• TOP
  • 記事一覧
  • ポインセチアの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ポインセチアの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ポインセチアの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

冬の気配が日ごとに増してくるなか、ほっこりとしたクリスマスディスプレイにひと役買うのがポインセチアです。別名クリスマスフラワー。花びらのように見える赤い苞(ほう)と緑色の葉が美しいポインセチアは、キリスト教圏では赤はキリストの血を、緑は永遠の命を表しているとされています。そんなポインセチアが日本に入ってきたのは、明治時代。いまや、品種改良によって色数がぐっと増えました。一時のシーズン物で終わらせず、育ててみませんか。ポインセチアを長く楽しむために、ここではその管理方法を見てみましょう。All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

1.ポインセチアを育てる前に知っておきたいこと

ポインセチアは、常緑低木です。メキシコ原産なので耐寒性はなく、苞が美しく色づく冬の観賞期間は基本的に屋内で楽しみます。花の少ない季節を華やかに彩ってくれるうえに、このポインセチアだけで、赤、白、緑のクリスマスカラーを揃えることができるので、このシーズンに欠かせない観葉植物として親しまれています。

ポインセチアの基本データ
学名:Euphorbia pulcherrima
科名:トウダイグサ科
属名:トウダイグサ属(ユーフォルビア属)
原産地:メキシコ
和名:猩々木(ショウジョウボク)
英名:Poinsettia
観賞期:11~2月
葉(苞)色:赤、ピンク、黄、白、緑、紫、複色
生育適温:20~30℃(最低10℃以上)
切り葉の出回り時期:12月
花もち:5~7日

ポインセチアの苗は、園芸店やホームセンターの園芸コーナーなどで、主に11~12月に出回ります。近年、定番の赤いポインセチアだけでなく、ピンク、白、斑入りなど、たくさんの品種が見られるようになりました。「今年はどれにしようか」と悩むのも、楽しみのひとつですね。

2.種類を知ると、選び方がわかります

前述のとおり、ポインセチアは品種改良により、さまざまな色のものが増えてきています。個々の品種名で流通していることが多いようですが、同じ名前でレッド、ホワイト、ピンクとバリエーションがあったり、品種の商標などから「○○系」、「○○シリーズ」などと付記されていたりすることもあります。

品種により、やや耐暑性が弱いものもありますが、基本的な管理は同じです。実際に全体の花姿や色を見て、好みで選んで差し支えありません。

ポインセチアの代表的な品種を、いくつか紹介しましょう。

エッケスポイント(Eckespoint)
プリメーロジングルベル、プリメーロレッドなど。赤い苞にピンクの斑が入る「アイスパンチ」が有名。

グートピア(Gutbier)
V-10シリーズ、V-14シリーズ、17シリーズなど。

ピーター・ヤコブセン(Peter Jacobsen’s)
ピータースター、ピーブライドなど。

プリンセチア(Princettia)
クリスタルスノー、ピンクシャンデリア、ルージュなど。葉や苞が小さくかわいらしい印象で、人気の品種です。

ペルフィ(Pelfi)
ソノラ(Sonora)、マース、ミラレッドなど。シックな暗赤色の苞をもつ「コルティス(Cortez)・バーガンディー」が人気。

レッドフォックス(Red Fox)
イタリアンレッド、プリマレッド、プレミアムレッドなど

ウインターローズ
葉や苞が巻いて丸くなり、バラのように見える人気品種です。

このほか、苞や葉にラメを付着させたものや、特殊な染料で鮮やかな青やオレンジ色などに染めたポインセチアが出回っています。

3.ポインセチアを育てるときに必要な準備は?

