もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 花を長く楽しむために大切なのは、いける前の準備です

花を長く楽しむために大切なのは、いける前の準備です

花を長く楽しむために大切なのは、いける前の準備です

花を買ってきたら、一刻も早くいけてみたくなるものですが、ちょっと待って。いける前にこのひと手間をかけるかどうかで花もちは大きく変わってくるのです。

買った花の下ごしらえをしよう

花屋さんから移動する間、花は急激な環境の変化にさらされ十分な吸水ができなくなります。買ってきた花は水あげをしてしばらく休ませてあげましょう。

1. 下葉を取る

余分な葉が多くついていると、葉に吸水されて花まで水分が届かなくなります。葉が水につくと汚れの原因にもなるので、下のほうの葉は最初に取り除いて。

2. 新聞紙でくるむ

葉から水分が蒸発しないように新聞紙で花を包みます。このとき、茎は花丈の半分から下を外に出し、花がつぶれない程度に新聞紙をきっちり巻くこと。

3. 水の中で茎先を切る

深い容器にたっぷりと水を入れ、根元を 1~2㎝カットします。こうすると、水の通り道、導管のとおりがよくなり、水圧で水が上がります。

4. そのまま休ませる

切り口を水から上げないで、そのまま 3 時間程置きましょう。新聞紙を伝った水分で、葉もみずみずしくなります。新聞紙は濡れてもOK。

こんなときには…。さらに知っておきたいポイント

キクは茎を手でバキッと折る

茎の中の導管が丈夫な繊維状なのでつぶれにくい。水中で下向きに折り、ねじ切ると、切り口がささくれて繊維が露出し、吸水力がアップします。

枝ものは根元に切りこみを入れる

表皮が堅く導管が密集しているので、根元に縦に 2~3㎝、ハサミを入れます。切り口を押し開くと、さらに導管がほぐれ水に接する面積も増えます。

元気がない花はお湯で湯上げをする

80℃以上の湯に茎先 2~3 ㎝を10~20秒、茎の色が変わらない程度に浸し、すぐ冷たい水につけます。湯のなかで茎先から泡が出るのを確認して。

撮影・落合里美

Profile佐々木久満

『メゾンフルーリ』統括マネージャー。 生産者とのつながりを大切にし、これまでに訪問した花の生産地は150以上。数多い日本国内の花店のなかでも特に、産地や新品種に精通するフローリストとして活躍し...アーティスト詳細を見る


関連記事