• TOP
  • 記事一覧
  • ゴールドクレストの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

ゴールドクレストの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

ゴールドクレストの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

かつて「ガーデニングブーム」と呼ばれた頃、海外から導入された針葉樹の園芸品種は「コニファー」と呼ばれ、日本全国に広まりました。その代表格が、ゴールドクレストです。黄金色の葉が美しいゴールドクレストは、これまでの常緑針葉樹のイメージと異なり、洋風の庭にマッチすることから人気となりました。幼木を寄せ植えに用いたり、室内で観葉植物として楽しんだりすることもできます。ゴールドクレストを長く楽しむためのお手入れのひとつが、剪定です。All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

1.ゴールドクレストを育てる前に知っておきたいこと

モントレーサイプレスの園芸品種であるゴールドクレストは、日本でもっともポピュラーなコニファーといえるでしょう。その名に恥じない鮮やかな黄緑色の葉と、スッとした円錐状の樹形の美しさが特徴です。また、葉には、シトラス(柑橘)系の芳香があります。

ゴールドクレストは、本来は樹高20mに達するような高木です。生育が早く、日本でも庭植えにした場合、5mを軽く超えるほどに育ちます。

ひと頃は庭木や生け垣として植えられることもありましたが、数年で枯れが生じることが多く、いまは主に、寄せ植え花材や観葉植物として楽しまれています。

ゴールドクレストの基本データ
学名:Cupressus macrocarpa‘Goldcrest'
科名:ヒノキ科
属名:イトスギ属
原産地:カリフォルニア、メキシコ
和名:モントレーサイプレス、モントレーイトスギ
英名:Monterey cypress
葉の観賞期:オールシーズン
葉色:緑
生育適温:15~25℃(最低0℃以上)

ゴールドクレストは、園芸店やホームセンターの園芸コーナー、ネット通販などで、1年中入手することができます。特に、11~12月には、クリスマスツリーの代わりとして、多く出回ります。

2.剪定には、いろいろな種類があります

剪定とは、植物の姿形を整えたり、生育や結実の調整をするために茎の一部を切り取ったりする作業のこと。脚立を立てて行なうような大掛かりなものから、草花の切り戻しのような細かい作業までを含みます。剪定というと、庭木の枝切りばかりを想像しがちですが、それだけではありません。

自然のままでも樹形がきれいに整う植物もありますが、多くの植物は日光を求めて片側だけ伸びがよかったり、生育が旺盛で姿が乱れたり、時には繁りすぎることで風通しが悪くなり病気が発生したりすることがあります。

人の手が届かない山の中では致し方ないかもしれませんが、家の庭で伸びるに任せてジャングルになってしまっては困りものです。ゴールドクレストの場合は、あまり枝が暴れることはありませんが、大きくなりすぎないように調整したり、いつも健やかで美しい姿でいられるようにしたりするためにも、剪定という作業が必要になるのです。

剪定は主に植物の姿形を整えること、花つきや結実をよくすること、通風や採光をよくし、生育を助けること、株や枝の若返りを図ることなどを目的として行います。

従って、剪定には以下のような作業が含まれます。

枝下ろし
樹木の大きい枝の芽を残さずに、枝分かれした元から切り落とすこと。

枝透かし(枝抜き)
通風や採光を妨げている込みすぎた枝を、枝分かれした元から切り取ること。

刈り込み
全体の形を刈り整える作業のこと。

切り戻し(※)
伸びた茎(枝)を短く切り詰める作業のこと。

摘心(摘芯、ピンチ、芯止め)
枝茎の先端の芽(頂芽)を摘むこと。これにより、脇芽(腋芽、側芽)を出させたり、開花を促したりします。

※「切り戻し」 切り花で、花材の水あげをよくするために茎の根元を新しく切り直すことも「切り戻し」といいます。

3.ゴールドクレストに剪定って、じつは必要です

ゴールドクレストは、ほかの庭木に比べると、枝が暴れるようなことはあまりなく、そのままでも自然に円錐状に樹形が整う性質です。しかし、日照条件などで偏りが出てしまったとか、スペースに対してボリュームがありすぎる、といった場合には剪定して整姿することになります。

ゴールドクレストは、コニファーのなかでも成長の早い植物で、環境が合えば旺盛に生育します。その樹高をコントロールするためにも、剪定が必要です。

ゴールドクレストに行なう剪定は主に、「芯止め(摘心)」と「切り戻し」「刈り込み」の作業になります。

4.知りたい! 剪定する目的とメリット

芯止め(摘心)の目的とメリット

ゴールドクレストを芯止めする目的は、樹高を調整することにあります。ゴールドクレストは、ときに予想以上の大きさに育ってしまうことも。そのため、置き場所に合わせた樹高を保つための剪定である「芯止め」が必要になるのです。

