• TOP
  • 記事一覧
  • バラが似合う街・京都のおすすめスポットを、季節のシーンと一緒にお届け!

バラが似合う街・京都のおすすめスポットを、季節のシーンと一緒にお届け!

バラが似合う街・京都のおすすめスポットを、季節のシーンと一緒にお届け!

京都の花というと、いけ花に代表される和花を思い浮かべる人が多いかもしれません。もちろん、昔ながらの町家などに残る、和の空間には和花がよく似合いますが、じつは、似合う花はほかにも。美意識が高く、おしゃれに敏感な人が集う街・京都には、色濃く咲き誇るバラが美しく映える場所がたくさんあるのです。生まれも育ちも京都っ子である花店『プーゼ』の浦沢美奈さんが、そのいくつかを教えてくれました。これらの場所で撮影してきた、『花時間』2019秋冬号の付録・2019年のバラカレンダーの写真と一緒に紹介します。京都を訪れる際には、ぜひ、足を延ばしてみて。

鴨川上流に静かにたたずむ、AIC秋津洲京都

浦沢さんがまず教えてくれたのは、AIC秋津洲京都。知る人ぞ知る会員制倶楽部です。茅葺の門をくぐると、しばらく和の風情のアプローチが続きます(写真)。でも、ふと視界が開けると、そこにあらわれる館は、クラシックスタイルをベースにしたインテリア。シノワズリやモダンもミックスされた優雅な空間に、オーナーが厳選した調度品や絵画が並んでいます。会員でなくても気軽に利用できる、人気のレストランやパーティルームもあります。機会があったら、ひと時、その中に身を置いてみませんか?

Data
ホームページ/http://aic-akitsushima.com
住所/京都府京都市北区上賀茂朝露ヶ原町10-55
TEL/075・712・3303
レストランの営業時間/11時30分~15時30分、17時30分~22時
定休日/不定

紅葉と赤い実で彩ったバラ、赤いバラのリースは、浦沢さんが、AIC秋津洲京都の空間でいけたものです。*『花時間』2019秋冬号の付録カレンダー11月、12月より

ヨーロッパの香り。アンティークス トリュフ 京都 鹿ヶ谷

次に紹介するのは、レトロな雰囲気たっぷりのアンティークショップ・アンティークス トリュフ。フランスやイギリスを中心に、オーナー自らが出向いて集めた、家具や食器、照明、ジュエリー、布などがずらりと並んでいます。店内に一歩足を踏み入れれば、とたんにヨーロッパにトリップした気分。アンティークのソファに腰掛けたり、中庭でひと休みしたり…。旅行気分で楽しめる居心地のいい空間です。ヨーロッパの家の中のようなしつらえですから、もちろんバラが似合わないはずはありませんね。

Data
ホームページ/http://www.antiquestruffle.com
住所/京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町66 カサブロンセ1F
TEL/075・751・0937
営業時間/13~18時、土曜、祝日は11時~(祝日が月曜の場合は休み)
定休日/日・月曜

白いリネンに囲まれたアプリコット色のバラのブーケ、屋外のテーブルにしつらえた低いバラのラインアレンジは、どちらも浦沢さんがアンティークス トリュフでいけたもの。*『花時間』2019秋冬号の付録カレンダー4月、6月より

重厚感溢れる国の重要文化財、同志社大学礼拝堂

堂々としたたたずまいのこの建物は、現存するレンガ造りのプロテスタントのチャペルでは、日本最古のものです。設計したのは、宣教師・牧師・かつ建築家であるアメリカのD.C.グリーン氏。円形のバラ窓やアーチ形の入り口には、ゴシック様式ならではの重厚感が漂い、思わずため息がもれるほど素敵です。美しいこんなチャペルを毎日眺めながら、大学に通えるなんて、学生さんたちがうらやましいですね。同志社大学には、ほかにもクラーク・チャペルなど、趣のあるチャペルがあります。一般公開日には中に入ることができますので、京都を旅する機会があったら、校内を散策してみるのも楽しそうです。

Data
ホームページ/https://www.doshisha.ac.jp
住所/京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル
TEL/075・253・3120(広報課)

チャペルウエディングを想定して、浦沢さんが束ねたブーケ。パイプオルガンと鐘の音が聞こえてきそうですね。*『花時間』2019秋冬号の付録カレンダー9月より

白く清潔な空間 アトリエプーゼ

最後に紹介するのは、浦沢さんが毎日花のアイデアを練ったり、アレンジメント教室のレッスン会場となっているアトリエ。トケイソウやブラックベリーの蔓に囲まれたドアを開けると、そこに広がるのは、白いシンプルな部屋。窓辺には光がさんさんと溢れ、花がひと際その色を輝かせるのです。こちらは、『花時間』2019秋冬号の付録カレンダーの撮影場所にもなりました。アトリエ以外に、花店・プーゼ寺町二条本店、プーゼ藤井大丸店も。バラの種類は豊富に揃っていますから、旅の途中で買い求め、ホテルの部屋にいける…。そんな風に楽しんでみるのもいいですね。

Data
ホームページ/https://www.pousse-kyoto.com
住所/京都府京都市中京区海老具側通東洞院東入ル山中町537
TEL/075・253・0077(寺町二条本店で受付)

構成と文・飯田充代

Profile浦沢美奈

『プーゼ』主宰。 京都市西陣生まれ。 1991年、「テーブルに花を飾ると幸せが集まってくる」の言葉を胸に、花店『プーゼ』オープン。バラの品揃えで知られる京都市内の店舗と、フラワーアレンジメント...アーティスト詳細を見る

花時間2019 秋冬号

1750円+税/KADOKAWA

花と一緒に過ごす時間がもっと豊かになりますように…。「美しい写真で綴る、ワンテーマ型・花のマガジン」として、秋冬号は、すべての花好きの方々へ、1冊丸ごとリースの大特集をお届けします。まあるい形が「永遠」を意味し、幸せの象徴ともされるリース。最新デザインの数々から、花合わせや色合わせの妙、作り方など充実の内容です。特別付録1/カレンダー2019「バラとともに四季をめぐる」、2/季節を告げるポストカード*秋冬本の情報はこちら


関連記事