もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • コーヒーノキ(コーヒーの木)の水やり方法。元気に育てるための適切なタイミングと間隔

コーヒーノキ(コーヒーの木)の水やり方法。元気に育てるための適切なタイミングと間隔

記事 2018/12/01
コーヒーノキ(コーヒーの木)の水やり方法。元気に育てるための適切なタイミングと間隔

コーヒーは大きなブームとなっていますが、じつは観葉植物としても人気です。室内で楽しむには最適で、うまく育てれば意外と簡単に花と実を楽しむことも期待できます。ここではコーヒーノキ(コーヒーの木)を育てるうえで最も基本的な作業の水やりについて、与え方やタイミング、季節ごとの注意点や失敗例など詳しく解説します。

1.コーヒーノキ(コーヒーの木)を育てる前に知っておきたいこと 

コーヒーノキは主に鉢植えで育てますが、水やりは最も多く行う作業です。簡単と思われがちですが、じつはとても奥が深く、水やりが原因で植物がうまく育てられない初心者も多いようです。植物が生育し生きていくために重要な水やりについて、正しく知ることが植物を育てるうえで大切です。水やりについて知る前に、まずコーヒーノキの基本情報を知っておきましょう。

コーヒーノキの基本データ
学名:Coffea arabica
科名:アカネ科
属名:コーヒーノキ属
原産地: エチオピア
和名:コーヒーノキ
英名:Arabian Coffee
生育適温:15〜25℃

艶のある緑の葉が美しい常緑低木で、剪定せずに樹形が自然に整います。園芸店だけでなく雑貨店や100円ショップまで広く販売され、株は簡単に入手できます。また日光不足によく耐えるため、室内で育てられる観葉植物として人気があります。本来は日光を好みますが、暑い夏の強光線に当たると葉が傷んで茶色く枯れます。寒さには弱いですが、中サイズ以上の株なら室内で容易に越冬します。家庭でも適切に管理すればコーヒーの実をならせて収穫できるので、自家製コーヒーを作って味わうのも十分可能でしょう。

種子がコーヒー豆として利用される種類はいくつかありますが、アラビアコーヒーノキから収穫されるコーヒー豆が、流通量の7割を占めます。一般に観葉植物として流通するのもアラビアコーヒーノキです。

白い芳香のある花は葉の付け根にまとまってつき、一度花がついた部分には再度花は咲きません。きれいな赤い果実はチェリービーンズと呼ばれ、果肉には甘味があります。果実の中に2つのタネがあり、コーヒー豆として利用されます。

2.水やりの方法とそのタイミング

よく育っていた株も、1回の水やりの失敗で枯れてしまうこともあります。植物を育てるうえで最も基本的で重要な作業なので、たかが水やりと思わないようにしてください。

用土の水分量は、水やりする間隔で調整します

水やりしすぎても植物は生育が衰え、また枯れる原因になります。主な原因は水やり時の水の量ではなく、与える間隔によります。植物の種類にもよりますが、多くの場合は鉢土の表面が乾いてから水やりするのが基本となります。常に用土が湿っていると、根が呼吸できなくなってしまい、根腐れを起こします。根が呼吸して健全に活動、生育するためには、用土の乾燥と濡れた状態が適度に繰り返されることが大切です。

用土の乾き具合は、温度や風通し、日光の当たり具合などの環境的要因と、用土や鉢の質、株の大きさや生育状態などによって変わります。水やりは「何日ごとに1回」などと書かれていることが多いですが、あくまでおおよその目安です。日々の観察で用土の乾き具合を把握することが、水やりの基本です。

水を与える量は、たっぷり与えるのが基本です

鉢底から水が多く流れ出るまで、たっぷりと与えます。初心者に多い失敗が、表面だけ濡らす程度の水やりで終わってしまう事です。下の根の部分まで水がいかないので水不足になり、いつも繰り返していると生育が衰え、葉数も少なくなります。

また水が流れ出るまで与えても、水が浸透していないことがあります。根詰まりなどで固くなってしまった用土やピートモスの多い土は、乾燥すると水をはじくようになります。そのような場合は、数分程度時間をあけて2~3回水やりすると、だいたいの場合は水が浸透します。

さらに確実なのは腰水と言われる方法です。バケツなどに鉢植えを入れてから鉢の半分程度の高さまで水を貯め、1~2時間水に漬けます。

水やりする時間は?

朝に水やりするのが基本です。温度が上がる昼に最も多く水分を必要とするので、昼までに水分を吸収するようにします。種類によっても違いますが、夕方の水やりは水分過多によって軟弱になったり、根が傷む原因にもなります。

夏の暑い時期は、日中の水やりを避けてください。鉢内の水が温度上昇してお湯のようになり、鉢内が蒸れて根腐れを起こします。またひどく高温乾燥が続く時は、1日2回、朝夕の水やりが必要なときがあります。

水切れでしおれていたら?