切り戻しの目的とメリット

ゴールドクレストを切り戻しする目的は、不要な枝を整理することにあります。枝葉が繁って混み合うと風通しが悪くなり、株が蒸れて病気が発生することがあります。混み合ったところは透かすように切って、風通しをよくしましょう。

刈り込みの目的とメリット

刈り込みは全体的に形を整えるとともに、新しい葉を出させるために行います。ゴールドクレストは金気を嫌い、普通にハサミで刈り込むと、葉が赤褐色に変色してしまうため、手で摘み取るのがよいとされます。しかし、これはとても手間がかかります。幼木の形を整えたいという程度であれば可能かもしれませんが、大株の場合は通常の樹木の剪定のように、刈り込みバサミを使うのが現実的でしょう。早い時期であれば、ハサミで刈り込んでもじきに新芽が吹いてくるので、葉の変色も短い期間になります。

5.剪定に適した時期を、見極めましょう

ゴールドクレストの剪定は、3~6月に行うのがベストです。できるだけ、乾燥した日を選んで作業します。

高温多湿となる梅雨~夏の剪定は避け、春の剪定後に樹形が乱れたような場合は、9~10月頃に形を整える程度に軽く剪定します。

芯止めの方法

芯止めの方法は、止めたい高さで、株の主軸を切り取ります。これにより、主幹の伸びを抑えることができますが、先端がこんもりと丸い形になってしまいますので、周囲の枝葉も切り整えてあげましょう。

切り戻しの方法

切り戻しの方法は、傷んだ枝や葉を取り除くとともに、不要な枝を切りたい位置までたどってハサミで切り取ります。

また、株の内側(幹に近い部分)に、枯れ葉が溜まっていることがあります。これも風通しが悪くなる原因なので、株の中心部まで手を入れて枯れ葉をふるい落とし、新芽の出ていない枝は根元で切り落とします。

刈り込みの方法

手摘みでできる場合には、仕上がりをイメージしながら、枝葉の先端を1~数㎝摘み取って仕上げます。

ハサミを使って刈り込みする場合も、仕上がりをイメージしながら行いましょう。全体の樹形をよく観察してバランスが取れるように、ハサミを入れて整えます。剪定バサミでも可能ですが、手摘み同様に手間と時間がかかります。株が大きい場合には、刈り込みバサミで作業するほうが、時間がかからずに済みます。

6.剪定のポイントは、枝や茎の選び方です

庭木の場合には、「忌み枝(※)」と呼ばれる枝を剪定し、形を整えていきますが、ゴールドクレストの剪定をする際には、どのような枝を選んで切ればよいのでしょう。

切り戻しの場合は、庭木同様に不要な枝、繁りすぎて混み合っている部分を切ります。株の内側、外から見えないようなところに枯れ枝が隠れていることがあるので、それらは根元から切り取ります。

また、剪定で切り取った枝を挿し穂として、挿し木で予備苗を作ることもできます。

※「忌み枝」 美しい木の形を保つときに、不要な枝のこと。枯れ枝、徒長枝、立枝、逆さ枝、懐枝、重なり枝、かんぬき枝、車枝、絡み枝、垂れ枝、胴吹き、ひこばえがあります。

7.ゴールドクレストの剪定には、コツがあります

ゴールドクレストを剪定するときのコツは、ズバリ「切るべき時に、切るべき枝を切る」これに尽きます。

園芸を始めたばかりというビギナーのかたは、「ハサミを入れるのが怖い」と思うことも。植物の剪定は、人間にたとえると散髪のようなもの…と考えれば、ハサミを持つ手も軽くなるのではないでしょうか。

8.剪定するときの注意点はこちらです

ゴールドクレストに限らず、植物を剪定するときの注意点は、「剪定の際には清潔なハサミを使う」ということが挙げられます。

家庭で多種多様な植物を育てている場合、道具を媒介として病気が伝染ってしまうこともあるので、あきらかに「病気にかかった植物を切った」とわかっている場合には、ハサミの消毒が必要です。といっても強い薬品や難しい作業は必要なく、普段は水で洗った後に水分をよく拭き取り、オイルを塗っておくくらいです。消毒したい場合は、薬局で売られている消毒用エタノールの使用が手軽です。

9.美しく見せる、ゴールドクレストの仕立て方

最後に、ゴールドクレストの仕立て方について、簡単に触れておきましょう。

スタンダード仕立て(トピアリー仕立て)
主幹を伸ばし、その上部に枝葉を茂らせる仕立て方です。バラやコニファーでもよく見られます。ゴールドクレストの下枝が枯れこんでしまった場合の仕立て直しにおすすめです。

スパイラル仕立て
主幹を中心に、枝葉が螺旋を描くような形に整える仕立て方です。おしゃれで、インパクトのある樹形になります。

監修畠山潤子

ガーデンライフアドバイザー


関連記事