ポインセチアは、鉢植えで育てます。シーズン前に、鉢植えの状態で販売されているものを購入したら、鉢の大きさにあった鉢受け皿を準備しましょう。

シーズン後に植え替えて育てるときは、以下のものを用意します。

準備するもの
・鉢(はじめのものより一回り大きいもの)
・培養土
・鉢底ネット
・鉢底石
・鉢受け皿

4.適した土作りが、育てるコツの第一歩

ポインセチアは、水はけ、水もちのよい土に植えます。市販の観葉植物用培養土で問題ありませんが、製品により水はけが悪いと感じることがあります。そういったときは、砂やパーライトを足すことで改善されます。

自分で単用土をブレンドして作る場合には、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜて使います。ピートモス(酸度調整済みのもの)やバーミキュライトの手持ちがある場合は、赤玉土5、腐葉土3、ピートモス2、あるいは赤玉土6、腐葉土2、ピートモス1、バーミキュライト1の配合にしてもよいでしょう。

また、あらかじめ元肥として、緩効性肥料を施しておきましょう。

5.ポインセチアの育て方にはポイントがあります

ポインセチアは、日なたを好みます。観賞期にあたる冬の間は、日当たりのよい窓辺などが適しています。低温と乾燥には注意が必要で、暖房が直接あたるような場所は乾燥しやすいので避けましょう。また、日中はポカポカと暖かい窓辺も、日が落ちると急激に気温が下がります。10℃を下回ると葉が落ちますから、鉢を窓から離したりダンボールや発泡スチロールなどで囲いを設けたりして、窓からの冷気を防いであげましょう。

シーズン後、生育適温になれば、戸外で管理することができます。ただし梅雨時など、過湿で根腐れを起こすことがあるので、軒下に取り込むなどして、雨にあて続けないようにします。また、夏の直射日光では葉やけを起こすことがあります。盛夏となる7~8月は、明るい半日陰で、風通しのよい場所に置くようにします。

これらを考慮して、鉢の置き場所を考えておきましょう。

ポインセチアの育て方

苗の選び方

ポインセチアの苗は、園芸店やホームセンターの園芸コーナー、ネット通販などで入手することができます。苞の色や斑の入り方などを見て、好みのものを選びましょう。

売り場には同じ品種でもたくさんの苗が並んでいますが、苗にも良し悪しがあります。特にポインセチアの場合は、普段はあまり鉢花を扱ってない店でも、クリスマス商品として販売していることがあります。株に虫がついている、白いカビのようなものがついている…といった苗はいわずもがなですが、下葉が落ちていたり、葉先が丸まっているようなものは避けます。周囲のほかの苗と比べて、全体の状態を吟味して、葉や苞の色が鮮明で、葉先までピンと張っている元気な株を選びましょう。

ヒョロヒョロと丈だけ伸びて茎が弱々しいもの、葉と葉の間が間延びしているものは「徒長」といい、日照や栄養状態に問題があったことを示します。こういった苗も避けたほうがよいですね。

よい苗は株元がクラクラすることなくしっかり根が張り、ズングリガッシリしています。なるべく、そういった苗を選ぶようにしましょう。

購入後は、後述の「ポインセチアと仲よくなる、日々のお手入れ」と同様に管理します。

6.ポインセチアと仲よくなる、日々のお手入れ

ポインセチアは、冬は室内、夏は戸外で管理します。急激な環境変化は葉が落ちる原因になるので、置き場所を変える際は、少しずつ慣らしながら移動させるとよいでしょう。

なお、夏も室内で管理する場合は、冷房の風が直接当たらないような場所に置きます。

水やりのタイミング

ポインセチアの鉢植えは、基本的に「鉢土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと」水やりをします。時間帯は、朝~午前のうちに済ませます。

冬の観賞期は休眠期にあたりますので、水やりを控えめにし、やや乾かし気味にします。しかし、暖房機器で室内の空気が予想以上に乾燥していることがあります。時々、シリンジ(葉水)を与えるなどして、葉の傷みを防ぎます。

春~夏、生育期に入ると葉からの蒸散が激しくなります。夏の間は、朝の水やりだけでは足りないこともあります。その場合は、夕方にも水やりをします。

なお、鉢受け皿に溜まった水は、その都度捨てましょう。そのままにしておくと、根腐れを起こしてしまうことがあります。

肥料の施し方

前述のとおり、冬期のポインセチアは休眠中なので、肥料は与えません。

春になって気温が上がってくると、生育期に入ります。植え替え時には、長くゆっくり効くタイプの「緩効性肥料」を施します。この肥料の効果がなくなる頃を見計らい、追肥として緩効性肥料を2か月に1回程度与えます。もしくは、1000倍に薄めた液体肥料を月2回程度与えます。

