• TOP
  • 記事一覧
  • ダリアの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

ダリアの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

記事 2018/04/19
ダリアの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

初夏から秋にかけて、美しく花壇を彩り、切り花にもよく使われるダリア。その豊富な花色と花姿から、広く親しまれ愛されているダリアは、ガーデニング初心者でも比較的育てやすい花です。ダリアの花を美しく咲かせ、よい状態で楽しむために大切なのが、剪定です。ここでは植物の剪定についての基本とともに、ダリアの剪定の仕方を詳しく紹介します。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.ダリアを育てる前に知っておきたいこと

ダリアは、メキシコやグアテマラに自生する多年草です。古くから世界中で栽培され、品種改良が重ねられて、今までに作られた品種は3万品種を超えるといわれています。

ダリアの基本データ
学名:Dahlia
科名:キク科
属名:ダリア属
原産地:メキシコ、グアテマラ
和名: 天竺牡丹(テンジクボタン)
英名:Dahlia
開花期:5~11月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、茶、黒、複色
発芽適温:20~25℃
生育適温:15~25℃
切り花の出回り時期:オールシーズン 
花もち:5~7日 

ダリアは日当たりと風通しのよい場所を選び、その性質さえ知って育てれば、栽培は難しくありません。基本的には春植え球根植物で、地域によって異なりますが、発芽適温は20℃以上。植えつけ適期は、ソメイヨシノが開花する頃から梅雨があける前が目安です。3月下旬から7月上中旬までに植えつけましょう。寒冷地では、霜の降りなくなる頃に植えつけます。

また、一年草のように、種から育てられるミニタイプの品種(実生ダリア)が多数あります。発芽適温は20℃なので、暖かくなった4月中旬~4月下旬が種まきの適期です。

初夏から咲き始め、夏の猛暑を耐えて、秋に最花期を迎えるダリアには、苦手なものがふたつあります。ひとつは日照不足。日当たりが悪いと、花のつき具合が悪くなります。もうひとつは高温多湿。特に、30℃を超える季節の直射日光や強い西日、コンクリートの照り返しはNGです。

鉢植えで育てる場合は季節によって移動できるように、地植えの場合は遮光ネットやよしずを使いやすいように、栽培場所を考えて育てましょう。

2.ダリアに剪定って、じつは必要です

剪定とは、植物の姿形を整えたり、風通しをよくしたりする作業のことです。見た目を美しくするだけでなく、養分を効率よく利用させて生育を促進させたり、開花や結実の調整をしたり、病害虫の繁殖を予防したりする効果があります。剪定=庭木の枝切りと思いがちですが、じつはそれだけではないのです。

ガーデニングは盆栽と違うのだから、植物には自由にスクスク育ってほしい、なるべく自然のままに、と思う人も多いかもしれません。でも、剪定することで日当たりや風通しがよくなり、病害虫の予防にもなるのですから、植物の健康を保つために欠かせないお手入れであると理解して、行うようにしましょう。

特にダリアの場合、きれいな花を楽しむために、剪定というメンテナンスは欠かせません。放っておくと小枝ばかりが多くなり、栄養分が分散されて花が育ちにくく貧弱になり、枝はぼうぼうと上に伸び、風雨により、とても倒れやすくなります。

ダリアは1茎1輪咲かせるのが原則。そのためには以下の剪定をこまめに行うことがポイントです。

脇芽かき
頂芽ではない生長点=茎の根元から出る芽(枝)をハサミでカットすることをいいます。

摘芯
茎の先端にある芽(頂芽)を摘み取ること。ピンチとも呼ばれます。脇芽が増えるので茎数も増え、つく花数も多くなります。

切り戻し(※)
伸びた枝や茎を短く切り詰めること。姿やバランスを美しく整えるだけでなく、日当たりや風通しがよくなります。

※切り花で、花の水あげをよくするために、茎の根元を新しく切り直すことも「切り戻し」といいます

3.知りたい! 剪定する目的とメリット

脇芽かきの目的とメリット

ダリアは生長するにつれ、枝の節々から全部脇芽が出てきます。その脇芽を放置しておくと、枝分かれがどんどん進んで栄養分が分散し、花が育ちにくく貧弱になります。たとえ大輪品種でも、大輪には咲きません。それを防ぐためには、こまめな脇芽かきが必要です。

