• TOP
  • 記事一覧
  • グロリオサの水やり方法。適切なタイミングと頻度で、根腐れを防ぎます

グロリオサの水やり方法。適切なタイミングと頻度で、根腐れを防ぎます

グロリオサの水やり方法。適切なタイミングと頻度で、根腐れを防ぎます

花びらが反り返ってうねり、燃えあがる炎のようなイメージの花、グロリオサ。個性的な花姿、すっとした美しいラインの茎には、独特の存在感と華やかさがあります。1本に数輪ずつ花がつき、つぼみが全部咲く花つきのよさも魅力です。明治末期に渡来して以来、切り花としても変わらぬ人気があります。ここでは、グロリオサをはじめとする植物栽培の基本ともいえる、水やりの方法について、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きします。

1.グロリオサを育てる前に知っておきたいこと

グロリオサは、半蔓性の球根植物です。鉢植え、地植え、どちらにも向いていて、巻きひげ状になった葉先が他のものに絡んで伸びていきます。蔓が伸びてきたら、鉢植えの場合はアサガオなどによく使われる円筒形の器具に、地植えの場合は支柱やフェンスなどに誘引する必要があります。

グロリオサの基本データ
学名:Gloriosa
科名:イヌサフラン科
属名:グロリオサ属(キツネユリ属)
原産地:熱帯アジア、アフリカ
和名:狐百合(キツネユリ)、百合車(ユリグルマ)
英名:Gloriosa lily、Glory lily
開花期:6~9月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、紫、複色
発芽適温:20~30℃
生育適温:20~30℃
切り花の出回り時期:オールシーズン
花もち:7~10日

グロリオサを育てるのは、それほど難しくはありません。熱帯原産のため高温を好む植物なので、植えつけは少し暖かくなってから、4月下旬~5月下旬が適期です。植えてから約2か月で花が楽しめます。

2.水やりの方法と、そのタイミング

グロリオサの水やりのタイミングは、ほかの多くの植物同様、朝~午前中です。日が昇って気温が上がってくると、植物は葉の裏にある気孔を開いて呼吸と蒸散をします。蒸散によって植物の体から水分が逃げていくため、水分を補わなければなりません。このため、朝のうちに水やりをする必要があるのです。

ただし、水の与えすぎには要注意です。グロリオサの球根を植えてしっかり水をあげていたのに、芽が出なかった…といったケースは、水のやり過ぎで球根が腐ってしまったことが考えられます。土壌の状態をしっかりと見て水やりをしましょう。

グロリオサは、鉢やプランターに植えつける「鉢植え」、庭や花壇などに直接植えつける「地植え」、どちらでも栽培できます。しかし、それぞれ水やりの仕方や頻度は異なります。次の項からは、植えつけ別の水やりの仕方を紹介しましょう

3.鉢で育てている場合の、グロリオサの水やり

水やりの頻度

通常は朝のうちに1回、土が乾いているかどうかを確認してから水やりをします。土が湿っている状態であれば、乾くまで水やりは不要です。

水やりのコツ

グロリオサの水やりは、土の表面が乾いたら、鉢底の穴から水が流れ出るくらいたっぷりと与えるのが基本です。

土の表面が湿っているのに水をやると、植物の根は水でおぼれたようになって呼吸できなくなります。すると、球根が腐ってしまうことがあります。また、水がいつも根の近くにあると、植物は新たな根を伸ばそうとしなくなるので、しっかりと根を張ることができません。

反対に土が乾いてから水やりをすると、水は土の奥までスムーズに達します。そして、水に押し出されて空気が入れ替わり、根のすみずみまで酸素が行き渡るのです。

水やり時期の確認方法

水やりのタイミングを確認するには、土が白く乾いているかどうかを見る、指で土に触ってみて湿っているかどうかをみる、などの方法があります。鉢植えの場合は、水やり前と水やり後に鉢を持ってみて、重さの違いを体感しておくと、水やりのタイミングがわかります。