ポインセチアは、11月に入ると生育を休止します。追肥は10月くらいでストップしてください。

肥料は過剰に与えると、根が肥料やけを起こす場合があります。肥料を与える際には、注意書きをよく読み、使用量を守って与えるようにしましよう。

7.立派に育てるための、植え替え時期と方法

ポインセチアの植え替え適期は、観賞期が終わったあとです。気温が上がり、生育が盛んになってくる、5~6月頃になります。

植え替えの方法

ポインセチアは生育期に入ると、どんどん大きくなります。植え替えをする前に、いちど、コンパクトに剪定をしておきましょう。

①ひと回り大きい鉢を準備し、古い鉢から株を抜き取ります。
②根鉢からこぼれる古い土を落とし、生きていないような古根があれば切り落とします。できるだけ新しい土を入れられるよう、根があまり張っていない肩の土(根鉢上辺の周囲)も落とします。
③鉢底ネット、鉢底石を敷いた鉢に培養土を入れ、整理したポインセチアの株を中央に据えます。
④隙間が生じないように培養土を入れ、株を安定させます。
⑤鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水やりをして、植え替え終了です。

生育状態にもよりますが、根詰まりを防ぐためにも1~2年にいちど、植え替えをしてあげましょう。

なお、クリスマス前に出回るポインセチアは、プラスチック鉢で販売されていることが多いので、鉢の色など好みに合わないこともあるでしょう。そのようなときは、市販の鉢カバーを使ったり、ひと回り大きい鉢にすっぽり入れたりすることで見た目を変えることができます。植え替え適期ではないけれど、どうしても違う鉢に植え替えたいときは、根を傷めないために、できるだけ根鉢を崩さないように植え替えます。

8.剪定を行うときは、時期に注意しましょう

ポインセチアの剪定には、脇芽を出させる「摘心」と、伸びすぎた枝を整理する「切り戻し」があります。

摘心は、挿し木で増やした株の枝数を増やすときなどに行います。やり方は、挿し木苗を定植したあと、しっかり根付いて茎が伸び始めたら、枝の先端を切ります。

切り戻しは、主に樹形を整えるために行います。ポインセチアは、5~10月の生育適温にあれば、旺盛に伸びるので、そのまま放任しておくと、次の観賞期には置き場所に困ってしまうことになります。そこで、シーズンを越した5月頃にいちど、切り戻し剪定をします。その後も枝は伸びますから、夏にもういちど剪定をして株をコンパクトにします。また、繁って混み合っているようなところは、透かすように切って風通しをよくします。

剪定の際に注意したいのは、ポインセチアの枝を切ると、切り口から出てくる白い樹液です。この樹液が肌につくと、体質によってはかぶれることがあります。作業の際は手袋で手を保護し、誤って触れてしまった場合には、流水でよく洗い流しましょう。

剪定した枝は挿し穂にして、株の更新を図ることもできます。

苞を色づかせるためには

ポインセチアの特徴である苞を、次のシーズンにも美しく色づかせるには、ポイントがあります。

それは、ポインセチアは「短日植物」であるということです。短日植物とは、日照時間が一定時間以下に短くなることで開花が促される植物です。

ポインセチアの場合も日が短くなると花芽をつくり、それと同時に苞が色づいてくるのです。自然環境においては、10月下旬から花芽分化が始まり、ポインセチアの場合、15℃以上の気温が必要になります。そのため、この頃から屋内で管理するようになります。ここで注意したいのは、植物は人工の光にも反応してしまうという点です。夜間に照明の灯った部屋では、いつまでたっても苞は色づきません。

そこで、「短日処理」が必要になります。短日処理とは、植物を遮光状態に置いて、人為的に短日の状況にすることです。クリスマスシーズンに合わせるなら、9月下旬~10月上旬に短日処理を始めましょう。