葉がしおれているのを発見したら、日中でもすぐに水やりしたほうがよいです。暑い時期に日当たりのよい場所に置いてある鉢植えは、日陰の涼しい場所に移してから水やりしてください。またその場合は鉢内の土が熱くなっている場合が多いので、鉢底から流れ出す水が冷たくなるまでたっぷりと与えるとよいでしょう。

植物の性質に合った水やり

園芸植物の原産地は、ジャングルのような熱帯雨林や湿地、砂漠のような乾燥地、雨季と乾季がはっきりした地域、夏涼しく冬温暖な地域など様々です。多くの植物は鉢土の表面が乾いたら水やりしますが、湿地の植物は乾かさないようにほぼ毎日、乾燥地の植物は鉢土が完全に乾いてから水やりします。植物の種類によって水やりも変わるので、植物の性質を把握して水やりすることが大切です。また原産地の環境を知ることで、より適切な水やりをすることができます。

調子が悪い時の水やりは?

葉が落葉するなど、株の調子が悪い時は根が傷んでいる可能性が高いです。そのようなときに水を多く与えると、ますます根が傷んでさらに株が弱ることが多いので注意してください。ただし水が用土に浸透していないために株が弱っている時は、不完全な水やりが原因です。鉢から根鉢を抜き、底の部分まで水が浸透しているか確認すると確実です。

調子が悪い時は休眠期の管理と同様に、水やりを控え気味にするとよいでしょう。鉢土の表面が乾いてもすぐに水やりせず、数日待ってから水を与えます。

3.コーヒーノキ(コーヒーの木)の水やり

水やりの頻度

コーヒーノキも多くの植物と同様に、鉢土の表面が白っぽく乾いてから水やりします。ただし小さいサイズの株は乾きやすく、水やりの回数が多くなります。また水切れで深刻な被害になりやすいので、特に注意してください

水やりのコツ

水やりの際は、鉢底から水が多く流れ出るまでたっぷりと与えてください。不必要な成分が溶けた古い水が洗い流され、新鮮な酸素も供給されます。

よく生育した葉の多い株はほこりもたまりやすく、またダニやカイガラムシなどの病害虫も発生します。生育期は室内にある株も戸外や浴室に移動し、葉の裏まで株全体に水がよくかかるように水やりしてください。ほこりも洗い流され、病害虫の予防にもなります。ただし暗い場所に置いてある株を急に日光がよく当たる場所に置くと、葉が茶色くなって枯れる葉焼けを起こすので注意してください。

水やりの確認方法

鉢土の表面が白っぽく乾いてから水やりするのが基本です。ただし用土の種類によっては、よく分からないことがあります。指先で触って確かめるのもよいでしょう。

確実なのは、鉢の重さで判断することです。用土が湿っている場合の重さを鉢を持ち上げて確認しておき、比較して軽くなったと感じたら用土が乾いています。

4.水やりは季節によって変わります

春・秋

生育期に入ったコーヒーノキは、鉢土の表面が乾いてから水やりします。4月と11月は急に冷え込む時がありますが、そのような場合はできるだけ水やりは控え、与えたときは保温に注意すると安全です。

高温乾燥が激しく、毎日の水やりが必要になる場合があります。置き場や株の状況によって乾き具合が異なりますが、毎日用土の乾き具合をチェックするようにしてください。

小株を日当たりのよい場所に置く場合は乾燥が激しいため、毎日水やりしたほうがよいでしょう。また厳しい暑さと乾燥が続く時は、朝夕2回の水やりが必要な場合があります。

11月から12月に最低温度が10℃を下回るようになると、株の生育が止まり休眠期に入ります。休眠期は水やりを控えるようにします。鉢土の表面が乾き、さらに3日ほど経過したら水やりしてください。また寒い時期の水やりは、早朝より温度が少し上がった10時から11時くらいがよいでしょう。水も冷たい水道水をそのまま使うのではなく、20℃くらいに少し温めてから与えると理想的です。

暖房が入った室内は、意外と用土が乾燥する場合があります。鉢土の乾き具合のチェックを怠らないようにして、水切れさせないよう注意してください。また暖房で空気が乾燥しやすいので、こまめに葉に霧吹きして湿度を保つとようにしてください。

5.コーヒーノキ(コーヒーの木)の水やりの注意点が知りたい

水やりするときは鉢底から水が十分あふれ出すまで与えますが、鉢皿に貯まった水をそのままにすると、根腐れの原因になります。コーヒーノキは排水のよい状態を好み、水分が停滞するのを嫌います。受け皿に水が貯まっていると、与えた水が長く乾かずに停滞します。受け皿の水はすぐに捨てるようにしてください。

コーヒーノキはピートモスを使った用土でよく植えるほか、購入した鉢植えがピートモスだけの用土が使われていることもあります。ピートモスは乾くと水を弾くので、1回の水やりでは用土に浸透していない可能性が高く、注意が必要です。

監修と構成と文・小川恭弘

監修小川恭弘


関連記事