• TOP
  • 記事一覧
  • ベゴニアを元気に育てるには、適した土作りと植え替えが必要です

ベゴニアを元気に育てるには、適した土作りと植え替えが必要です

ベゴニアを元気に育てるには、適した土作りと植え替えが必要です

多彩な花や葉が楽しめるベゴニアは、世界中で愛されている植物のひとつ。数千もの品種があり、白、赤、ピンク、黄、オレンジ、紫などの花を一年中咲かせます。たくさんの花を長く楽しむためには土の選び方が重要です。ベゴニアにあった土選びと生育にあわせた植え替えの方法を、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.ベゴニアを育てる前に知っておきたいこと 

一般的に植物の葉は左右対称が多いものですが、ベゴニアは左右非対称で少しいびつ。そのアンバランスで素朴な形が親しみを感じさせる理由のひとつかもしれません。さらに特徴的なのが、ベゴニアは「雌雄異花」だということ。これは、雄しべのつく雄花と雌しべのつく雌花が別々に咲く性質のことで、ベゴニアはひとつの株に形の違う雄花と雌花がそれぞれ咲きます。通常は、八重咲きのもが雄花、一重咲きのものが雌花です。

ベゴニアの基本データ
学名:Begonia
科名:シュウカイドウ科
属名:シュウカイドウ属
原産地: 熱帯、亜熱帯(オーストラリアをのぞく)
英名:Begonia
開花期:一年中
花色:ピンク、赤、オレンジ、黄色、白、青、紫
発芽適温:20〜25℃
生育適温:18〜20℃

ベゴニアはデリケートなところもありますが、初心者にも育てやすく長く花を楽しめるので、多くの人に好まれています。茎が上に伸びるタイプのほか、地面を這うように伸びるつる性タイプもあるので、ハンギング仕立てなどでも華やかです。ベゴニアは種類によって育て方が少しずつ異なります。ここでは形の上から大きく、木立性ベゴニア、四季咲きベゴニア、根茎性ベゴニア、球根ベゴニア、エラチオールベゴニアの5つの分類で紹介します。

木立性ベゴニア
茎がまっすぐに立って伸びるベゴニアです。花が美しいもの、葉が美しいものなど多種多様な品種があり、ベゴニアの中でも育てやすく人気のあるタイプです。

四季咲きベゴニア
環境によっては1年を通して花を楽しめるタイプで、センパフローレンスとも呼ばれます。鉢植えのほか花壇の花としても人気があり、その多くが種から育てられます。木立性ベゴニアの中のひとつのタイプですが、丈夫な性質で人気があり、品種も多いため、独立したタイプとして扱われることが多くなりました。春から秋にかけて小ぶりの花をたくさん咲かせ、こんもりとしたシルエットを作ります。

根茎性ベゴニア
茎が太く、地面を這うようにして成長します。園芸種の種類が最も多いタイプです。よく知られるレックス・ベゴニアは品種が多いため独立して扱われることもありますが、この根茎性に分類されます。花よりも美しい葉を楽しむタイプのベゴニアです

球根ベゴニア
気温が下がると地上部が枯れて、球根で冬を過ごすタイプです。アンデス山脈に自生する6〜7種類の原種を複雑に交配しているため、デリケートで日本の暑さには弱いものが多く、管理がやや難しいタイプです。ベゴニアの中では大きな花を咲かせるところから、最も華やかな種類ともいえます。

エラチオールベゴニア
球根ベゴニアとベゴニア ソコトラナとの交配によって誕生したもので、冬に咲く鉢花として人気があり、贈り物などにもよく使われます。暑さにも寒さにも弱く、20℃前後の環境が最適です。

2.種類を知ることが、適した土作りへの近道

植物を育てる土には大きく、「単体用土」と「培養土」の2つがあります。単体用土はほかの種類が混じっていない単種の土で、赤玉土や腐葉土などがあります。培養土は数種類の単体用土をブレンドしたもので、肥料などの栄養素が入っているものもあります。市販の培養土には「〇〇専用土」などと名付けられたものもあって、園芸初心者には便利に使えるメリットがあります。

ベゴニアの場合は草花用の培養土を使う人もいますが、用土の配合比率や育てる環境に合わせて、より水はけがよくなる単体用土を加えるなどの工夫が必要です。

単体用土には、鉢土のベースとなる「基本用土」と、目的に合わせて基本用土に追加する「改良用土」があります。単体用土は1種類で使うよりも、数種類の土をブレンドして使用するのが基本です。植物やその植物を育てる環境にあわせて土を作れるのがメリットです。ここでは、単体用土の種類と特徴をご紹介します。

