乾かないよう、頻繁に水やりをする必要があります。また、成長したあとでも、空梅雨で日照りが続く場合や、夏の高温乾燥期には、水やりが必要です。水やり時には、土の表面近くだけでなく、根の広がりと深さに十分水が行き渡るよう、たっぷりと水やりをします。

冬の水やりは控えめに

晩秋から冬にかけては根からの水の吸収が減るので、鉢植えであってもこの時期に頻繁な水やりをすると、根腐れを起こしやすくなります。冬の時期は、夏よりもやや控えめな水やりを心がけましょう。

水やりをするときの注意

水やりの際、土に勢いよく水をかけると泥はねを起こします。土の中にはさまざまな微生物がいて、なかには病気の原因となるものも。泥はねで、葉などに病原となる微生物が付着すると、病気が発生しやすくなります。

水やり時には、ジョウロの注ぎ口やホースの口先に手を当てて水の流れをやわらげたり、ジョウロやホースの先にハス口をつけたりするなどして水の勢いを弱め、泥はねをしないよう注意しましょう。植えつけた苗が小さいときは、特に泥はねが葉に届きやすいので気をつけます。

土が硬くなったらほぐして

水やりを重ねていくと、水の勢いでだんだんと土の表面が締まって硬くなっていきます。表面が硬くなった土では、水がしみこみにくくなります。そのような状態になった場合は、移植ゴテや棒などを使って、土の表面を軽くほぐすようにします。

8.美しい花を咲かせるために、施したい肥料

植え付け時に施す肥料を、元肥といいます。元肥にはゆっくりと効果が現れる、緩効性の肥料を用います。一方、植えつけ後に不足してくる肥料分を補う目的で施す肥料を、追肥といいます。

緩効性の肥料を元肥に

鉢植えも地植えも、植えつけ時に元肥として、有機質肥料あるいは緩効性の肥料を施します。

鉢植えでは花後に追肥を

地植えの場合、若木のうちは、毎年2月頃に寒肥として堆肥、油かす、骨粉を合わせたものを、株から少し離れた場所に、土に埋めるようにして施します。成木に育ったサザンカでは、隔年に寒肥を施します。

鉢植えの場合は、3月に株元に速効性の肥料を追肥します。まだ花が咲き終わっていないときには、花が終わってから追肥するようにしてください。

9.鉢植えサザンカ(山茶花)は、春秋に植え替えをします

サザンカは根詰まりを起こすと、花つきが悪くなってしまいます。鉢植えでサザンカを育てている場合は、2〜3年にいちど程度、ひと回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。植え替えに適した時期は植えつけと同じ、春なら3月中旬〜4月中旬、秋なら9月中旬〜10月中旬となります。用土は苗の植えつけと同じものを使い、植え替えの方法は苗の植えつけに準じます。

構成と文・童夢

監修宮内泰之


関連記事