摘心の目的とメリット

種類によっても異なりますが、ダリアは自由に生長させると、草丈がどんどん上に伸びます。初夏に咲き始めたダリアは、開花を控えることで猛暑をのりきり、再び秋に本格的な開花を迎えますが、その間にも草丈は伸び続け、豪雨や強風で倒れやすくなります。また、下のほうは葉が絡み合うようなジャングル状態になり、日当たりも風通しも悪く、ダリアが嫌う過湿状態に陥る危険性があります。

ダリアを摘心する目的は、そんな伸び放題になりやすい草丈を抑制する点にあります。そこから生じるメリットはふたつ。ひとつはジャングル状態を回避して、過湿状態を防げること。もうひとつは、摘心することで花数を制限して、より美しい花を次々に咲かせ、長く楽しめるようになることです。これは「仕立て方」にも関連するので、詳しく後述します。

切り戻しの目的とメリット

摘心後もダリアはぐんぐん育ちます。脇芽が伸びて葉が多くなると、土に近い根元のほうは蒸れやすく、風通しが悪く、ダリアが苦手なジメジメ状態になってしまいます。

切り戻しをする目的は、そうした過湿状態を防ぐことです。日当たりや風通しがよくなって、ダリアが元気になるのはもちろん、切り戻しをすることで新しい枝が出て、数多くの花が美しく咲くようになります。

4.剪定に適した時期を、見極めましょう

ダリアの剪定は、その目的によって、適した時期が異なります。言い換えれば、適期ではない時期に、剪定をしてはいけません。

特にダリアは大輪種と中小輪種では仕立て方が異なるので、剪定の方法が違ってきます。ここでは、わかりやすく仕立て方別に紹介します。

大輪種の場合~天花仕立て~

球根から出た主茎を伸ばし、その頭に大きな一番花を1輪だけ咲かせ、二番花で複数の花を咲かせる「天花仕立て」という方法で育てます。

まずは、定植後3~4週間して芽が2~3本出たときに、太くて元気のよい芽を残し、ほかは間引きします。

摘芯する時期は、主茎が5~6節に伸びたときです。地ぎわに近い下3節ほどの芽は残し、それより上の各節に出る脇芽を全部かきとって、天花に精力を集中させ、一番花を咲かせます。

一番花が終わったら花の下で切り落とし、残しておいた脇芽に二番花を咲かせます。残した脇芽はいずれも基部の1節だけ芽を残し、あとはかきとっておきます。こうしていくと丈が低く、茎のがっちりしたダリアに仕立て上がると同時に、一番花1輪、二番花3輪、三番花では6輪程度と、生育が進むにしたがって花数を増やして楽しむことができます。

中小輪種の場合~摘心仕立て~

一番花から複数の花を咲かせ、摘心することで枝数を増やしていく方法です。定植後3~4週間して芽が2~3本出たときに、太くて元気のよい芽を残し、ほかは間引きします。

主茎が地表から2~3節伸びたところで頂芽を摘心します。残した2~3節の脇芽を生長させて約4~6本の茎立ちにし、この茎に一番花を咲かせます。開花までの間も各枝からは脇芽が出てくるので、下の3節ほどの脇芽は残して、ほかの脇芽をすべてかき取っておきます。

