• TOP
  • 記事一覧
  • ボタン(牡丹)を元気に育てるには、適した土作りと定植(植え替え)が必要です

ボタン(牡丹)を元気に育てるには、適した土作りと定植(植え替え)が必要です

ボタン(牡丹)を元気に育てるには、適した土作りと定植(植え替え)が必要です

ボタン(牡丹)は日本国内に樹齢200年以上と伝えられる古木があるほど、本来は長く生きる樹木です。しかし、長寿になるか短命で終わるかの鍵を握る自根は生長がきわめて遅く、その根をしっかり伸ばし、張らせるためにはよい土が欠かせません。ボタンを丈夫に育てるための土について、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.ボタン(牡丹)を育てる前に知っておきたいこと

中国で2世紀ごろから薬用として重宝されていたボタン(牡丹)は、花の美しさから5世紀ごろには観賞されるようになりました。日本へは奈良時代(または平安時代)に薬用植物として伝わり、園芸用としての人気が高まって江戸時代には栽培のための参考書が出版されるまでになりました。

現在、園芸用で広く普及しているのは春咲き品種(春牡丹)で、他に、早春と初冬に花を咲かせる二季咲き系(寒牡丹)があります。また、冬牡丹と呼ばれるものもありますが、これは春牡丹を1〜2月に咲くように温室などで調整したものです。今回は春牡丹を基準に説明します。

ボタン(牡丹)の基本データ
学名:Paeonia suffruticosa
科名:ボタン科
属名:ボタン属
原産地:中国北西部
和名:牡丹(ボタン)
英名:Tree peony
開花期:4〜5月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、紫、複色(絞り咲き含む)
発芽時期:2〜4月ごろ(翌年の花芽形成開始時期:5〜7月ごろ)
生育適期:通年(高温多湿には弱い)

ボタン(牡丹)は一度植え付ければ毎年花を咲かせる落葉低木です。種から育てると最初の花が咲くまでに5〜10年を要するので、苗木から育てるのが一般的です。

苗木が市場に出回るのは、植え付けに適した9〜10月ごろです。市販の苗木はほとんどが同じボタン科ボタン属の草であるシャクヤクを台木にした接ぎ木苗なので、苗から伸びている根はボタン(牡丹)の根ではなく、シャクヤクの根であることを理解しておきましょう。

苗木を植え付けた翌春には花が咲きます。しかし、株そのものの勢いは弱ってしまいます。ボタン(牡丹)の根の成長はきわめて遅く、植え付けて半年ほどでは太さが1cmにもなりません。シャクヤクの根の力だけで花を咲かせたボタン(牡丹)はひ弱で、数年後に枯死しても不思議ではありません。

ボタン(牡丹)は育てるのが難しいと思われがちですが、寒さや乾燥に強く、本来は丈夫で育てやすい植物です(過湿と暑さは苦手です)。一年目は、早い時期に蕾を摘み取って花を咲かせないようにして、ボタン(牡丹)の自根をしっかり育てることが、花を長年にわたって楽しむコツです。

鉢でも露地でも育てることができ、鉢植えの場合も戸外で管理します。

2.よい土は通気、水はけ、水もちに優れています

植物の生長に一番重要なものは、よい土。よい土とは、新鮮な空気、水、養分がある土のこと。古い水や空気がずっと留まることがなく(通気、排水に優れる)、その一方で水もちと肥料もちはよい(保水、保肥に優れる)土のことです。

通気性、排水性、保水性、保肥性のすべてをバランスよく備えているのは、適度なすき間がある土です。さまざまな土の細かな粒子が集まり、小さな塊(団粒)を形成している「団粒構造」の土がそれです。団粒と団粒の間の小さなすき間から空気や水が通り抜けやすく、そのすき間は水分や肥料分を保持するのにも役立ちます。

反対に、すき間のない、粒子がぎっしり詰まった土を「単粒構造」の土と言います。通気も水はけも非常に悪く、根は酸素不足を起こして腐りやすくなります。植物の生長には適していません。

園芸は土作りから始まるとも言えます。基本用土や改良資材、調整資材をブレンドして団粒構造の土を作りましょう。基本用土や資材については、次項「3.種類を知ることが適した土作りへの近道」で説明します。

3.種類を知ることが適した土作りへの近道

植物の生長にとってもっとも理想的な団粒構造の土は、「基本用土」「改良資材」「調整資材」をブレンドして作ります。組み合わせるものの種類や割合は用途によってさまざまに変えるので、用土や資材について多少は知っておく必要があります。

「基本用土」はブレンドする際に全体の6〜7割を占める、ベースとなる土。「改良資材」は土中の微生物を増やして土を肥沃にするための材料。「調整資材」は基本用土の通気性や排水性を高めるために補う材料です。それぞれ、次のようなものがあります。

基本用土

赤玉土
関東ローム層の土を乾燥させて粒状にしたもの。粒の大きさ別に販売されている。通気性、排水性、保水性、保肥性に優れた弱酸性の用土で、植物の栽培でもっともよく利用される。

