• TOP
  • 記事一覧
  • ポトスを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

ポトスを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

ポトスを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

艶やかなハート形の葉が美しいポトス。丈夫なため、園芸ビギナーでも育てやすい観葉植物です。おしゃれなカフェなどで、インテリアグリーンとして飾られているのを見かけ、人気ぶりが伺えます。そんなポトスを自分で増やして、思いっきり楽しんでみませんか? ポトスを増やしたいときに準備すべきことや、増やし方の手順を、All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

1.ポトスを育てる前に知っておきたいこと

ポトスは、常緑の蔓性植物です。熱帯雨林が原産地なので耐寒性はありませんが、屋内であれば1年中楽しめる観葉植物です。

ポトスの基本データ
学名:Epipremnum pinnatum
科名:サトイモ科
属名:ハブカズラ属
原産地:ソロモン諸島
和名:黄金葛(オウゴンカズラ)
英名:Pothos
葉の観賞期:オールシーズン
葉色:緑、複色
生育適温:20~30℃(最低10℃以上)

ポトスの苗は、園芸店やホームセンターの園芸コーナー、ネットショップなどで、1年中出回っています。ごく小さな苗なら、100円ショップの店頭に並んでいることもあります。

初めてポトスを育てる場合は、春から秋の間がおすすめです。吊り鉢にして美しい葉を枝垂れさせたり、ヘゴ支柱を使ってグリーンタワーに仕立てたり。また、蔓を長く伸ばして壁面に添わせ、天然のガーランドにするのも素敵ですね。

2.植物を増やすには、いくつかの方法があります

ポトスの増やし方を説明する前に、植物はどのようにして増やすことができるのか、その方法について知っておきましょう。

一般的な植物の増やし方は、「種子繁殖」と「栄養繁殖」とに大別できます。

「種子繁殖」とは、その名のとおり種による繁殖方法です。一方の「栄養繁殖」には、以下のような方法があります。

挿し木
葉、茎、根など植物体の一部を切り取って用土や水に挿して発根させ、新たな個体を得る手法。

株分け
親となる植物を根とともに分けて、複数の株を得ること。いちどに得られる株数は少ないですが、大株になったものや老化した株の更新にも用いられる手法です。

接ぎ木
植物の一部を、台木となる別の植物に接合して生育させる方法。病害に強い丈夫な個体を得るために、バラのほか、トマトやキュウリ、ナスなどの果菜類にもよく用いられます。

取り木
親となる植物の一部に傷をつけて、発根させたあとに、親株から切り離して新たな個体を得ること。挿し木でうまくいかない植物でも増やすことができます。観葉植物や樹木などで多く用いられる手法です。

球根
葉や茎、根が変化した部分に養分を蓄えたもの。変化した器官により、鱗茎、球茎、塊茎、根茎、塊根と分類されます。

このほかに、ムカゴや木子(きご)といった形で増える植物があります。また、家庭の園芸で行なうことはまずありませんが、「組織培養」という手法で人為的に増やす方法もあります。

なお、挿し木や茎伏せで得られた苗は、親株と同じDNAを受け継ぐ、いわばクローンになります。一方、種子繁殖の場合は挿し木と違い、「親と子」の間柄となり、結実した種は必ずしも親株の性質を100パーセント受け継ぐわけではありません。

種の場合「子孫を残す繁殖」という意味では増やすことができますが、Aという個体を複数に増やしたいのであれば、挿し木などの方法をとります。

3.ポトスを増やす、最適な方法と時期

前項で述べたように、植物はさまざまな方法で増やすことができます。ポトスを増やす場合は、「挿し木」「株分け」で増やすことができます。また、挿し木では、蔓を切り取って挿し穂として水や土に挿す方法と、根がついているポトスの蔓の一部を土に埋める「茎伏せ」で増やすこともできます。

ポトスを挿し木や茎伏せで増やすなら、気温が生育適温の20~30℃を保てる5~9月頃が適期です。ただし、地域によって幅が出ます。

4.知りたい! ポトスの増やし方「挿し木」

土に挿す場合

準備するもの
・挿し穂
・鉢(浅めで広口の駄温鉢など)
・挿し木用土(赤玉土やバーミキュライトなど肥料分のない新しい土)
・ハサミ(茎の導管を潰してしまわないよう、よく切れる物)
・細い棒(挿し穂を刺す際の穴あけ用)
・発根促進剤(なくても可。小さい容器で市販されている製品、ルートンやメネデールが入手しやすい)

