もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • ヒイラギの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

ヒイラギの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

 ヒイラギの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

ヒイラギ(柊)は古くから邪気を払うとされ、庭木として植えられてきました。節分の日には、厄除けとして、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺したものを門口に立てる風習がいまも残ります。葉の縁に鋭いトゲのあることで知られるヒイラギ。その名は、ヒリヒリ、あるいはズキズキと痛むことを表す「ひいらぐ(疼)」ということばに由来するともいわれます。ここでは、ヒイラギの剪定を詳しく紹介します。恵泉女学園大学准教授の宮内泰之さんにお聞きしました。

1.ヒイラギを育てる前に知っておきたいこと

ヒイラギは、古くから庭木とされる代表的な樹木のひとつです。洋風、和風どちらの庭にも向いていて、自然樹形を活かしたり、仕立てものとしたりして育てられます。剪定方法を学ぶ前に、ヒイラギを育てるための基本情報を知っておきましょう。

ヒイラギの基本データ
学名:Osmanthus heterophyllus
科名:モクセイ科
属名:モクセイ属
原産地:日本、台湾
和名:ヒイラギ
英名:False holly、Holly olive
開花期:11~12月
花色:白
植えつけ時期:4〜10月
耐寒気温:0℃

ヒイラギは、本州の関東地方より西、さらに四国、九州、沖縄の山地に自生する常緑の小高木で、庭木や公園樹として植栽されます。株には雄と雌があり、雌株では、秋、葉の付け根に芳香のある白い花が咲き、翌年の夏に黒紫色の小さな実をつけます。若木では葉の縁にある2〜5対の歯牙状のトゲが特徴的ですが、老木ではこのトゲがなくなり、先が尖った楕円形の葉となります。

2.ヒイラギと呼ばれる植物は、さまざまです

ヒイラギと名がつく植物は、いくつかあります。

節分に使うのはモクセイ科のヒイラギで、クリスマスの飾りとして用いられるセイヨウヒイラギ(西洋柊)はモチノキ科です。また、和風の庭園でおなじみのヒイラギナンテン(柊南天)は、メギ科の常緑低木。ヒイラギモクセイは、ヒイラギとギンモクセイ(銀木犀)の雑種とされます。

3.ヒイラギの育て方にはポイントがあります

とても丈夫な樹木です。大気汚染などにも強いのですが、乾燥、特に冬の乾いた風には弱いので注意が必要です。

耐陰性があるので、多少日当たりの悪い場所でもよく育ちます。本来は、日当たりを好むので、できるだけ日当たりのよい場所で育てるようにしましょう。ただし、日当たりがよすぎて土壌がとても乾燥するような場所では、生育が阻害されて枝が枯れることがあります。

植えつけは気温が十分上がった4月行以降に行います。放任でもある程度、樹形は整います。本来の樹形をいかして育てる場合は、3~4月頃、樹形を乱すように伸び出た枝を、付け根から切り取ります。

4.ヒイラギに剪定って、じつは必要です

剪定には、大きさや樹形を整えたり、植栽空間に合わせて高さや枝張りを維持する、あるいは育ちすぎた樹木を小さくしたりするなどの目的があると同時に、枝葉をすくことで風通しや日当たりをよくして樹木を健全に保つという役割があります。

ヒイラギは比較的成長がゆっくりで、手をあまり入れないでも自然と樹形が整うため、剪定に関してはそれほど神経質になる必要はありません。しかし放任すると大きくなりすぎたり、枝葉が茂りすぎて木の内部の日当たりや風通しが悪くなり、病気や害虫の発生が増えたりすることが考えられます。そこで適切な時期に適切な方法で剪定をする必要があります。

5.知りたい! 剪定する目的とメリット

ヒイラギは成長が比較的ゆっくりなため、軽く刈り込む程度の剪定で樹形を維持することができます。

ただし、ヒイラギは枝を1か所から対に出して茂るため、放任すると枝葉が密生してしまいます。枝葉が茂り過ぎると内部の風通しや日当たりが悪くなって陰になった枝葉が枯れたり、病害虫の発生、特にカイガラムシの被害が増えたりしてしまいます。それを防ぐために、1〜2年に1回は密生した枝を間引いて、風通しをよくしましょう。

