もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • ゲッケイジュ(月桂樹)の正しい剪定方法と時期やコツ! 初心者が注意したいポイントとは?

ゲッケイジュ(月桂樹)の正しい剪定方法と時期やコツ! 初心者が注意したいポイントとは?

記事 2018/11/30
ゲッケイジュ(月桂樹)の正しい剪定方法と時期やコツ! 初心者が注意したいポイントとは?

地中海沿岸原産のゲッケイジュ(月桂樹)。明治時代にフランスから渡来した常緑性の低木〜高木です。葉は、揉むとよい香りがします。スポーツなどで勝者に贈られる月桂冠としても有名です。ゲッケイジュ(月桂樹)はとても生育旺盛な植物です。放っておくとどんどん大きくなってしまいます。株をコンパクトに維持し、また病害虫の発生を抑え、花をつけさせるためには剪定が必要です。ここでは、ゲッケイジュ(月桂樹)を選定する適切な時期や適切な方法を紹介します。監修・宮内泰之(恵泉女学園大学准教授)

1.ゲッケイジュ(月桂樹)を育てる前に知っておきたいこと

ゲッケイジュは初心者にも育てやすい庭木のひとつですが、剪定を始める前に、上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。

ゲッケイジュ(月桂樹)の基本データ
学名:Laurus nobilis
科名:クスノキ科
属名:ゲッケイジュ属
原産地:地中海沿岸
和名:ゲッケイジュ(月桂樹)
英名:laurel
開花期:4〜5月
花色:淡黄色
植え付け時期:4月または9月
耐寒気温:−8℃

乾燥した葉はローリエ、ローレルなどと呼ばれ、煮込み料理に使われる

ゲッケイジュは樹高10mを超えることもある常緑性の低木〜高木です。雌雄異株で、4月から5月に淡黄色の小さな花をかたまって咲かせます。果実は、やや艶のある黒紫色で、楕円形です。絞るとオイルを取ることができます。葉は芳香があり、乾燥させたものはローリエ、ローレルと呼ばれています。煮込み料理によく使われ、臭みを消す効果があると言われています。

ゲッケイジュは、ギリシア神話のアポロンの聖樹とされています。また、古代ギリシアでは、勝利と栄光のシンボルとして、月桂樹の葉と枝で編んだ月桂冠を勝者に与えていました。そのことから、オリンピックやF1レースの勝者を讃える冠に使われることでもおなじみです。

2.ゲッケイジュ(月桂樹)に剪定は必要なの?

ゲッケイジュはとても生育旺盛な植物です。芽吹く力や枝の伸びる勢いが強いので、年に2、3回剪定を行います。剪定の最適期は、3月から4月上旬です。不要枝と樹冠から出た枝を間引いて、木全体のバランスを見ながら風通しと日当たりを改善し、コンパクトにしましょう。多少短く切り戻しても生育には問題ありません。

また、円柱形やスタンダード仕立て(1本の幹だけを垂直に高く伸ばし、その頂部だけに枝や葉を茂らせる仕立て方)、玉仕立て、トピアリー(樹木を球形などの幾何学形や動物などに似せてかたどる仕立て方)などの仕立ても楽しむことができます。これらの仕立ては、洋風の庭によく似合います。

3.ゲッケイジュ(月桂樹)を剪定する目的・メリットは?

木の枝を切り、樹形を整えることを「剪定」といいます。その目的やメリットは主に6つあります。

① 木が大きくなりすぎるのを防ぐため、枝の広がりを抑え、コンパクトにする。
② 枯れた枝や病害虫の被害を受けた枝を取り除く。
③ 病気や害虫の発生を予防して木を健全に育てるため、樹冠内部の日当たりと風通しをよくする。
④ 樹形を美しく整える。
⑤ 花や実のつきをよくする。
⑥ 古い枝を新しい枝に更新する。

樹木を健康に美しく保つ剪定は、欠かせないお手入れのひとつなのです。

4.ゲッケイジュ(月桂樹)の剪定に適した時期はいつ?

樹木の種類による剪定の適期

樹木の種類によって剪定の適期があります。常緑針葉樹は、厳冬期を除いた冬から早春が適しています。常緑広葉樹は、春から梅雨期の前半、そして秋に。落葉広葉樹は、冬から早春に行います。花木は花後のなるべく早い時期が適期です(樹木によっては例外もあります)。

3〜4月がゲッケイジュ(月桂樹)の剪定の最適期

常緑広葉樹であるゲッケイジュも例外ではなく、剪定の最適期は3月から4月上旬です。春の剪定が基本ですが、真夏と厳冬期を除けばいつでも剪定できます。

刈り込みと間引き剪定

ゲッケイジュはとても生育旺盛な植物です。横に広がりにくいですが、樹高が高くなりやすいので、放っておくと樹高が高くなります。刈り込み物の場合は、年に1、2回は刈込ましょう。刈り込まずに仕立てる場合は、年に1回、3〜4月に樹冠から出た枝を根元から間引き、木全体をコンパクトにします。萌芽力が強く、枝数が増えやすいので、強く切り詰めても問題ありません。