基本用土

基本用土は鉢土のベースとなるもので、ブレンドの配合割合が大きい土です。代表的なものには次のような土があります。

赤玉土
さまざまな植物でもっとも幅広く使われる用土です。関東ローム層の赤土を乾燥させて粒状にしたもので、大粒、中粒、小粒などにわけて市販されています。通気性、排水性、保水性、保肥性に優れた弱酸性の用土です。

鹿沼土
火山灰が風化し粒状になったもので、やや黄色っぽい軽石状の用土です。赤玉土よりも通気性、排気性に優れた酸性の用土で、サツキ、ツツジ、シャクナゲなど酸性を好む植物に適しています。

黒土
火山灰に落ち葉などの有機物が多く混ざり合った用土で、球根植物などに向いています。保水性はありますが、通気性や排水性が悪いため、通気性に優れた改良用土と一緒に使うのがおすすめ。市販品では加熱処理をしているものを選ぶようにしましょう。

真砂土
花崗岩が風化した粒子の細かい用土で、粘土質なのが特徴です。排水性が悪いため、通気性に優れた改良用土と一緒に使います。

改良用土

改良用土は、通気性、排水性、保水性などを補う目的で、基本用土に加えて使用するのが一般的です。有機性の改良用土は庭などの地植えに向いており、無機性のものは室内で楽しむ鉢植えなどに向いています。

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐らせた有機性の改良用土です。基本用土に混ぜると、土がふっくらと柔らかくなり、通気性、排水性、保水性、保肥性が高まります。地植えの植物では、暑さや寒さ対策のひとつとして、土の上を覆うマルチング材として使われることもあります。

ピートモス
腐植化した水苔を洗浄してから乾燥させ、細かくくだいた有機性の改良用土です。酸性の用土のため、使用の際は、石炭やもみ殻くん炭などを混ぜて酸度調整をする必要があります。酸度調整されたものは、保水性や保肥性を高めるための改良用土として使われます。

もみ殻くん炭
もみ殻を炭化させたもので、通気性、保水性に優れた有機性の改良用土です。アルカリ性の用土のため、酸性土壌を中和する働きがあります。その際はあまり大量には加えずに、全体の10%程度の割合で使用するのが目安です。

バーミキュライト
蛭石(ひるいし)を高温で加熱し、何倍にも膨張させた無機性の人工用土です。通気性、排水性、保水性、保肥性に優れた中性の用土です。高温焼成のため無菌で、挿し木、種まき用の土としても使われます。

パーライト
真珠岩を高温で加熱し、発泡させた無機性の人工用土です。通気性、排水性に優れ非常に軽いのが特徴です。

軽石
火山から吹き出た多孔性の砂礫で、無機性の用土です。通気性、排水性に優れ、基本用土に混ぜるほか、鉢の底に敷く鉢底石として使われることもあります。

3.よい土は、水はけ、水もちに優れています

植物は根の働きが弱ると少しずつ元気がなくなり、そのまま放置しておくとやがて枯れてしまいます。逆をいえば、根がきちんと育っていれば株全体も元気に生育します。その根の育つ場所が土です。土は根の働きを健全に保つためにとても重要なものなのです。

植物を育てるのに適した土は、通気性があって乾きやすく、鉢の中がじめじめとした状態にならないものです。土に通気性がないと、鉢内は湿度が高い状態が続き、土の中の酸素が不足して根腐れを起こす原因になります。通気性、排水性にすぐれた土ならば、水やりをしたときに古い水がきちんと排出され、土の中はつねに新鮮な水と酸素がある状態を保つことができます。適度に酸素が含まれた土は、土に保温効果や断熱効果が生まれるため、冬の寒さや夏の暑さなど急激な気温の変化から根を守ってくれる働きもあります。

一方で、乾きやすい土がいいからといっても、水やりをして数時間で完全に乾いてしまうような土はいけません。植物を育てるにはある程度、水を保持できる適度な保水性も必要です。

このように通気性、水はけ、水もちのバランスのよい土は、「団粒構造」になっています。団粒構造とは、細かいさまざまな土の粒子がくっつきあい小さなだんごのような固まり(団粒)を形成している状態です。団粒と団粒の間にすきまができ、空気や水がそこを通り道にします。すきまがあれば根も伸びやすくなります。

団粒構造の土は、粒子どうしにくっつきあう性質があるので、水はけをよくしながら、植物を育てるのに必要な有機物や肥料をたくわえる働きは保たれるという特徴もあります。団粒構造の土は、根が十分に育ち、水分や養分を吸収しやすいため、植物を育てるのに最適な環境なのです。

水はけの悪い粘土質の土や、水もちしない砂土は単粒構造といわれ、一般的な植物を育てるのには向きません。最初は団粒構造だった土も、長く植物を植えて水やりなどを繰り返していると、団粒がくずれ水はけが悪くなります。植え替えなどの際は、新しい土にするか、一部を新しいものと入れ替えるなどして、土をリフレッシュさせる必要があります。