6.剪定に適した時期を、見極めましょう

ヒイラギの枝は、春から夏前までに枝が伸び、高温となる夏の時期にはいったん成長を止め、再び秋口から晩秋にかけて土用芽が成長します。剪定は、芽吹く前の3~4月に行います。秋に土用芽が伸びて樹形が乱れるようなときには、土用芽の成長が止まる10月頃に樹形を乱している枝を付け根から切り取ります。

7.ヒイラギの剪定には、コツがあります

春と秋、年に2回、枝抜き剪定か刈り込みをして樹形を整えます。上部の枝ほどよく伸びるため、上のほうの枝は強めに切り詰め、下枝ほど軽く刈り込む程度にして、全体のバランスを取るようにします。

ヒイラギは、成長はやや遅いものの萌芽力があるため、強く刈り込んでもよく枝を出します。そのため自然樹形だけでなく、円柱形やトピアリー仕立て、生け垣など、さまざまな樹形に仕立てることができます。太い枝を切っても新しい芽が出やすいため、樹形が大きく乱れた場合は、太い枝を切り詰めて形を作り直すことも可能です。

8.剪定するときの注意点はこちらです

ヒイラギは萌芽力があるので、大きく樹形が乱れた場合など、太い枝を切り詰めても大丈夫です。ただし、花を楽しみたい場合には、4月以降に伸びた枝に花芽をつけますので、4月以降の強剪定や刈り込みは避けましょう。

9.ヒイラギを増やして楽しむ、ふたつの方法

ヒイラギは、「種まき」や「挿し木」で増やすことができます。

種まき

ヒイラギの種は、熟した果実から採ることができます。両性花をつける株に咲いた花は、翌年6〜7月に黒紫色に熟します。熟した果実から種を採り出した後すぐに、種まき用の用土を入れた容器にまきます。

種まき後は、2〜3年そのまま移植せずに育てて、苗木を成長させます。発芽後1年めの成長はゆっくりですが、2年め以降は勢いよく成長します。成長した苗木は、4〜5月に植えつけをします。

挿し木

挿し木で増やす場合は、6〜7月が適期です。春に芽吹いて伸びた枝を挿し穂(穂木)とします。

挿し木の時期と方法
挿し木は、6~7月の新梢が充実しきる前のものを採取し、挿し穂にします。

穂木の採取方法
①時間帯
朝、夕、雨天時などに行います。

②株の選び方
日当たりの良い場所で健全に育った株を選びます。

③枝の選び方
日当たりのよい場所にあり、病虫害がなく、節間が間延びしていないものを。葉が小さめで、形が揃った部分の少し硬くなった新梢を選び、ハサミで長さ10~15㎝に切ります。

④水に浸す
穂木は、切り口を直ちに水に浸します。

挿し穂の調整と挿し木
①葉を整理する
穂木は上葉を4~5枚残すようにして、下部の葉を取り除きます。残す葉が大きい場合は、葉を半分に切ります。

②切り口を斜めに切り戻す
吸水しやすいように、切り口をナイフで斜めに切り、 1〜2時間水につけます。

③挿し床の準備
赤玉土や挿し木用土を鉢などに入れて挿し床とし、たっぷりと水やりをします。

④発根促進剤をつける
穂木を水から取り出し、発根促進剤を切り口に薄くつけ、余分な粉は軽くたたいて落とします。

⑤挿し木する
用土に割りばしで挿し穴をあけてから、挿し穂の1/3~1/2を挿し、周りの土をピンセットで押さえて安定させます。

⑥水やり
たっぷりと水やりして、ビニール袋などで密封し、日陰に置きます。

挿し木後の管理
①挿し木後から夏の間
直射日光を避けて、湿度が高く保てる場所に置きます。挿し床ごとビニール袋で覆ってもよいでしょう。

②秋
ビニール袋で覆っていた場合は取り除き、朝夕の弱い光や外気に当てるようにします。

③冬
玄関や軒先などのなるべく暖房のない暖かい場所に置き、乾かさないように管理します。

④春
4〜5月になって十分気温が高くなったら、大きめの鉢に植えつけます。

構成と文・童夢

監修宮内泰之


関連記事