もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 花もちのよさは、毎日のちょっとしたケアで変わります

花もちのよさは、毎日のちょっとしたケアで変わります

花もちのよさは、毎日のちょっとしたケアで変わります

花だって、美しさを長く保つためには毎日のお手入れが必要になります。面倒がらずにこまめにケアすることでずっときれいに咲いてくれるのです。

水替えは毎日。器も洗いましょう

汚れた水のなかでは雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなり、茎が腐ったり導管が詰まって水あげが悪くなったりします。 1日1回は必ず水替えをしましょう。花器も底までスポンジでよく洗います。

器はローテーションさせるのがおすすめ

花器は洗うだけでなく、同じくらいの大きさのものを 2~3種類用意して、毎日ローテーションで使うとさらに効果的。使った器は漂白剤で殺菌し、よく乾かします。アレンジの雰囲気も変わるので一石二鳥。

ついでに茎も洗ってヌメリを取ります

水を替えるときは、茎の根元も流水でよく洗いましょう。暑い時期はバクテリアの繁殖が活発になり、茎もヌルヌルしてきます。洗ってきれいにしたあと、次の切り戻しを行います。

茎先は切り戻して、切り口を新しく

水替えのたびに花材の茎先を 1~2㎝カットします。この切り戻しをしないと茎に老廃物がたまり、水あげが悪くなるのです。切り口は斜めでもまっすぐでもOKですが、よく切れるハサミを使って。

変色した花びらや枯れた葉は取り除いて

枯れたり変色したりした花びらや葉をそのままにすると、見た目が悪いだけでなく、傷みが全体に広がります。傷んだ花びらは、そっと指でつまんでそこだけ取り除いて。葉はハサミでカットします。

花がぐったりしたら深水に入れましょう

いけた花に元気がなくなってきたら、もういちど水切りして、深い水の中に。

1. 下の葉は多めに取る

花がぐったりしてきたときは葉もダメになっているもの。葉に養分や水分を取られないためにも、下のほうの葉は整理します。

2. 茎を残して新聞紙を

水から花までの距離が等しくなるよう、茎の長さを揃えて新聞紙で巻きます。ゆるまないよう、きつすぎて花が壊れないよう注意を。

3. 深い水の中で切り戻す

水圧で茎の先端まで水を上げるため、深さのある容器にたっぷりと水を入れます。花の茎を水につけ、水中で茎を切ります。

4. 花首の下まで水につけて

そのまま 3 時間以上置きます。草花などの繊細な花は、花首の下まで水につけるほうが効果的です。ただし、花が水に濡れないように。

Flower Artist:佐々木久満
『メゾンフルーリ』統括マネージャー。
生産者とのつながりを大切にし、これまでに訪問した花の生産地は150以上。数多い日本国内の花店のなかでも特に、産地や新品種に精通するフローリストとして活躍している。東京・二子玉川にある本店『メゾンフルーリ』とともに、長野県松本市でも花店を営む。いずれも珍しい品種の花が揃うのはもちろん、季節感を重視し、地域いちばんを目指しているというサービスのよさでも知られる。
HP https://maisonfleurie.sakura.ne.jp/wp/

撮影・落合里美


関連記事