もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • グロリオサを元気に育てるには、適した土作りが必要です

グロリオサを元気に育てるには、適した土作りが必要です

グロリオサを元気に育てるには、適した土作りが必要です

グロリオサは、鮮やかな花色、躍動感のある花姿が庭のアクセントとして最適です。細い花びらが反り返ってうねり、燃え上がる炎のような花形は、独特の存在感と華やかさを感じさせます。ガーデニングはもちろん、切り花としても人気。そんなグロリオサを元気に育て、きれいな花を咲かせるためには、土台となる土が重要です。グロリオサの植えつけと土作りについて、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにコツをお聞きしました。

1.グロリオサを育てる前に知っておきたいこと

グロリオサは、半蔓性の球根植物です。鉢植え、地植え、どちらにも向いていて、巻きひげ状になった葉先が他のものに絡んで伸びていきます。蔓が伸びてきたら、鉢植えの場合はアサガオなどによく使われる円筒形の器具に、地植えの場合は支柱やフェンスなどに誘引する必要があります。

グロリオサの基本データ
学名:Gloriosa
科名:イヌサフラン科
属名:グロリオサ属(キツネユリ属)
原産地:熱帯アジア、アフリカ
和名:狐百合(キツネユリ)、百合車(ユリグルマ)
英名:Gloriosa lily、Glory lily
開花期:6~9月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、紫、複色
発芽適温:20~30℃
生育適温:20~30℃
切り花の出回り時期:オールシーズン
花もち:7~10日

グロリオサを育てるのは、それほど難しくはありません。熱帯原産のため高温を好む植物なので、植えつけは少し暖かくなってから、4月下旬~5月下旬が適期です。植えてから約2か月で花が楽しめます。

2.よい土は、水はけ、水もちに優れています

グロリオサをはじめとした植物の栽培には、「よい土」が必要です。よい土とは、水はけ(排水性)、水もち(保水性)、通気性、保肥性(肥料分を保つ力)の4条件を満たした土のこと。こうした条件を備えた土のなかでこそ、根は気持ちよく伸び、勢いのある植物を育てることができるのです。

「よい土」をひと言で表現すると、園芸用語でいう「団粒構造をもつ土」ということになります。団粒構造とは、小さな土の粒子が集まり、固まって、団子のような構造になったものを指します。団粒構造の土は、粒子と粒子の間にほどよい隙間ができ、そこに空気を保持することができるため、植物の根が呼吸しやすくなるのです。また、隙間があると、水を十分溜めることができるだけでなく、余分な水は停留することなく下に抜けていきます。さらに、肥料などの養分をしっかり蓄えることができます。このようなよい土は、フカフカとしていて、よい匂いがするものです。

ホームセンターや園芸店には、たくさんの土が販売されています。あらかじめメーカーでブレンドされ、袋詰めされた培養土のほかに、「赤玉土」とか「黒土」などの単用土もあります。園芸ビギナーの方は、次の項で紹介する用土の特性を参考に、育てる環境や選んだ植物に合わせて、混ぜる用土を見極め、「よい土」に仕立ててください。

補足として、赤玉土7~6:腐葉土3~4のブレンドは、ベースとして、ほとんどの植物に使えます。覚えておくとよいでしょう。

3.種類を知ることが、適した土作りへの近道

土の種類について知ることは、植物栽培に必要な「よい土」作りに役立ちます。ここでは、主な土の種類とその特徴を見てみましょう。

基本用土

園芸用土のベースとなる土です。ブレンドする際には配合する割合が多くなります。植物をしっかり支える適度な重さが必要です。

黒土
畑土などにみられる、黒い土。有機物を多く含む柔らかい土で、水もちには優れているものの通気性、水はけに劣るので、腐葉土などを3~4割混ぜて使用します。

赤玉土
関東ローム層の赤土をふるって粒子を揃えたもので、水はけ、水もち、保肥性がよいので、基本的な用土として、もっともよく使われます。粒の大きさは、大・中・小があります。鉢やプランターには、中~小粒のものを選びましょう。

鹿沼土
栃木県鹿沼地方で産出される粒状の軽い土。通気性、水はけ、水もちがよく、性質は赤玉土に似ています。有機物をほとんど含まない酸性土なので、ツツジやサツキ、山野草などの栽培向きです。