土挿しの手順
ポトスを挿し木にする場合は、以下の手順で行ないましょう。

① 挿し穂として、若く元気な蔓を2~3節(※1)ついた状態で切り取ります。このとき、気根(※2)がついていることが肝心です。
② 切り取った蔓を1時間ほど水あげしておきます。
③ 蔓についた葉のうち、土に埋まってしまう部分は切り取ります。
④ 挿し木の用土は、あらかじめ十分湿らせておきます。
⑤ 挿し穂を挿し込みやすくするため、用土に細い棒で穴を開けておきます。
⑥ 発根促進剤がある場合には、用土に挿す前に挿し穂の切り口に薬剤をつけてください。メネデールの場合は、100倍くらいに薄めた液に5分ほど浸けてから挿します。
⑦ 挿し穂を傷めないよう用土に挿し、隙間が生じないように、そっと土を寄せます。
⑧ 挿し穂を挿した鉢を、直射日光が当たらない明るい日陰に置きます。発根するまで、土が乾燥しないように管理します。

適温適湿を保っていれば、およそ2~3週間で根が出るでしょう。新しい葉が出てくれば、無事に発根しているはずです。根を傷めないように注意しながら鉢上げをして、新しい苗として育てていきます。

水に挿す場合

準備するもの
・ガラスコップなど(陶器などでもよいですが、ガラスなら発根の様子が見えます)
・ハサミ(茎の導管を潰してしまわないよう、よく切れる物)

水挿しの手順
ポトスを水挿しにする場合は、以下の手順で行ないましょう。

① 挿し穂として、若く元気な蔓を2~3節、気根がついた状態で切り取ります。
② 蔓についた葉のうち、水に浸かる部分は切り取ります。
③ 水を入れたガラスコップに挿し穂を入れ、直射日光が当たらない明るい日陰に置きます。
④ 水は時々入れ替えて、清潔な状態を保ちます。

十分発根したら、鉢上げして、新しい苗として育てていきましょう。

茎伏せの手順

① 元気のよい蔓を鉢土面に引き寄せ、軽く土をかぶせておきます。
② 蔓が元に戻ってしまうのを防ぐため、U字に曲げたワイヤーで鉢土に蔓を固定しておきます。
③ 土に接した気根のところから根が出てくるので、十分発根したら親株から切り分けて、新しい個体として育苗します。

コツと注意点

ポトスを挿し木で増やすなら、「清潔に」を心がけるのが成功のコツです。

挿し床に使う用土は、新しい清潔なものを用意します。間違っても、古い鉢土を使ってはいけません。水挿しにする場合も、肝心の水が腐ってしまわないように注意します。

また、挿し穂を準備する際の刃物にも注意してください。ポトスの挿し穂を切り取る際に、導管(水の通り道)を潰してしまうと、うまく水あげができません。挿し穂の準備には、切れ味のよいハサミやナイフを使います。なお、この刃物を媒介として病気がうつる場合があるので、この点も注意したいですね。

※1「節(せつ、ふし)」 茎の上で枝もしくは葉の出る付け根部分のこと。

※2「気根」通常は地中にある根が、茎の途中から空気中に伸びているもの。ポトスは、この気根で、ほかの木に着床して這い登っていきます。

5.知りたい! ポトスの増やし方「株分け」 

ポトスは茎の途中についている気根から発根します。そのため、意識して茎伏せをしなくても、土に接した部分から土中に根が伸びることがあります。ほかの植物に比べると、植えつけ時より根の数が増えるのが早い傾向があります。

根詰まり防止のため、少なくとも2年にいちどは植え替えます。その際に、根がついた部分を切り分けることで、容易に株分けをすることができます。

6.増やし方を知って、株の更新を図りましょう

ポトスは、比較的丈夫で育てやすい観葉植物です。幼苗の頃は葉の数が少なく、弱々しく見えるかもしれません。生育条件が整えば、葉の数は増え、蔓も長く伸びだします。

鉢いっぱいに葉が茂るくらいになると、日々の手入れにも慣れて、ポトスは丈夫な性質だし…と安心してしまいがち。しかし、元気だったポトスがいきなり枯れてしまうことも多々あります。原因は根腐れだったり、根詰まりだったり、強光による葉焼けからであったりとさまざまです。不死の人間がいないように、植物もいつかは枯れるものです。

かわいがっていた植物が枯れてしまうのはショックですが、これも命あるものの定めで避けられないこと。人が老いるように、植物もまた老いるのです。

園芸用語では「株の老化」といいます。これを少しでも遅らせたり株をリフレッシュさせるために、剪定をしたり、株分けや挿し木、取り木といった手法を使って株の更新を行なったりします。

ポトスの増やし方を知っておくことで、予備苗を作り、株の更新に備えることができるのです。

監修畠山潤子

ガーデンライフアドバイザー


関連記事