4.地植えの場合の、グロリオサの水やり

水やりの頻度

庭や花壇など地植えでグロリオサを育てる場合、根がしっかりと張るまでは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。根が張ったら、自然に降る雨や雪などから得られる水分で十分です。

地植えの場合、雨が降らない日が長く続いたり、真夏に高温の日が続いたりするとき以外は、基本的に水やりは不要です。

5. 水やりは、季節によっても多少変わります

水やりの頻度や方法は、天候はもちろん、植物の生育状態や季節で多少変わります。この項では、鉢植えの場合の、季節ごとの水やりのコツをご紹介します。地植えの場合は、植えつけしたときと、土が乾燥した場合のみ、水やりをします。

春(鉢植え)

球根の植えつけ適期です。植えつけ後にたっぷりと水を与えます。

芽が出ていない球根を植える場合は、植えつけてから10日間ほどは水を与えないようにしてください。この間、グロリオサの球根は、徐々に水分を吸収し、新しい芽と根を少しずつ伸ばしていきます。土の表面に芽が出るまでは、水やりは控えめにしましょう。発芽したら、水やりの基本に則って、鉢土が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水を与えてあげてください。

夏(鉢植え)

鉢土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりを行ないます。グロリオサは土が乾き過ぎると葉先が枯れたようになり、回復しなくなるので、水切れにも注意しましょう。

秋(鉢植え)

葉が黄色くなって枯れ始めてきたら、徐々に水やりを控えます。

冬(鉢植え)

たまに湿り気を与える程度にして、球根を乾かし気味に維持します。

6.グロリオサの水やり、注意点が知りたい

鉢植えの場合の注意点

水の勢いには注意が必要です。散水ホースであれば、柔らかい水流のシャワーノズルを使い、ジョウロであれば、ハス口を上に向けて水の勢いを弱めながらやさしく水をあげましょう。

グロリオサの鉢の下に鉢受け皿を置いている場合は、水やり後に鉢底から流れ出て鉢受け皿にたまった水は必ず捨ててください。鉢受け皿に水が溜まっている状態が常時続くと、球根が腐ってしまうことがあります。

水やりの際には、余分な水と一緒に土の中にたまった古い空気やガスも一緒に鉢底から流れ出ます。それらを処分する意味でも、鉢受け皿の水は捨てることが大切です。

逆に、鉢受け皿に水が溜まらないように、表面を濡らしただけで終わり、という水やりもよくありません。土の表面が湿る程度では奥まで水が浸透しないため、表面の水分が蒸発するだけで終わってしまいます。前述したとおり、水やりの際には水分とともに新しい酸素が供給されます。表面にしか水が浸透しないと、酸素を必要としている根まで供給することができなくなるのです。水やりの基本である「鉢底から水が流れ出るくらい」というのは、このような理由もがあります。

地植えの場合の注意点

庭の水やりを一気に済ませようと、散水ホースを使う場合は次のことに注意してください。水の勢いが強すぎると、土が跳ね返って葉裏につき、そこから病気が発生することがあります。

7.植物における、水やりの役割

グロリオサに限らず、植物の栽培では、「水やり3年」といわれます。簡単そうに見えますが、じつは3年かかってやっとコツがわかるくらい難しいものなのです。植物は種類によって水を欲しがる量が違いますし、生育時期や天候によっても必要な水の量が変わってくるからです。

さらに、水やりは次のようないくつもの役割を担っています。

・植物の根に水を吸収させる
・根が呼吸するのに必要な酸素を供給する
・高温期には株や土の温度を下げる
・葉に付着した埃などを落とす(葉への散水の場合)

つまり、水やりはただ毎日漫然と植物に水をかければいい、というものではありません。以上のような役割を念頭に、植物の根がしっかりと水分や酸素を吸収できるようにする必要があります。

水やりをする際には、土の乾き具合を確認するとともに、花色や葉色はどうか、害虫や病気は出ていないかなど、全体の様子を観察しておくと、さらに植物の状態が的確につかめるようになります。ときには失敗をすることがあるかもしれませんが、それも“水やり修行”だと思って、ぜひ、グロリオサと仲よくなってください。

構成と文・高梨奈々

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事