• TOP
  • 記事一覧
  • オーニソガラムを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

オーニソガラムを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

オーニソガラムを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

星のような形をした小さな花を、茎先にたくさんつけるオーニソガラム。庭にぎっしりと並んで咲いている姿はかわいらしく、清楚な印象からさまざまな花と相性がいいことが人気です。また、切り花にしたときの花もちがよいので、アレンジのアクセントとしても使い勝手のいい花材です。そんなオーニソガラムを増やす方法と、そのコツを、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.オーニソガラムを育てる前に知っておきたいこと

オーニソガラムは、6弁の星形の花をいくつもつける球根植物で、多くは清楚な純白です。ヨーロッパやアジア原産の耐寒性種と、アフリカ南部原産の半耐寒性種があり、やや育て方に違いがあります。鉢植え、地植え、どちらにも向いていますが、耐寒性種はどこでも地植えができるのに対し、半耐寒性種は、寒冷地では日当たりのいい南向きの場所に植えるか、鉢植えにするほうがいいでしょう。

オーニソガラムの基本データ
学名:Ornithogalum
科名:ユリ科
属名:オーニソガラム属
原産地:ヨーロッパ、南西アジア、南アフリカ
和名:大甘菜(オオアマナ)
英名:Star of Bethlehem, Wonder flower
開花期:春咲き種4~5月、夏咲き種7~8月
花色:ピンク、黄、オレンジ、白、複色
生育適温:10~20℃
切り花の出回り時期:オールシーズン
花もち:10日前後

オーニソガラムを育てるのはそれほど難しくはありません。植えつけは4月~5月に咲く春咲き種は9月中旬~11月下旬、7~8月に咲く夏咲き種は4月中旬~5月下旬が適期です。

2.植物を増やすには、いくつかの方法があります

オーニソガラムの増やし方について述べる前に、植物はどうやって増やすのか、その一般的な方法について知っておきましょう。

植物の増やし方は、大きく分けて「種子繁殖」と「栄養繁殖」とに大別できます。

「種子繁殖」とは、その名のとおり種による繁殖方法です。いちどにたくさん花を咲かせたい場合に向いていて、芽吹きのような生育初期ならではの感動を味わえる楽しみもあります。

「栄養繁殖」には、以下のようないろいろな方法があります。

挿し木
葉、茎、根など植物の一部を切り取って、用土や水に挿す方法です。やがて切り口から根が伸びてきて、新しい苗になります。成熟した植物を使うので生長が早いのも利点です。親株のいわばクローンのようなものなので、親と同じ色形に育つというメリットがあります。イネ科やヤシ科の一部をのぞき、多くの植物に使える方法です。

取り木
親となる植物の一部に傷をつけて、枝の途中から発根させ、親株から切り離して増やす方法です。挿し木同様、親の形質を受け継ぐことができるうえ、挿し木でうまくいかない植物でも増やすことができます。初心者でも失敗の少ない方法なので、観葉植物や樹木などで多く用いられます。

接ぎ木
増やしたい植物の一部を、根が張っている土台の木、「台木」に接合して生育させる方法です。病害に強い丈夫な植物に育てるために、バラのほか果菜類にもよく用いられます。同じ属や科に含まれるような、互いに親和性のある近縁の植物を使うのが基本です。

株分け
親となる植物を根とともに分けて、複数の株を作る方法です。いちどに得られる株数は少ないのですが、生育が悪くなった大株や老化した株を更新させる効果があります。

分球
球根植物を増やす方法です。球根は植えたままにしておくと地中で分かれて増えていきます。ただし、そのままでは花が咲きにくくなるので、球根を掘り上げ、親球から子球をわけて植え替えます。

このほかに、ムカゴや木子(きご)といった形で増える植物もあります。また、家庭で行なうことはまずありませんが、「組織培養」という手法で人為的に増やす方法もあります。

3.球根は形態によって、5つに分類されます

オーニソガラムは、球根植物に分類されます。そこで、球根について、詳しく見てみましょう。球根は、茎や葉、根の一部などが肥大化して、内部に養分を蓄えたものです。肥大化する部分によって、次の5つに分類されます。

葉が変化したもの

鱗茎(りんけい)
短縮化した茎の周囲に、養分を蓄えて厚くなった鱗片葉が、層状に重なって球形になったもの。鱗茎は、さらに下記のふたつに分けられます。
「有皮鱗茎(層状鱗茎)」 鱗茎のうち、薄皮に包まれているもの。⇒オーニソガラム、チューリップ、ヒヤシンス、タマネギなど
「無皮鱗茎(鱗状鱗茎)」 鱗茎のうち、薄皮のないもの。⇒ユリ、フリチラリアなど