短日処理の仕方は、そう難しいことではありません。日没から翌朝8時くらいまで、鉢を照明の当たらない暗所に置くか、ダンボール箱などで鉢をスッポリと覆って暗くします。これを続けることで、苞が色づいてきます。

9.知りたい! ポインセチアの増やし方

ポインセチアは、挿し木で増やすことができます。適期は、20℃くらいの適温が保てる、5~6月頃です。地域によって時期に幅が出ます。

挿し木(挿し芽)の方法

ポインセチアを土に挿す場合
① 挿し穂として、若い元気な茎を、本葉3~4枚つけて切り取ります。剪定した枝を挿し穂にしてもよいでしょう。
② 切り口から出る樹液を洗い流すため、水を張った容器に切り取った枝をつけます。そのままですと、樹液が固まって、発根しにくくなります。
③ 樹液が流れでなくなったら、水を変えて小一時間ほど水あげさせます。
④ 挿し木の用土は、あらかじめ充分湿らせておきます。
⑤ 挿し穂を挿し込みやすくするため、用土に細い棒で穴を開けておきます。
⑥ 発根促進剤がある場合には、用土に挿す前に挿し穂の切り口に薬剤をつけてください。メネデールの場合は、100倍くらいに薄めた液に5分ほど浸けてから挿します。
⑦ 挿し穂を傷めないよう用土に挿し、隙間が生じないように、そっと土を寄せます。
⑧ 挿し穂を挿した鉢を、直射日光が当たらない明るい日陰に置きます。発根するまで、土や葉を乾燥させないように管理します。

ポインセチアを水に挿す場合
ポインセチアは、水挿しでも根が出ますので、ぜひ試してみてください。
① 土に挿す場合にならい、前述した①~③までの処理をしておきます。
② 水を入れたガラスコップに処理をした挿し穂を入れ、直射日光が当たらない明るい日陰に置きます。
③ 水は適宜入れ替えて、常に清潔な状態を保ちます。
④ 十分発根したら、鉢上げして、新しい苗として育てていきましょう。

10.毎日の観察が、病気や害虫を防ぐコツです

ポインセチアで見られる病気としては、「すす病」や「灰色かび病」などがあります。虫害としては、アブラムシやカイガラムシ、オンシツコナジラミ、ルイスアケハダニが挙げられます。

葉が込み合って風通しが悪いと病気にかかりやすくなります。風通しのよい場所におき、適宜切り戻しを行いましょう。

また、虫が病気を媒介することがあります。アブラムシやカイガラムシは見つけ次第、歯ブラシなどでこそげ落とします。オンシツコナジラミは、飛び回るので厄介です。殺虫剤を用いるか、駆除用の粘着板(シート)が販売されています。ハダニ類は高温乾燥期に発生しやすいので、シリンジ(葉水)で予防をします。発生してしまった場合、初期であれば粘着テープで取り除くことができます。

病虫による害は、いずれも毎日の観察が被害を広げさせないコツになります。

11.ポインセチアと相性のいい寄せ植え植物

ポインセチアのような観葉植物も、寄せ植えにして楽しむことができます。寄せ植えにするポイントとしては、似たような環境を好む植物と組み合わせることです。チャレンジしやすいのは、苞の色が違うポインセチアを2~3株、ひとつの鉢に寄せ植えにする方法です。

ただし、ポインセチアは冬期の植え替えを嫌うので、ポットのままで寄せ鉢にするか、根鉢を崩さないように留意して、ひとつの鉢に植えるようにしましょう。

クリスマスシーズンの玄関先を飾る寄せ植えとして、同時期に出回っているアイビー、コニファー、シクラメン、シロタエギク、チェッカーベリー(大実ゴールテリア)、ハボタン、ヒイラギなどと組み合わせることもあります。この場合、ポインセチア以外は耐寒性のある植物なので、温度管理に注意する必要があります。ポインセチアだけは鉢ごと寄せ植えに入れ、クリスマス前後など一定期間観賞したら、ポインセチアの鉢を抜き取って個別に管理する方法があります。

監修畠山潤子

ガーデンライフアドバイザー


関連記事