水はけや通気性をよくするために用いられます。川砂が一般的。ほかに、 群馬県桐生地方で産出される「桐生砂」や、富士山周辺から産出される「富士砂」といった火山砂礫があります。これらは、主に山野草の栽培などに使われます。

改良用土

基本用土に混合して、通気性、水はけ、保肥性などを改良する用土です。土を肥沃にする働きがある有機物と、物理的に基本用土を改良する無機物に大別されます。ここでは最後のふたつが無機物です。

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させた、代表的な改良用土です。水はけ、水もち、通気性、保肥性、すべてに優れています。土中の微生物を増やして土を活性化する働きがあります。品質にばらつきがあるので、しっかり完熟したものを使いましょう。

堆肥
藁、落葉、野菜くずなどを腐熟させたもので、土中の微生物を増やし、水はけや通気性をよくする働きがあります。わずかながら肥料分を含みますが、植物の生育に足りるほどではありません。腐葉土同様に、しっかり完熟したものを使います。

もみ殻くん炭
もみ殻を燻して炭化させたもの。水もち、通気性に優れ、保温効果や根腐れ防止の効果があります。アルカリ性なので、いちどにたくさんは使わないようにしてください。酸性土の中和に使われることもあります。

ピートモス
水ゴケ、シダなどが堆積し泥炭化したもの。軽くて水もちがよく、ほぼ無菌なので、室内栽培にも向いています。 酸性が強いので、一般的な草花には「酸度調整済み」のもの、酸性の土を好む植物やアルカリ性の土地のpH調整には「酸度未調整」のもの、と使い分けてください。

バーミキュライト
蛭石(ひるいし)を高熱処理して膨張させた人工用土で、非常に軽いのが特徴。水はけ、水もち、通気性、保肥力に優れ、無菌でほぼ均質です。

パーライト
真珠岩を高熱処理して膨張させた、白い粒状の軽い人工用土。均質で無菌。 水はけ、通気性がよいので、鉢土を軽量化できます。水もちや保肥性はあまりよくありません。

そのほかの用土

室内園芸用や特殊な植え込み材料などに使われるものです。

水ゴケ
湿原のコケ類を乾燥させたもの。軽くて通気性がよく、保水性に優れています。ランなどの植え込み材料として広く使われます。

バークチップ
針葉樹などの樹皮を細かくしたもの。通気性が非常によいので、軽石などを混ぜて、洋ランの植え込み材料として使われます。

たとえば、いつも水やりしすぎて植物を枯らしてしまうようなときは、ベースの土に砂やパーライトを加えることで、水はけをよくすることができます。用土の種類と特性を知っていれば、このように、自身で調整し、より「よい土」を作ることができるのです。

市販の「○○用」と銘打った培養土は、これら用土の特性を生かして、配合割合を各社で研究してブレンドしたものになります。

4.元気に育てるための、グロリオサの土作り

ガーデニングのスタートは土作りです。園芸では「用土」という言葉を使います。

グロリオサは、水はけがよく、通気性に富み、肥料もちのいい土を好みます。基本的には市販の「草花用培養土」を用いれば大丈夫です。「球根用」と書いてある培養土を選ぶのもいいでしょう。自分で用土をブレンドして作る場合には、赤玉土5、腐葉土3、調整ピートモス1、パーライト1の割合で混ぜます。用土の詳しい説明は「3.種類を知ることが、適した土作りへの近道」を参照ください。

地植えをする場合には、植えつけ場所として、日当たりと水はけのよいところを選びます。隙間が多く、水はけ、水もちともによい土を作るために、あらかじめ堆肥や腐葉土などの有機物をすき込んで耕しておくといいでしょう。特に水はけが悪いときは、川砂やバーライトなどを加えます。

雨の多い日本は酸性の土壌が多いので、草花の好む弱酸性に中和するため、球根を植える2週間ぐらい前に苦土石灰をまくのもいい方法です。ただし、必ずpH試験紙で土壌のpHを調べてから行ってください。グロリオサの球根が好きな酸度はpH5.5~6.0ぐらいの弱酸性です。