一番花が終わったら花がらを摘み取り、残しておいた脇芽を生長させて二番花を咲かせます。

切り戻しの適期と方法

初夏に咲き始めたダリアは、本格的な夏になると、開花を控えて暑さをのりきろうとします。秋に再び花を咲かせるためにも、天花仕立て、摘心仕立てとも、この時期に草丈の半分くらいで切り戻ししておきましょう。適期は7月下旬~8月上旬です。下から3~4節を残し、その上は切断します。このとき、健全な緑色の葉を必ず3~4枚くらい残しておくと、草姿も整って秋の花がまた楽しめます。

ただし、ダリアの茎は空洞なので、切り口から雨水や病原菌が入り、腐ってしまうことがあります。切り口をよく乾燥させてからアルミホイルなどで覆い、さらに紐で縛ります。茎の空洞に水が溜まるのを防ぎます。乾燥させずに覆いをすると、茎自身から出る水分によって内部が蒸れてしまい、やはり腐敗につながります。万が一、中に水がたまってしまった場合は、節の上に縦に切れ目を入れて排水してあげましょう。

また、夏の暑さや病害虫でダメになってしまった場合、切り戻しすることで、新しい芽が出て、秋に花が咲くチャンスが生まれます。この場合は、地上部にひとつ以上の節を残すようにして、地ぎわから30~40㎝ のところで主茎を切り落とします。残した節に葉や脇芽、枝分かれした茎がついていても一緒に切り落としてください。やがて主茎から脇芽が伸びてきますが、それらをすべてかき取り、地中または地ぎわから伸びてきた芽だけを残して、育てていきます。

5.剪定のポイントは、枝や茎の選び方です

ダリアの剪定で気をつけたいのは、脇芽かきと摘心です。

脇芽かきとは、頂芽ではない生長点=葉茎の根元から出る芽(枝)をハサミでカットすることです。一方、摘芯とは茎の先端にある芽(頂芽)を摘み取ること。枝となる部分を切るか、つぼみをつける部分を切るか、では花姿はもちろん、開花にも大きく影響してきます。脇芽と頂芽を間違えないようにしましょう。

また、脇芽かきで気をつけたいのは、下の節の脇芽は残して、上の節の脇芽を取ることです。下の脇芽を残して育てると、背が伸びすぎるのを抑えて、どっしりとした株に仕上がりますが、上の脇芽を残すとバランスが悪く倒れやすくなるので注意しましょう。

6.ダリアの剪定には、コツがあります

ダリアの剪定のコツは、「花の大きさに応じた仕立て方をする」ことに尽きます。

せっかく育った芽を切り取るのはかわいそう…、ハサミを入れるなんて怖い…という声をガーデニング初心者からよく聞きますが、植物の剪定は人間にたとえると“散髪”や“爪切り”のようなもの。傷つけたり、生命に害を及ぼしたりする作業では決してありません。むしろ、ダリアが元気に快適に、たくさんの花を咲かせるために必要なケアだと考えて、行ってあげましょう。

7.剪定をするときの注意点はこちらです

ダリアに限らず、植物を剪定するときはよく切れる園芸用の剪定バサミを使いましょう。キッチンバサミや文房具のハサミしかないから…という初心者が少なくありませんが、ヘアカットをするのにキッチンバサミを使わないのと同じく、植物のことを思うなら、やはり園芸用の剪定バサミを使ってあげたいもの。先が細いものは細かい作業に便利です。

また、そのハサミを“清潔”な状態で使うことが重要です! いろいろな植物を育てている場合、道具を媒介として病気が移ってしまうことがあるからです。病気にかかった植物を切ったあとには、消毒が必要になります。ただし、罹病しているかどうかの判断はたいへん難しいため、剪定作業を行ったあとは必ず薬局で売られている消毒用エタノールに浸けたり、バーナーなどでハサミの刃の部分を焼いたりして殺菌するように心がけます。

普段のお手入れは、使用後に水で洗い、水分をよく拭き取ってから、オイルを塗っておく程度で大丈夫です。

構成と文・岸田直子

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事