• TOP
  • 記事一覧
  • アセビを元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

アセビを元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

アセビを元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

早春に、小さく可憐な花を房状にたくさんつけるアセビ。濃い緑色の葉と鮮やかなコントラストをなす花姿は、古くから多くの人々に愛されてきました。常緑の低木で、手入れもそれほど必要がないため、花木を育ててみたいという初心者にもおすすめです。アセビをいい状態で育てるには「土」が重要。ここでは、アセビ栽培に適した土について、詳しく紹介します。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.アセビを育てる前に知っておきたいこと

アセビは常緑性の低木です。アシビ、アセボとも呼ばれ、日本の山地にも自生しています。半日陰でもよく花が咲く丈夫な常緑樹なので、庭木や生垣などにもよく利用されています。

常緑樹としては寒さに強く、大気汚染、潮風、乾燥にも強いため、条件の悪い場所にも植えることができるのが特徴です。成長は早くなく、株は株立ち状にこんもりして自然とまとまるので、管理の手間が少なくてすむこともガーデニング初心者には魅力です。

アセビの基本データ
学名:Pieris japonica
科名:ツツジ科
属名:アセビ属
原産地:日本、中国東部、台湾
和名: 馬酔木(アセボ)
英名:Japanese andoromeda
開花期:2月下旬~4月中旬
花色:赤、ピンク、白
発芽適温:15℃前後 
生育適温:15~25℃ 

アセビは苗から育てるのが一般的で、鉢植えでも地植えでも栽培できます。植えつけは、新芽が伸び始める前の3~4月、または10~12月上旬(寒冷地では10月~11月中旬)が適期です。

シェードガーデン(日陰を活用する植物栽培)としても人気を集めるほど、アセビは日陰でもよく育ちます。しかし、日照が少ないと、やはり花数が少なくなるため、午前中は日が当たる半日陰か、日なたで育てるとよいでしょう。また、暑さや乾燥が苦手なので、西日が当たる場所や冬に、乾風が当たる場所もおすすめしません。

アセビは株全体に、アセトポキシンという有毒成分を含んでいます。そのため、和名の「馬酔木」は、葉を食べた馬が毒にあたって酔っ払ったように、ふらふらしてしまったことに由来するとされています。昔はこの有毒成分を害虫駆除のために利用していたほど。葉や茎を食べない限り接触しても無害ですが、ペットや子どもがいる家庭は、誤食にはくれぐれも注意してください。

2.元気に育てるための、アセビの土作り

アセビの原産国は、日本や中国東部、台湾。日本の野山や公園などでよく見かける花木です。もともと日本の風土や気候に合っている花木なので、土作りにそれほど神経質になる必要はありません。

アセビは水もち、水はけがよく、腐植質(落ち葉や木片などが土壌の微生物によって分解されてできた物質)に富んだ土壌を好みます。水はけの悪い場所や粘土質の土壌では根が十分張れないので、生長がよくありません。その点だけ注意すれば、基本的には丈夫なので心配は無用です。

植物を育てるために“用”いる“土”を「用土」といいます。用土にはさまざまな種類があり、それらを何種類かブレンドしたものを「培養土」といいます。

アセビを鉢植えで育てる場合は、市販の花木用培養土を選べば大丈夫です。自分で土をブレンドして作る場合は、赤玉土(小)、鹿沼土(小)、腐葉土を等量ずつ混ぜるか、赤玉土(小)、鹿沼土(小)、腐葉土を4:3:3の割合で混ぜます。

地植えの場合は、川砂、パーライトなどを混ぜるなどして水はけをよくして植えてください。

アセビは、ほかの多くの草花と同じく弱酸性の土を好むので、中和のために苦土石灰か消石灰を混ぜたりするのも有効です。市販の草花用培養土はあらかじめ酸性度の調整がされているので不要です。

いずれの場合も、あらかじめ元肥として緩効性肥料を施しておきましょう。また、アセビに限らず植物を育てる際は、必ず清潔で新しい培養土を用意してください。以前に草花を育てたときの土が、まだ鉢やコンテナに残っているから、と使い回すと病原菌が潜んでいることがあるからです。

3.よい土は、水はけ、水もちに優れています

土は“植物のベッド”とよくいわれます。フカフカと柔らかく、湿りすぎでも乾きすぎでもなく、快適に呼吸できる、それが“よいベッド”です。

具体的には、栄養分に富み、水はけ(排水性)、水もち(保水性)、通気性、保肥性に優れた土が「よい土」です。

そして、このような土は、“団粒構造”になっています。団粒構造とは、小さな土の粒子が集まり固まって、団子のような小さな固まり(団粒)を形成して重なっている状態を指します。団粒の中には小さな隙間が、団粒と団粒の間には大きな隙間があります。それらの隙間が、排水、通気、保水、保肥に役立つのです。

園芸店やホームセンターには、あらかじめブレンドされた培養土のほかに、赤玉土や黒土、腐葉土など、さまざまな用土が販売されています。初めてガーデニングに挑戦する場合は、どの用土を買えばいいのか迷うかもしれません。次の項で紹介する用土の特性を参考に、育てる植物や環境に合わせて、よい土を作ってください。

4.種類を知ることが、適した土作りへの近道

土の種類やその特徴を知ることは、植物栽培に必要な「よい土」作りに役立ちます。ここでは、園芸店やホームセンターでよく見かける用土について紹介します。

【基本用土】

土をブレンドするときにベースになるものです。

黒土
一般的に畑用の土として知られている、黒い土。柔らかく、保水性と保肥性に富みますが、排水性と通気性はやや劣るため、単体で使うことはあまりありません。

赤玉土
関東ローム層の赤土を玉状に乾燥させたもので、粒の大きさも大・中・小があります。通気性、保水性、保肥性に優れているため、ガーデニング用の基本の土として親しまれています。