鹿沼土
栃木県鹿沼地方で取れる粒状の酸性土。火山灰が風化したもので、赤玉土よりも通気性、排気性に優れる。ツツジなど酸性を好む植物に適する。無菌、無肥料のため挿し木の用土としても使われる。

黒土
関東ローム層の表層から取れる黒い火山灰土。火山灰と枯れた植物などの有機物が混ざっており、水もち、肥料もちはよいが通気性や排水性は悪い。肥料を与えても土そのものがリン酸を吸着してしまうため、花実を目的とする植物の栽培には適さない。

改良資材

腐葉土
落ち葉を腐らせたもので通気性、保水性、保肥性に富む。土中の微生物の働きを高める。地植えの植物を暑さや寒さから守るために土の被覆材として使われることも多い。

ピートモス
湿地のミズゴケなどが長時間かけて泥炭化したものを洗浄し乾燥し粉砕したもの。腐葉土に似た性質をもつ。酸度が高いので、もみ殻くん炭や苦土石灰を混ぜて中和するか、酸度調整済みのものを使う。

堆肥
枯れた植物や動物のふんなどを発酵させて腐らせたもの。通気性、排水性に優れる。

もみ殻くん炭
もみ殻を炭化させたもので、通気性、保水性に優れる。強アルカリ性で、酸性土壌を中和する働きがあるが、一度に大量に用いないようにする。

水ゴケ
湿地に自生するミズゴケを乾燥させたもの。十分に湿らせてから使う。通気性、排水性に優れる。

調整資材

バーミキュライト
蛭石(ひるいし)を高温で加熱し膨張させたもの。軽く無菌で通気性、排水性、保水性、保肥性に優れる。挿し木や種まきの用土としても使われる。

パーライト
黒曜石や真珠岩を高温で加熱し発泡させたもの。非常に軽い。通気性、排水性に優れ、水はけの悪い用土に配合する。

軽石
火山から噴出された孔の多い火砕物。通気性、排水性に優れ、基本用土に混ぜるほか、大粒のものは鉢底石として用いられる。

植物を育てるための培養土を自分で作る場合、「基本用土」に「改良資材」を組み合わせるのが基本で、種類と割合は「赤玉土6〜7:腐葉土4〜3」がもっとも一般的です。さらに、環境や植物の性質などに合わせて「調整資材」を加えます。調整資材は基本用土と粒の大きさがほぼ同じものを使いましょう。配合の割合は、重量ではなく容量で表されるので、大型の計量カップがない場合は、受け皿や小さめのバケツなどではかるとよいでしょう。

すでにブレンドされた培養土も数多く市販されています。「バラ専用」「花木・果樹用」「ハンギング・バスケット用」などの用途が表示されているので選びやすく、そのまま鉢に入れて苗を植え付けられるので資材の調達や配合の手間が省けて便利です。肥料が配合されていれば元肥を施す必要もないので、肥料が含まれているかどうかも確認してから購入しましょう。

4.元気に育てるためのボタン(牡丹)の土作り

ボタン(牡丹)は冷涼で乾燥した地域が原産の樹木で、排水と通気のよい、肥沃な土が生育に適しています。

鉢植えで育てる場合

市販の花木・果樹用の培養土を使ってもよいでしょう。通気性、排水性、保水性に優れ、花つきをよくするリン酸分を強化した緩効性肥料が配合されているものが多く、そうした培養土を使えば元肥を施す必要はありません。

自分でブレンドして培養土を作る場合も、通気性、排水性、保水性のよい土になるよう混合します。赤玉土小粒6:腐葉土4に、水はけをよくするために川砂又はパーライトを1割ほど混ぜ込むとよいでしょう。ブレンドした土は微塵(みじん)を抜く必要はありません。

必要な土の量の目安は、8号(口径24cm)鉢で約5.1リットル、10号(口径30cm)鉢で8.4リットルです。

地植えで育てる場合

水はけの悪い粘土質の土壌を避け、日当たりのよい場所を選びましょう。その場所の土に、改良資材である腐葉土または堆肥を混ぜ込んだものが用土となります。地植えは、苗木を植える作業そのものより植え場所の整備に時間と手間がかかるので、植え付ける2週間前には土作りに取りかかるのがよいでしょう。作業の手順は次のとおりです。

① 植え場所全体の雑草を抜き、シャベルかクワでできるだけ深く(目安は50cm)耕す

② 掘り上げた土に腐葉土または堆肥を3割ほど加えてよく混ぜ合わせる

③ ②を2週間寝かせる

②までの作業を、できれば7月のうちに済ませておきましょう。苗木を植える9〜10月には土と改良資材がしっかりなじんでいます。土が過湿状態になるのを防ぐために、植え場所をれんがや玉石で囲い、地面から15cmほど高くなるように土を盛ってもよいでしょう。