4.元気に育てるためのベゴニアの土作り

ベゴニアを育てるための土には、水はけがよく、保水性があり、空気を適度に含み、肥料の持ちがよいものを選びます。こうした条件はすべての植物に共通していえますが、水と空気をよく通す土は根腐れを防いでくれます。とくにベゴニアは、空中湿度は好みますが、土内の過湿はとても苦手です。

ベゴニアの土は市販の草花用の培養土でもかまいませんが、水はけを高めるためにパーライトを加えてもよいでしょう。自分で土を作る場合は、酸度調整済みのピートモス5、赤玉2、腐葉土1、パーライト1の配合を基準にして季節ごとに微調整できればベストです。夏は排水性を高めるためパーライトを、冬は酸度調整済みのピートモスを多めにするとよいでしょう。

球根ベゴニアの植え付けには、赤玉土7、腐葉土3の割合の配合土でよいでしょう。種まきをする時は、赤玉土(小粒)と酸度調整されたピートモスを同じ割合で混ぜたものを使います。地植えにする場合は、庭の土に腐葉土や酸度調整済みのピートモス混ぜ込んでおくと、水はけがよくなり、ベゴニアの好む酸性の土になります。

5.ベゴニアの植え替えの時期と頻度

長い間、植え替えをせずに育てられたベゴニアの株は、土が劣化して土内の水分や栄養分を根が吸収しにくくなっています。定期的な植え替えが必要ですが、少なくとも2年に1回は植え替えをして株を元気にさせましょう。

植え替えのタイミングは鉢底から根が見えてきたり、株の大きさと鉢がふつりあいになって不安定になった時です。水はけが悪くなったと感じた時も新しい土に植え替えましょう。ベゴニアの植え替えの適期は5月上旬〜6月上旬と9月中旬〜10月上旬頃です。

6.土のほか、植え替え時に準備したいもの

準備するもの

・適した土(ベゴニア向きの培養土、または前述のブレンド土)
・植え替えするベゴニアの苗
・鉢
・鉢底ネット
・鉢底石(軽石など)
・肥料(肥料の含まれない土を使う場合に必要)
・土入れ、またはスコップ
・割り箸など細い棒
・ジョウロ
・園芸用の清潔でよく切れるハサミ

室内に置く場合には、インテリアにあったデザインの鉢や鉢カバーを用意するとよいでしょう。植物を長く植え付けていた土は、団粒構造が崩れて劣化しています。新しい土を用意しましょう。

7.ベゴニアの植え替え方法が知りたい

植え替えをする前は、水やりを控えて土を乾かしておきましょう。それまでの鉢よりもひと回り大きい鉢を用意します。元肥を入れる場合は、あらかじめ土に混ぜ込んでおきます。

① 新しい鉢の鉢穴をふさぐように鉢底ネットを入れます。

② 底が隠れるように鉢底石を敷き、肥料を混ぜ込んだ新しい土を鉢の4分の1ほど入れます。

③ 古い鉢から株を抜いたら下のほうの土を少し手で崩し、茶色に変色して傷んでいる根はハサミで切り落とします。

④ 新しい鉢にベゴニアの株を入れ、土を加え安定させます。細い棒などで土をつついで、根と根の間にも土が入るようにしましょう。このときつついた棒で根を傷めないように注意します。

⑤ 鉢の上部2〜3cmのところまで土を入れ、鉢底から水が流れ出すまでたっぷり水をやります。

茎が上に伸びるタイプのベゴニアは、植え替えの際に支柱を立てて誘引をしておくとよいでしょう。土に支柱を立てる時は、根を傷めないように注意します。支柱と茎をひもなどで結ぶ時は、茎をぎゅっと締め付けず、余裕をもって止めるようにします。結ぶ位置は株の根元の部分と上部の2カ所です。

枝葉が繁りすぎている場合は、適度な大きさに切り戻しても構いません。鉢の大きさとのバランスを見てカットしましょう。切り戻しでカットした枝は、挿し木で増やすことができます。

8.植え替えをするときの注意点はこちらです

植え替えの時に用意する鉢は、通常、それまで植えつけられていたものよりも、1〜2号大きいものを選びます。あまり大きすぎるものを選んでしまうと、土の量が多くなるため、土が乾きにくく根腐れの原因になります。

株をあまり大きくしたくない場合は、同じ大きさの鉢に植え替えます。その場合は根についた土を多めに落とし、黒っぽい古い根は切って整理します。根を切ると水分や養分の吸収量が減るため、地上部の枝や葉も切り詰める必要があります。

ベゴニアに最適な土で上手に植え替えをして、長い期間元気に楽しめるように育てましょう。

構成と文・ブライズヘッド

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事