植えつけの際は、必ず新しい培養土を使います。古い土は団粒構造が崩れているので、水はけが悪くなりがちです。病原菌や害虫の卵などが潜んでいることもあるので、注意してください。

5.グロリオサの植えつけの時期

グロリオサは高温を好む植物なので、4月下旬~5月下旬が植えつけの適期です。なかには秋咲きの品種があり、その場合は8月上旬が植えつけの適期になります。

グロリオサの発芽には、十分な温度が必要です。発芽していない球根を植えると、育たないことがあるため、植えつけをする前に「芽だし」という作業をしておくといいでしょう。そのまま植えた場合、気温の上昇とともに発芽しますが、1か月ほどかかることがあります。

早く植えたいときや確実に発芽させたいときは、湿らせたパーライトに球根を埋めてビニールで覆い、日なたに置いて25~30℃で保温してください。これが、「芽だし」です。その際、水やりは不要です。芽が1㎝ほど伸びたら植えつけをします。

6.土のほか、植えつけ時に準備したいもの

用土について理解を深めたら、実際の植えつけについて、説明しましょう。グロリオサの球根を植えつけるときは、以下のものを準備します。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・適した土(前述のとおり)
・グロリオサの球根
・土入れ、またはスコップ
・ジョウロ
・ラベル
・円筒型の誘引器具、または支柱など

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・鉢(浅鉢は避けます)
・鉢底ネット
・鉢底石

グロリオサは日なたを好みますので、鉢の置き場所や植え場所を考慮しておきましょう。

7.グロリオサの植えつけ方法が知りたい

グロリオサの、実際の植えつけ方法は以下のとおりです。

鉢植えの場合の手順

①球根は地下に伸びて肥大するので、なるべく深さのある鉢を用意します。鉢に鉢底ネットを敷いて、水はけをよくするために鉢底石を入れます。その上に、鉢の高さの2/3くらいまで(球根の高さ+ウォータースペース分)培養土を入れます。
②芽を傷つけないように注意しながら、球根を斜め横向きに培養土に差し込みます。
③芽の部分が5㎝ほど土に覆われるように、培養土をかぶせます。このとき、大輪種は6号鉢に1球、小~中輪種は4~5号鉢に1球植えが目安です。大きな鉢やプランターに複数の球根を植えるときは、しっかりと間隔をあけてください。

地植えの場合の手順

① 苦土石灰や堆肥を入れて土作りを行います。深さは30㎝程度まで、掘り上げましょう。土作りから2週間ほど経過してから、球根の植え込みを行います。
②球根を植える穴を掘ります。グロリオサの球根は横向きにして浅植えするので、5㎝程度でかまいません。
③横にした球根を穴に置き、芽の位置が表土から5㎝ほどの深さになるよう土をかけます。植えつけ間隔は、30㎝が目安です。

地植えの場合には、上部の葉がなくなったときに、誤って掘り起こして球根を傷つけないように、また、どこに植えたのかわかるように、ラベルを立てるとよいでしょう。

植えたあとは、鉢植えの場合は鉢底から水が流れ出るくらい、地植えの場合はたっぷりと水やりを行います。芽が出ていない球根を植えた場合は、その後は10日くらい水を与えないようにしてください。この間、グロリオサの球根は徐々に水分を吸収し、新しい芽と根を伸ばします。土の表面に芽が出るまでは、水やりは控えめにしましょう。

8.植えつけをするときの注意点はこちらです

植えつけるときに注意したいのは、グロリオサが過湿に弱く、水はけが悪いと球根が腐りやすいということです。必ず通気性と水はけのよい用土を使いましょう。肥料が十分にないと育たないので、芽出しをした球根を植える場合には、植えつけのときに肥料を与え、その後も切らさないようにしてください。

グロリオサは半蔓性植物で、蔓を巻きつけて伸びていくため、生長すると支柱などへの誘引が必要になります。鉢植えの場合は、円筒形の誘引器具を使って、アサガオのような行灯(アンドン)作りにするのが一般的です。このため、器具のスペースを考えて、鉢の大きさを選ぶ必要があります。地植えの場合は、少量なら支柱を立てればよいですが、たくさん植えるときはフェンスなどに誘引するか、ネットを張ります。その点を考慮して、植え場所を決めましょう。

構成と文・高梨奈々

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事