5.ボタン(牡丹)の定植(植え替え)の時期と頻度

市販の苗から育て始めるときは、定植(植え替え)作業が必要になります。鉢植えも地植えも、適期は暑さが遠のいた9月中旬から10月下旬です。

ボタン(牡丹)は植え替えを好みませんが、露地に植え付けた直後に場所が適していないとわかった時や、鉢に植え付けて3〜5年後に生育が悪くなった場合などは植え替えを行います。植え替えの適期も定植の適期と同じです。

6.土のほか、定植(植え替え)時に準備したいもの

ボタン(牡丹)を鉢植えで育てる場合と、地植えで育てる場合とでは、定植(植え替え)に必要なものが多少異なります。それぞれ次のものを準備してください。

鉢植え・地植えで共通して準備するもの
・ボタンの苗木 *植え替えの場合はボタンの株
・割り箸など細い棒 *植え替えの場合
・剪定バサミ
・木酢
・ジョウロ

鉢植えで育てる場合に準備するもの
・適した土(花木・果樹用の培養土、または前述のブレンド土)
・8号(口径24cm)以上の駄温深鉢
・鉢底ネット
・ゴロ土(赤玉土などの大粒のもの)
・緩効性肥料 *肥料を含まない培養土を使う場合
・土入れまたはスコップ
・ラベル(品種名記載用)

地植えで育てる場合に準備するもの
・シャベル
・緩効性肥料
・わら、落ち葉、腐葉土など(土の被覆用)

鉢植えで育てる場合に必要な土の量の目安は、8号(口径24cm)鉢で約5.1リットル、10号(口径30cm)鉢で約8.4リットルです。鉢は、プラスチック製より陶器や磁器製、釉薬を施したものより駄温鉢など素焼きのもののほうが通気性がよく、ボタン栽培には深さのある駄温鉢がおすすめです。

7.ボタン(牡丹)の定植(植え替え)方法が知りたい

9〜10月にボタン(牡丹)の苗木を購入したら、あまり時間を空けずに鉢や露地に植え付けましょう(定植)。定植の手順は次のとおりです。

鉢に定植する場合

① 苗木の切り戻し(接ぎ木部近くの1〜2芽だけを残し、幹を短く切り詰める)をする

② ①を木酢20倍液(又は殺菌殺虫剤)に30分ほど浸す(殺菌及び病害虫予防)

③ 鉢の底にネットを敷き、ゴロ土を高さ3cmほど敷く

④ 苗木の位置を決め、市販の培養土または配合しておいた用土(「4.土作り〜」を参照)を加える(苗全体を覆うように盛る)

⑤ 植え終えた苗の周囲に緩効性肥料(有機配合肥料でも化成肥料でもよい)を施す

⑥ 用土が湿る程度に水やりをする

⑦ 品種名を記載したラベルを挿す

露地に定植する場合

①〜② 鉢に定植する場合と同じ

③ あらかじめ土作りをした植え場所(「4.元気に育てるためのボタン(牡丹)の土作り」を参照)に、直径30〜40cmで、接ぎ木部が10cmほど埋まる深さの植え穴をシャベルで掘る(隣の株とは80cmほど離す)

④ 植え穴に苗木を収め、土で覆う(少し山になるように盛る。全体が隠れてもよい)

⑤ 植え終えた苗の周囲に緩効性肥料(有機配合肥料でも化成肥料でもよい)を施し、表面2〜3cmの土と浅く混ぜ合わせる

⑥ 土が湿る程度に水やりをする

⑦ 土が乾燥しすぎるのを防ぐために、わらや腐葉土などで株元を覆う

切り戻しは、シャクヤク台木の根の回復を優先させるために、翌春に花を咲かせないようにするために行います。苗木の接ぎ木部(シャクヤクの台木とボタンの穂木との境目)が必ず隠れるように土で覆いましょう。

一度定植した株を植え替える場合

地植えした環境が合わなかった、数年間栽培していて生育が悪くなったなどの理由で、鉢や庭に定植したボタンを別の場所に植え替えることもあるでしょう。その際は次の手順で行ってください。

①植え替える株を掘り起こし、根が傷まないように注意しながら根先の土を落とす

②黒っぽく変色している古い根は、長さを半分ほどに切り詰める

③前述の「鉢に定植する場合」または「露地に定植する場合」の①〜⑦を行う

8.定植(植え替え)をするときの注意点はこちらです

苗木を定植するときは、接ぎ木部(シャクヤクの台木とボタンの穂木との境目)が空気に触れているとボタンの自根が出ないので、土でしっかり覆いましょう。

ボタンは植え替えをしない前提で育てるので、鉢や植え場所はよく考えて決めましょう。それでも移植の必要が生じたら、鉢から鉢に移す場合は、それまでより1〜2号大きいものに植え替えます。株を大きくしたくない場合は、根をやや多めに切除し、枝を切り詰めて地上部もコンパクトにしてから同じ大きさの鉢に植え替えましょう。

植え替え後、根と土をなじませようと鉢を揺らしたり、土を棒などで突いたりせず、水やりでなじませるようにします。ただし、根が育ちにくくなるので、水は与えすぎないように注意しましょう。

構成と文・橋 真奈美

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事