また、不要な枝を間引き剪定します。間引き剪定とは、生育期に混み合ってきた枝や枯れ込んできた枝を根元から取り除くことです。ひこばえも伸びやすいので、それらも根元から切ります。これは、2〜8月の間に行うとよいでしょう。

5.ゲッケイジュ(月桂樹)の剪定方法が知りたい

ゲッケイジュを剪定するための具体的な方法を紹介します。

剪定方法

① 高さを抑える
幹が高く伸びていたら、樹形を維持するために樹冠内部の枝分かれしているところ(枝の付け根)まで主幹を切ります。

② 不要な枝を間引く
枝葉が茂りが混み合ってくると、日当たりや風通しが悪くなり、木が弱ったり、病害虫の発生が増える原因になります。そこで、太く長い枝や混み合った枝、交差する枝などをつけ根から切り取りって間引きます。枝数を減らして樹冠内部の日当たりや風通しを図るようにしましょう。

③ 新芽を切る
6月ごろの新芽が出た後に新芽を切っておくと、成長を止めることができます。これにより、樹高が高くなりすぎるのを防げます。

刈り込みの方法

① 不要な枝を切る
最初に、樹形を乱すような長く飛び出た枝を剪定バサミで樹冠内部の付け根から切りましょう。

② 刈り込む
次に、天端(樹木の上面部)から側面上部、側面下部の順に刈り込んでいきます。側面が伸びすぎている場合は側面上部から刈り込むと天端が刈り込みやすくなります。前年に刈り込んだ部分を目安に、刈りバサミで刈り込みます。このとき刈り込みバサミは利き手側の刃のみ動かし、反対の手は脇をしめて刃先がぶれないようにします。

③ 仕上げる
ある程度刈り込んだら少し離れて見て、樹形を確認してみましょう。形が悪い部分があれば整えていきます。形が決まったら、枝についた、引っかかった枝葉を払い、きれいにします。

6.ゲッケイジュ(月桂樹)の剪定する枝を知りたい

剪定で大切なのは、切るべき枝を知ることです。ここでは、切ってもよい枝の特徴を紹介します。

じゃまな枝

高く伸びた枝、横に広がる枝、混み合っている枝は、伸びて葉が茂ると樹冠内部の日当たりや風通しを悪くし、通行等の支障になり、樹形を乱します。枝の付け根から切り取りましょう。

不要な枝(不要枝、忌み枝)

枯れた枝、折れた枝、病害虫の被害を受けた枝などの不要な枝について以下に説明します。これらの不要枝は樹形を乱し、葉が混み合う原因となります。付け根から間引くように切り取ります。

からみ枝、交差枝:ほかの枝と交差して伸びる枝。
ふところ枝(内向枝):内向きに伸びる枝。
立枝:真っすぐ立ち上がって伸びる枝。
平行枝:隣接して同じ方向に伸びる枝。
下り枝:下向きに伸びる枝。
車枝:一カ所から放射状にたくさん出る枝。

その他、胴吹き、ひこばえ、細く貧弱な枝などがあります。

古くなった主枝

その木の骨格をつくる枝を主枝といいます。5年以上たって古くなった主枝はもとの部分から切り取って新しい主枝に更新します。その際、切り取った部分に将来的に主枝になりうる程度の太さの枝が残るようにしましょう。

徒長枝

節間が間延びして樹冠からはみ出すほど勢いよく伸びる枝のことです。切ってよい場合がほとんどですが、必要ならば途中まで切り戻して一部残し、後に不要になったら元から切る場合もあります。ゲッケイジュでは、樹冠から出ている枝を付け根から間引くか、切り詰めるようにしてください。徒長枝を剪定することで樹冠を整えることができます。

下枝

樹木の下部に生えた枝です。下枝を残しておくと茂り過ぎてしまい、風通しが悪くする原因となります。付け根から間引くようにしましょう。ただし、下枝を残した樹形にしたい場合はそのままでも問題ありません。

7.ゲッケイジュ(月桂樹)を剪定するときのコツ・注意点は?

横よりも縦方向に伸びる

ゲッケイジュは横に広がりにくいのですが、樹高が高くなりやすいので、コンパクトにまとめたいときは、高さを抑えるために主幹を切り戻します。

萌芽力が強く、枝数が増えやすい

ゲッケイジュは萌芽力が強く、枝数やひこばえが増えやすいため、これらを間引いて数を調整するとよいでしょう。

風で倒れやすいので風通しよく

土壌が浅い場所で、根が浅く、大きく育ってしまうと風で倒れてしまう可能性もあります。それを避けるため、高さを低く剪定したり、枝葉をすかして風通しをよくしておくとよいでしょう。また、風通しをよくしておけば、病害虫の予防にもなります。

剪定というと難しく感じるかもしれません。ですが、何度か剪定を行ううちに、コツやポイントがつかめてきます。適期に剪定を行い、きれいな樹形を保ちましょう。

構成と文・さいとうりょうこ

監修宮内泰之


関連記事