もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 日本三大イルミネーション あしかがフラワーパーク「光の花の庭」で過ごす夢時間

日本三大イルミネーション あしかがフラワーパーク「光の花の庭」で過ごす夢時間

記事 2018/11/06
日本三大イルミネーション あしかがフラワーパーク「光の花の庭」で過ごす夢時間

あしかがフラワーパークの「光の花の庭」は2018年で17回目の開催。栃木県外からも多くの人が訪れる、超人気イベントです。まず「光のバラ園」(上の写真)の華やかさが目をひきます。 「光の花の庭」は、「ハウステンボス光の王国」「さっぽろホワイトイルミネーション」とともに日本三大イルミネーションに選ばれています。9万4000㎡の園内に450万球を超えるイルミネーションを装飾した様は、まるで宝石の海のよう! 光と花に彩られた世界で、夢のひとときを過ごしてみませんか?

11月中旬まではアメジストセージが主役

期間中は3つのテーマに演出が分けられます。

まず、10/27~11月中旬は「光と花のコラボレーション~光とアメジストセージの融合~」。鮮やかな紫色のアメジストセージがイルミネーションを受けて、昼間とは違った表情を見せます。

12月下旬まではクリスマスムード全開

11月下旬から12月下旬は「フラワーパークのクリスマス~クリスマスファンタジー~」。サンタとスノーマンが登場するスノーワールドは、雰囲気たっぷりです。カップルならより親密に、家族なら、いつもよりあたたかい気分になれそう。

元旦からは和テイストに衣替え

そして1/1~2/5は「ニューイヤーイルミネーション~光と冬咲きボタンの競演~」にガラッとチェンジ。正月らしく、ボタンをメインに藁などの和素材を使い、シックなモードに。新しい年への希望がわいてきます。

定番人気の大藤も、もちろんあります

毎年恒例の「奇蹟の大藤」ライトアップも、開園当初は72㎡だったのが1000㎡まで成長しました。まさに奇蹟の光景です。

いずれのイルミネーションも、ほぼすべてがLED電球なので、環境にもやさしいイベント。年末年始の年越しスポットとしてもおススメです。 

Data:あしかがフラワーパーク「光の花の庭 フラワーファンタジー2018」10/27(土)~2019/2/5(火)
ホームページ/https://www.ashikaga.co.jp/flowerfantasy_special2018/jp/
住所/ 栃木県足利市迫間町607
点灯時間/16時30分~21時 ※入場は閉園の30分前まで
定休日/なし
料金:大人900円、子供500円(夜の部の料金)
アクセス/電車の場合…JR両毛線あしかがフラワーパーク駅より徒歩3分または東武伊勢崎線足利市駅よりシャトルバスで30分 ※期間中の土日祝日のみ運行  車の場合…東北自動車道佐野藤岡インターより18分、北関東自動車道太田桐生インターより20分、足利インターより15分、佐野田沼インターより12分 


関連記事