• TOP
  • 記事一覧
  • パンジー・ビオラの水やり方法。適切なタイミングと頻度で、根腐れを防ぎます

パンジー・ビオラの水やり方法。適切なタイミングと頻度で、根腐れを防ぎます

パンジー・ビオラの水やり方法。適切なタイミングと頻度で、根腐れを防ぎます

寒さに強いパンジーやビオラは、花の少なくなる晩秋から春を華やかに彩ってくれるかわいい花です。寒冷地では冬の間は雪に埋もれてしまったり、霜や寒風にあって縮こまり、枯れてしまったかに見えますが、春を迎えると再び花を咲かせ、こんもりと繁ります。花色や花姿も豊富で、花壇、寄せ植え、ハンギングバスケットと利用範囲が広いのも魅力。ここではパンジー・ビオラを例に、植物栽培の基本ともいえる水やりについて詳しくみてみましょう。All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

1.パンジー・ビオラを育てる前に知っておきたいこと

厳しい寒さにも負けず、健気に可憐な花を咲かせるパンジーとビオラ。どちらもスミレ科、スミレ属の植物で、人の気持ちをほっこりと温めてくれます。

パンジーとビオラは、花姿が非常によく似ています。以前は「花径が4㎝以上はパンジー」、「小輪多花はビオラ」といったような分け方がされていましたが、現在は人工交配により花径の大きいビオラなども登場し、両者の境界は曖昧となっています。従って、パンジーかビオラかの区別は、種袋に記載されている名称や苗の植物ラベルに頼るほかないのが現状です。育て方に特に違いはないので、ここでも「パンジー・ビオラ」と並列して解説します。

パンジー・ビオラの基本データ
学名:Viola × wittrockiana
科名:スミレ科
属名:スミレ属
原産地:ヨーロッパ、西アジア
和名:三色菫(サンシキスミレ)
英名:Pansy、Viola
開花期:10~6月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、青、紫、黒、複色
発芽適温:15~20℃前後
生育適温:5~20℃前後
切り花の出回り時期:12~3月
花もち:4~6日 

パンジー・ビオラをポット苗から育てるなら、秋10~11月頃か、春3~4月頃が適期です。ガーデニングシーズンの秋と春にはポット苗がよく出回っていますので、園芸ビギナーのかたなら苗から育て始めるとよいでしょう。

パンジー・ビオラを種から育てるなら、8月中旬~9月頃が種まきの適期です。

2.水やりの方法と、そのタイミング

パンジー・ビオラの水やりのタイミングは、時間帯でいえば、朝のうちがベストです。

早朝から、日が高くなる前の午前中のうちに、水やりをするのがコツです。

パンジー・ビオラは鉢植え、地植えのどちらでも栽培できますが、それぞれ水やりの仕方や頻度は異なります。次の項からは、植えつけ別の水やりを紹介しましょう。

3.鉢で育てている場合の、パンジー・ビオラの水やり

水やりの頻度

パンジー・ビオラは、やや乾燥ぎみを好む傾向があるため、過湿に注意をする必要があります。通常は鉢土がしっかり乾いていることを確認してから水やりをしますが、天候により土に湿り気が残っている状態であれば、しっかり乾くまで水やりは不要です。従って、必ずしも毎日水やりが必要なわけではありません。

水やりのコツ

「鉢土が乾いたら、鉢底穴から水が流れ出てくるまでたっぷりと水やり」というのが基本です。土の表面だけが濡れた程度の水やりでは、根まで水が届きません。ですから、ジョウロなどで水を与えるときは、底から水が流れ出ているかを、しっかり確認してください。

水やりの確認方法

鉢植えのパンジー・ビオラの水やりのタイミングを確認するには、指で土を触ってみる、あらかじめ鉢土に割り箸などを刺しておいて引き抜いて湿り気があるか見る…といった方法があります。

両手で持てる大きさの鉢植えであれば、水やり前と水やり後の鉢の重さを体感しておくというのもひとつの手です。

なお、パンジー・ビオラを枯らしてしまう原因として、日課として毎日せっせと水やりすることによる過湿が挙げられます。「乾と湿のメリハリ」を意識して水やりをしてください。

4.地植えの場合の、パンジー・ビオラの水やり

水やりの頻度

地植え栽培の場合には、パンジー・ビオラがしっかり根づいたあとは、自然に降る雨だけで、基本的に水やりは不要です。これは、土の量が鉢植えに比べて、圧倒的に多く、地中に水分が蓄えられているためです。しかし、雨が降らない日が続き、極端に乾燥している場合には、我慢させて枯らしてしまう前に、土中にしっかりと水がしみ渡るように水やりします。