鹿沼土
その名のとおり、栃木県鹿沼地方でとれる、火山性の玉土。通気性、保水性、保肥性に富んでいます。酸性なので、山野草やブルーベリー、サツキ、ツツジなどと相性がよいとされています。

【改良用土】

基本用土をよりよい性質にするために、加えるものです。

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させたもの。有機質に富んでいるため土中の微生物の働きを高め、土を肥えさせてくれます。また、排水性、保水性、保肥性も高めてくれるので土質改良に有効です。

ピートモス
水ゴケなどが泥炭化したもので、腐葉土とよく似た性質。軽くて、排水性、保水性、保肥性に富むため、室内園芸によく使われます。酸度が強いので、酸性の土を好む植物には「酸度未調整」のもの、一般的な草花には「酸度調整済み」と袋などに表記されたものを使い分けるようにしましょう。

堆肥
わらや落ち葉、枯れ草などを腐熟させたもので、通気性、排水性をよくする働きがあります。腐葉土よりも有機質の肥料分が含まれているので、花壇や畑によく用いられます。

【調整用土】

バーミキュライト
蛭石(ひるいし)を焼いて発泡させたもので、軽いのが特徴。通気性、保肥性に優れ、保水性もよいとされています。

パーライト
真珠岩(しんじゅがん)を高温高圧で焼成したもので、軽くて無菌。通気性と排水性に富むため、水はけの悪い用土に混ぜて使います。


排水性や通気性を高めるために使います。桐生砂(きりゅうすな)、矢作砂(やはぎすな)、富士川砂など種類はいろいろありますが、川砂が一般的。

【特殊用土】

水ゴケ
湿地に自生する水ゴケを乾燥させたもので、保水性と通気性に優れています。水をたっぷり含ませてから使います。

※「○○用」として市販されている培養土は、これらの用土の特性を生かして、配合割合を各社で研究してブレンドしたものです。

5.アセビの、植え替えの時期と頻度

種を鉢で育てる場合や、市販の苗から育て始めるときは、植え替え作業(定植)が必要になります。

鉢植えでも地植えでも栽培できるアセビは、苗木から育てるのが一般的で、適期は3~4月、または10月~12月上旬です。小さい苗をすぐに地植えにするとよく育たない場合があるので、1~2年、鉢で栽培してから庭に植え替えるようにするとよいでしょう。

また、アセビは根が細く、根づまりを起こしやすい性質があります。そのため、鉢植えで育てる場合は、2年に1回を目安として、ひと回り大きな鉢に植え替える必要があります。

いずれも適期は、植えつけと同様、新芽が伸び始める前の3~4月、または10月~12月上旬(寒冷地では10月~11月中旬)です。

6.土のほか、植え替え時に準備したいもの

アセビの苗を鉢や庭に植え替えるときは、土以外にも必要なものがあります。事前に以下のものを用意してきましょう。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・適した土(前述のとおり)
・植え替えするアセビの株
・土入れ、またはスコップ
・ラベル
・ジョウロ

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・ひと回り大きな鉢、またはプランター
・鉢底ネット
・鉢底石

7.アセビの植え替え方法が知りたい

実際に、植え替えの手順を見ていきましょう。以下に出てくる「根鉢」とは、鉢の中で根と土がひとまとまりになったものを指します。園芸用語ではよく使われる言葉なので、ぜひ覚えておいてください。

鉢植えの場合の手順

①新しい鉢に鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷き、培養土を鉢の高さ1/3ほどまで入れます。
②古い鉢からアセビの株を抜きます。根がつまって抜きにくいときは、鉢の縁をたたくと抜きやすくなります。
③細い棒で、株の下のほうから土を落としながら、根をほぐしていきます。根鉢の上部も周囲から丁寧に土を落とします。
④全体の1/3ほど崩したら、ほぐした根を剪定バサミで切り落とします。
⑤株を鉢に入れ、手で支えながら土を入れていきます。途中、土の中に棒を入れて軽く振動させながら、根の間にも土がしっかり入るようにしましょう。
⑥最後に、枯れた枝や下葉を、剪定バサミで切り取っておきましょう。

地植えの場合の手順

①植え替える場所が決まったら、根鉢の2倍以上の大きさの植え穴を掘ります。
②古い鉢からアセビの株を抜きます。根がつまって抜きにくいときは、鉢の縁をたたくと抜きやすくなります。
③細い棒で、株の下のほうから土を落としながら、根をほぐしていきます。根鉢の上部も周囲から丁寧に土を落とします。
④全体の1/3ほど崩したら、ほぐした根を剪定バサミで切り落とします。
⑤根が土に深く埋まらないよう気をつけながら、苗を置きます。
⑥苗の周りに土を足して、株を安定させます。この際、掘り上げた土で植え穴の周囲に土手(水鉢)を作っておくとよいでしょう。
⑦最後に、枯れた枝や下葉を剪定バサミで切り取っておきましょう。

どちらも植え替え後は、たっぷりと水をあげることが大切です。

8.植え替えをするときの注意点はこちらです

移し替えた株の周囲に土を寄せるときは、株が安定する程度に土をやさしく押さえるくらいで大丈夫です。ギュッと力を入れて土を押しつけると、土中の空気が抜けてしまうので、アセビにとってよくありません。

アセビは低木なので、支柱は必須ではありません。鉢や地面に植えた若木がなんとなく頼りないとき、豪雨続きで倒れてしまわないか心配なときは、植え替えのときに株に沿うよう、なおかつ根を傷つけない位置に、支柱を立てるとよいでしょう。風が吹いても安定し、植え替え後の根が張りやすくなります。

構成と文・岸田直子

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事