• TOP
  • 記事一覧
  • キンモクセイの植え付け・植え替えに適した土の作り方

キンモクセイの植え付け・植え替えに適した土の作り方

キンモクセイの植え付け・植え替えに適した土の作り方

ジンチョウゲ、クチナシとともに三大香木(さんだいこうぼく)と呼ばれるキンモクセイ。キンモクセイは初心者にも育てやすく、家庭で育てる庭木として人気がある植物です。キンモクセイを育てるのに用いる土はどうやって作るのか、知っておきましょう。監修・宮内泰之(恵泉女学園大学准教授)

1.キンモクセイを育てる前に知っておきたいこと

キンモクセイは、初心者にも育てやすい庭木のひとつですが、土作りにちょっとしたポイントがあります。土作りを始める前に、上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。

キンモクセイの基本データ
学名:Osmanthus fragrans var.aurantiacus
科名:キンモクセイ科
属名:モクセイ属
原産地:中国(詳細は不明)
和名:キンモクセイ(金木犀)
英名:fragrant orange-colored olive
開花期:9〜10月
花色:オレンジ
植え付け時期:3〜4月
耐寒気温:−10℃

キンモクセイは樹高5〜8mになる常緑小高木です。9月下旬から10月中旬に、オレンジ色で強い芳香のある5mm程度の小花を枝に密につけて咲かせます。近年では開花が年々早まっている傾向があります。その香りは、低温、多湿になると特に強く香ります。日本では芳香剤としてよく知られる香りですが、中国では花(日本のものと同一かは不明)を使い、桂花陳酒や桂花茶などで香りが楽しまれています。葉は、オレンジ色の花が映える濃い緑で、光沢があります。庭木や生垣によく利用されています。日本では雄株しか知られておらず、そのため実をつけることはありません。

キンモクセイの香りを手軽に楽しめる桂花茶

キンモクセイは、花が白色のギンモクセイ(O.fragrans)の変種とされています。属名のOsmanthusは、ギリシャ語でにおいを意味する「osme」と、花を意味する「anthos」が由来です。

2.よい土は、水はけ、水もちに優れています

植物が育つためには、水はけ(排水性)と水もち(保水性)に優れた「よい土」が必要です。「よい土」とは、物理的には「団粒構造をもつ土」のことをいいます。団粒構造とは、土の粒子(単粒)が集まって団粒(小さな固まり)をつくり、この団粒がさらに集まった状態を指します。団粒のなかの隙間や、団粒どうしの隙間が、排水性・通気性・保水性・保肥性に役立つのです。

土の粒子や団粒が集まり、適度に結合するためには腐植に富んでいる必要があります。団粒構造を持つよい土を見分ける方法は、土に少し水を含ませて軽く握ります。よい土であれば一旦団子状になり、それを指で軽く押すとほろりと崩れます。一方で、団子状にならなかった土は保水性、保肥性などが悪く、触っても崩れなかったりした土は、通気性や排水性が悪い土といえます。

弱酸性の土に植え付けることが大切

多くの植物の生育には、弱酸性(pH5.5〜6.5)の土が適しています。酸性が強すぎると、根が生育障害を起こしやすくなり、アルカリ性が強いと、土の中に鉄やホウ素などの微量要素が含まれていたとしても、根から吸収されにくく、欠乏症を起こす可能性があります。

植え付けのときに市販の酸度測定器などを使い、植え付け場所の土壌酸度を調べておきますが、キンモクセイなどの庭木は野菜などとは違い、植え付け時によほど弱酸性から離れていた場合以外は、とくに土壌酸度(pH)を気にする必要はありません。

3.土の種類を知ることが、適した土作りへの近道

園芸で使う用土は、基本用土と改良用土に大きく分けられます。基本用土は、赤玉土や黒土などの園芸用土のベースとなる土のことです。改良用土は通気性、排水性、保水性、保肥性を改良する用土のことで、基本用土に混ぜて使います。ここでは、土の種類とその特徴を紹介します。土の種類について知ることは、植物を育てる「よい土」作りに役立ちます。

基本用土

赤玉土
関東ローム層(火山灰土)の赤土を乾燥させてふるい分けたものです。通気性、排水性、保水性に優れますが、腐植などの有機質はほとんど含まれていません。基本用土として最もよく使われています。小粒・中粒・大粒と選別されて袋詰めになっており、他の用土とブレンドして使うときは、中~小粒のものが適しています。

黒土
関東ローム層(火山灰土)の表層土。別名「黒ボク」「黒ボコ」ともいいます。腐植などの有機質を多く含み、保水性、保肥性に優れている軟らかい土です。通気性や排水性が悪いので、赤玉土などを混ぜて使います。

鹿沼土
栃木県鹿沼地方で採取される軽石質の火山砂礫が風化した土です。有機質をほとんど含まない酸性土で、排水性、保水性に優れています。酸性寄りの土なので、サツキやツツジ類などの低木や東洋ランなどの山野草に向いているほか、無菌に近いので挿し木の用土としても使われます。


川砂が一般的ですが、「桐生砂」や「富士砂」、「白川砂」など、産地によってさまざまな種類があります。排水性や通気性をよくするために使います。主に山野草や多肉植物の栽培などに使われます。