水やりのコツ

前述したとおり、水やりを行うときは、土の奥、根の先端まで水が届くように、たっぷりと与えます。

水やりの確認方法

いくら「パンジー・ビオラは乾きぎみが好き」といっても、根が呼吸できないほど土が乾いてしまってからでは株へのダメージが大きく、復活できないこともあります。

極端に雨が降らない日が続いたときなど、土を掘っても湿り気が見られない場合は水やりをしましょう。

5.水やりは、季節によっても多少変わります

水やりの具合は、天候のほか、植物の生育状態や季節で多少変わります。そこで、この項では季節ごとの違いを見ていきましょう。

パンジー・ビオラは、8月中旬~9月頃が種まき適期です。種まき後は、発芽するまで土を乾かさないようにしておく必要があります。水やりの際にパンジー・ビオラの種が流れてしまわないよう、静かに水やりをします。水を張った容器に苗床を入れて底穴から水を吸い込ませる「底面給水(底面灌水)」というやり方があります。この方法では、土に十分水分が行き渡ったら、苗床は水から引き上げます。

秋(鉢植え、地植え)

苗の定植時期です。鉢植えは、鉢土が乾いたらたっぷりと水やりします。

地植えの場合は、植え替え後に活着(根づいて生長を続けること)するまで1週間程度は、土の表面が白っぽく乾いたら水やりをします。

冬(鉢植え)

冬の間も「鉢土が乾いたら水やり」の基本は変わりません。冬は、パンジー・ビオラの生育が緩慢になる時期なので、吸い上げる水分量が減ります。鉢の置き場所など環境にもよりますが、土自体も高温期のようには乾かないので、鉢土の乾き具合に留意して「乾かしぎみ」を意識した水やりをします。

春(鉢植え)

春になると再び生育が盛んになります。「鉢土が乾いたら、たっぷりと」の基本の水やりを忘れずに行います。

6.パンジー・ビオラの水やり、注意点が知りたい

鉢植えの場合の注意点

乾燥ぎみを好むパンジー・ビオラですが、小さい鉢ほど土の量が少ないため乾きやすく、大鉢とは乾き具合が異なることを頭に入れておきましょう。

鉢植えのパンジー・ビオラに勢いよく水やりすると、水は鉢の内面を伝ってすぐに流れ落ちてしまい、肝心の根に水が行き渡っていないことがあります。ジョウロで水やりをする際は、ハス口を下向きにする、または水差し状にして株元にやさしく水を与えます。

鉢の下に鉢受け皿を置いている場合は、水やり後に鉢底から流れ出た水はそのままにしておかず、必ず捨てるようにします。パンジー・ビオラは過湿を嫌いますので、いつも鉢受け皿に水が溜まっていると根腐れしてしまうことがあるからです。

逆に、鉢受け皿に水が溜まるのが嫌だから、鉢底から水が流れ出す前に水やり終了!という「水のちょいやり」もNGです。『パンジー・ビオラを元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です』で、土の団粒構造について解説しました。水やりをすると、この団粒と団粒の間の空気が押し流され、ここに水分と共に新しい酸素が供給されます。しかし「水のちょいやり」では、土は湿っても、この大事な酸素を供給するまでには至りません。水やりの基本である「鉢植えでは鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと」というのには、このような理由があるのです。

地植えの場合の注意点

地植えでは、庭などの水やりを一気に済ませようと、散水ホースを使うケースがあります。このとき、水の勢いが強すぎると、土が跳ね返って葉裏につき、そこから病気が発生することがあるので注意が必要です。

散水ホースで水やりをする際は、水圧が柔らかいシャワーノズルに切り替えて、やさしく水をあげましょう。

7.パンジー・ビオラ栽培のなかで、水やりの役割

パンジー・ビオラに限らず植物栽培における水やりは、俗に「水やり3年(5年とも)」といわれるくらいに奥深いものです。

なぜなら、水やりは次のような役割を担っているからです。

・植物の根に水を吸収させる
・根が呼吸するのに必要な酸素を供給する
・高温期には株や土の温度を下げる
・葉に付着した埃などを落とす(葉への散水の場合)

つまり、水やりはただ毎日の日課で漫然と植物に水をかけるという行為ではなく、以上のような役割を念頭に、植物の根がしっかりと水分や酸素を吸収できるよう与える必要があるということです。

日々の水やりに際し、土の乾き具合を確認するとともに、花色や葉色はどうか、虫害や病気は出ていないかなど、植物の様子を観察することも日課にしたいですね。

監修畠山潤子

ガーデンライフアドバイザー


関連記事