茎が変化したもの

球茎(きゅうけい)
地下茎の一種で、茎が養分を蓄えて球形に肥大化したもの。薄皮に包まれています。⇒グラジオラス、クロッカス、クワイ、サトイモなど

塊茎(かいけい)
地下茎の一種で、茎が養分を蓄えて肥大化し、塊状になったもの。薄皮はありません。⇒アネモネ、カラー、シクラメン、ジャガイモ、球根ベゴニアなど

根茎(こんけい)
横に這った地下茎が肥大化し、節から芽や根を出すもの。⇒タケ、ハス、フキカンナ、スズラン、ジャーマンアイリス、ハスなど

根が変化したもの

塊根(かいこん)
根が養分を蓄えて肥大化したもの。⇒ダリア、ラナンキュラス、サツマイモなど

4.オーニソガラムを増やす、最適な方法と時期

前項で述べたように、オーニソガラムは球根のなかでも、「有皮鱗茎」に分類されます。

オーニソガラムは種から増やすことも可能ですが、時間と手間がかかるため、家庭で行うことはまずありません。球根から増やすのが一般的です。もともとの球根、親球の周りに、小さい球根、子球ができるので、これを分けて増やしていきます。この方法を「分球」といいます。

分球の適期

オーニソガラムの春咲き種の分球は、茎や葉が枯れた6~7月、夏咲き種は10~11月の晴れた日が適しています。

5.知りたい! オーニソガラムの増やし方「分球」

オーニソガラムを増やすには、まず球根を肥大化させる必要があります。そのため、花が咲き終わったら、花がらと種ができる部分を切り取り、茎や葉は枯れるまで残します。こうすると、種に栄養を取られることなく、葉や茎で作られた養分がそのまま球根に蓄えられ、球根を大きく太らせることができるのです。その後、葉が枯れたら、その葉は取り除いて構いません。

準備するもの

・シャベル
・清潔なナイフ
・保存用の段ボールやビニール袋
・ラベル
・段ボール
・ピートモスやおがくず
・新しい鉢や用土(鉢植えの場合)

地植えの場合、球根を傷めないよう大きく穴を掘るため、シャベルは穴掘り用のものを使うほうがいいでしょう。

分球の手順

① 鉢植えの場合、鉢を押さえながら、鉢から株を抜きます。地植えの場合は、オーニソガラムの周りの土を広めにシャベルで掘り起こします。どちらの場合も、球根を傷つけないように十分注意してください。
② 株の根から固まった土を落とし、丁寧に根をほぐしていきます。
③ 親球から子球を分けます。硬くて割れないときはハサミやナイフなどを間に差し込んでください。
④ 春咲き種の球根植えつけ適期は10~11月、夏咲き種は4~5月なので、それまで球根を保存します。
⑤保存する球根の周りの土を落とし、風通しのよい半日陰で乾燥させます。
⑥しっかり乾いたら、茎や葉や根を取り除き、球根だけの状態にします。

球根を掘り上げるとき、やみくもに行うと、土中に子球をたくさん残してしまい、のちのち花が増えすぎてしまいがちです。特に地植えの場合は、これが野生化して手を焼くようになるので、掘り上げのときは、子球を取り残さないように気をつけましょう。

球根を保存する場合、掘り上げた球根についている茎や葉は、すぐに取り除くこともできますが、乾いてからのほうが取りやすく、おすすめです。球根を傷めることもありません。

球根の保存

球根は乾燥させたら、ピートモスやおがくずを詰めた容器に入れ、風通しのいい涼しい場所に置いて秋まで保存します。このとき、30℃を超える場所に置くと花芽ができなくなるので、温度管理には注意してください。1か月に1回は球根の様子をチェックして、カビなどがついていないか確認します。どれがどの品種かわからなくならないように、品種ごとに分けて保存するか、ラベルをつけておくといいでしょう。

コツと注意点

オーニソガラムの分球は、毎年行う必要はありません。オーニソガラムは非常に丈夫な植物で、群生する姿が美しいため、地植えであれば数年は分球せずに、子球をつけたまま増やします。花が混み合ってきたなと感じたら、分球して植え替えをしてください。鉢植えにした場合も、分球せずに毎年花を増やすことはできます。しかし、花穂が小さくなってしまうので、花つきをよくするなら、毎年球根を掘り上げて子球を取り除き、植え替えるほうがいいでしょう。

また、オーニソガラムは、増やすために球根を掘り上げることは必要ですが、越冬のために掘り上げる必要はありません。ほとんどの品種は地植えでも植えっぱなしで越冬できます。ただし、オーニソガラムには、ヨーロッパやアジア原産の耐寒性種と、アフリカ原産の半耐寒性種があります。主な品種は下記の通りです。

・耐寒性種・・・アラビカム、ウムベラータム、ヌタンス
・半耐寒性種・・・シルソイデス、ダビウム、マクラタム

耐寒性種はどこでも越冬できますが、半耐寒性種の場合、寒冷地では真冬になると葉がほとんど枯れてしまうことがあります。鉢植えにした場合は夕方、鉢を室内に取り込んで、凍らないようにしてください。地植えにする場合は、日当たりのよい南向きの軒下に植え、厳寒期は防寒用のビニールでトンネルを作って保護します。

構成と文・高梨奈々

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事