改良用土

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させたものです。有機質に富んでいて、排水性、保水性、通気性に優れています。鉢植え、地植え、どちらの場合でも重宝される改良用土です。

堆肥
藁、落葉、野菜くずなどを腐熟させたものです。腐葉土と同じような使われ方をしますが、庭土の改良に使うのが一般的です。土中の微生物を増やし、排水性や通気性をよくする働きがあります。未熟堆肥だと、生育に悪影響を与えるので、完熟したものを使います。

ピートモス
ミズゴケ類、ヨシ、スゲ類など湿地の植物が堆積して泥炭化したものです。軽くて水もち保水性、通気性がよいのが特徴です。 酸性が強いので、一般的な草花には「酸度調整済み」のもの、酸性の土を好む植物には「酸度未調整」と表記されたもの、と使い分けるようにしましょう。

バーミキュライト
蛭石を高熱処理して膨張させそれを細かくした人工用土です。薄い層が積み重なった構造で、軽く、水はけ排水性、通気性、保肥性力に優れています。

パーライト
真珠岩を高熱高圧処理した人工用土です。白い粒状で軽く、排水性、通気性をよくするために使います。細かいものほど保水性がよくなります。

もみ殻くん炭
もみ殻を燻して炭化させたものです。保水性、通気性に優れ、保温、根腐れ防止、堆肥の消臭効果があります。アルカリ性なので、酸性土の中和にも使われます。

4.元気に育てるための、キンモクセイの土作り

鉢植えの用土

キンモクセイを鉢に植え替えるときに使用する用土は、一般的な市販の庭木用培養土で問題ありません。しかし、製品によって水はけや水もちが異なります。各用土の排水性、温度や日当たり、風通しなどの環境によって、土の乾き具合が変わることを覚えておきましょう。鉢植えでの使用した培養土の水もちが悪いと感じる場合には堆肥や腐葉土を、水はけが悪いと感じる場合には赤玉土や鹿沼土を足すことで改善できます。

鉢植えで用土をブレンドする

キンモクセイは水はけのよい酸性の土を好みます。鉢植えの用土を自分でブレンドして作る場合は、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜます。赤玉土は水はけをよくし、根腐れを防いでくれます。

地植えに使う改良用土

地植えの用土は、庭土に堆肥や腐葉土、培養土をよくすき込んでおくとよいでしょう。

キンモクセイは酸性の土が好きなので、苦土石灰などをまく必要はありません。また、アルカリ性の強いピートモスなどは使用しないようにしてください。

5.キンモクセイの植え付け・植替え時期

植え付けの適期

キンモクセイは比較的寒さに強い常緑樹ですが、植え付け適期は多くの常緑樹と同じ3〜4月です。また、耐寒気温の−10℃を下回らない時期に合わせることが必要です。あらかじめ栽培する地域の気象データをもとに例年の耐寒気温を調べておきましょう。気象データは気象庁のホームページから調べることができます。その年の気温が不安定なこともあるので、栽培を始める前に天気予報もチェックしておきましょう。

鉢植えの植え替え時期

地植えをしたキンモクセイは、基本的に植え替えはしません。植え替えすることにより、根が傷つきやすく、水や養分を吸い上げる力が衰えてしまうためです。鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので、2〜3年に1回、3〜4月に植え替えを行います。

6.鉢の植え替え時に準備したいもの

鉢の植え替え時には用土や鉢のほかに、剪定ばさみや支柱などが必要になります。古い根などは剪定ばさみで切り取ります。丈の高い株なら根付くまでは支柱を立てるとよいでしょう。

準備するもの
・8号以上の大きな鉢 *鉢植えの場合
・鉢底石 *鉢植えの場合
・赤玉土
・腐葉土
・元肥:完熟堆肥など
・支柱 *必要であれば
・剪定バサミ

7.キンモクセイの植え替え方法が知りたい

鉢全体に根が回ったり、水はけが悪くなったりしたら植え替えをしましょう。一回り大きな鉢に植え替えます。

①鉢から苗を取り出す
キンモクセイの鉢から苗をそっと取り出します。

②根鉢をかるく落とす
根の周りについた土をもみほぐしながらかるく落とします。

③黒い根を切り取る
黒く変色した根があれば剪定バサミで切り取ります。

④植え替え
一回り大きな鉢に鉢底ネットを敷き、鉢底石を3cmほどの厚さに入れ、赤玉土7、腐葉土3の割合で配合した土を使って植え替えます。この時、元肥も入れます。

⑤用土を調整
最終的に用土の表面が鉢の縁より3cmほど下がるように用土を調整し、苗木の株元が用土の表面とそろうように植え付けます。

⑥水やり
植え付け後、必要に応じて支柱を立てて固定し、たっぷりと水やりをします。

8.植え替えをするときの注意点は?

鉢植えで育てる場合、小さな鉢だとすぐに植え替えが必要になってしまうので、苗木よりも一回りから二回り大きな鉢を選ぶようにしてください。また、キンモクセイは成木になってからの移植を嫌います。最初から、大きめの鉢を用意したほうがよいでしょう。

構成と文・さいとうりょうこ

監修宮内泰之


関連記事