• TOP
  • 記事一覧
  • アイビーを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

アイビーを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

記事 2018/09/28
アイビーを増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

学名の「ヘデラ」と呼ばれることもあるアイビーは、つるを伸ばして垂れ下がるように生育する観葉植物です。インテリアグリーンとして人気ですが、葉の色や大きさ、形などが豊富なため、寄せ植えやフラワーアレンジメントなどにもよく使われます。アイビーの増やし方は比較的簡単ですが、最適な時期や注意点などを知ることで、より確実になります。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.アイビーを育てる前に知っておきたいこと 

鉢から垂れ下がるように伸びたつるが、ナチュラルでさわやかな雰囲気のあるアイビー。常緑の観葉植物で、花よりも葉を観賞する植物です。実際、開花するアイビーの品種は限られており、開花品種であっても花がつくまでには数年かかり開花時期も短いため、アイビーを長く育てている人でも花を見ることができるのはめずらしいようです。

アイビーの基本データ
学名:Hedera
科名:ウコギ科
属名:キヅタ属
原産地: 北アフリカ、ヨーロッパ、アジア
和名: キヅタ
英名:Ivy
開花期:9〜12月
花色:黄緑、黄、ピンク
生育適温:0〜30℃

アイビーは丈夫な性質のため初心者でも育てやすく、トピアリーなどに這わせた立体的な楽しみ方も気軽にできます。鉢植えのインテリア・グリーンとして育てる人が多い植物ですが、寒さや暑さに強く日陰でも比較的よく育つため、フェンスに這わせたりグランドカバーにしたり、庭で活用するのもおすすめです。

ホームセンターや街の花屋さんはもちろん、インテリアショップや雑貨店などでも鉢植えされたアイビーを見かけることができます。小さなミニ観葉であれば100円ショップなどでも苗を購入でき、そういったものでも上手に管理すれば大きく育てることができます。

また、土いじりが苦手という人には、ハイドロカルチャーという手も。ハイドロカルチャーとは水耕栽培のことで、ふつうの用土の代わりに水耕栽培用の素焼きの土を使用します。アイビーはハイドロカルチャーでも育てられる植物なので、室内を土で汚すことなく楽しめます。

2.植物を増やすには、いくつかの方法があります

お気に入りの植物なら、たくさん増やして楽しみたいですよね。アイビーの増やし方をみる前に、植物を増やすための一般的な方法を確認してみましょう。

種まき
植物の種を土にまいて苗をつくる方法です。庭などに直接まく「直まき」と、ポットやトレイなどにまく「移植栽培」があり、植物によって相性のよい方法が異なります。最近は市販のポット苗から楽しむ人が多いですが、種は市販の苗にはないめずらしい種類を入手することもでき、自分が育てた植物から種を採取すれば安価で増やすことができます。

挿し木
茎や枝の一部を切り取って土に挿す方法で、草花の挿し木は「挿し芽」と呼ばれることもあります。切り取った茎や枝は「挿し穂」といい、挿し穂を挿す土は「挿し床」といいます。早ければ1か月ほどで、挿し穂から根が出て小さな苗ができます。土ではなく水に挿す「水挿し」も挿し木のひとつです。挿し木で増やせる植物はとても多く成功率も高いので、もっとも手軽で簡単な増やし方といえます。

接ぎ木
増やしたい植物の枝を切り取り、ほかの株の切り口と接着させて増やす方法です。増やしたい植物の枝を「穂木」、接着させる株を「台木」、接着させた部分を「接ぎ口」といいます。台木には根のついた株を使い、穂木は台木の根が吸収した水分や栄養分を使って成長します。基本的に穂木と台木は同じ種類の植物のほうが成功しやすいですが、植物によっては同じ種よりも近しい種どうしのほうが相性のよい場合があります。挿し木では根が出にくい植物は接ぎ木で増やすことができます。

取り木
植えてある株の枝から根を出させ、それを切り取って苗にする方法です。ナイフで枝の一部の樹皮をむき、湿った水苔を巻いてビニールで包む方法が一般的です。取り木は発根までに時間がかかる方法ですが、初心者でも比較的、成功しやすい増やし方です。

株分け
大きく成長した株を、小さく分けて増やす方法です。大きく成長した元の株を「親株」、小さく分けたものは「子株」といいます。植物は大きくなりすぎると、栄養分が全体に行き渡らなかったり、繁りすぎて隠れてしまった葉が十分に光合成をできなくなったりして、生育が衰えてきます。そこで株分けをして植え替えを行うと、植物を増やしながら、株もリフレッシュできるというメリットがあります。

分球
球根植物は成長すると球根が分かれて増えていきます。これを分球といい、分球で増えた球根は「子球」と呼ばれます。また、球根を人為的に切り分けて増やすことを分球ということもあります。子球や切り分けた球根を植え付けて苗を作ります。

3.アイビーを増やす最適な方法と時期

アイビーを増やすためには前の章で説明した方法のうち、挿し木を使うのがおすすめです。アイビーは土だけではなく、水挿しでもよく発根します。アイビーを増やすための最適な時期を確認してみましょう。

挿し木の適期

アイビーは丈夫で繁殖力も強いため、比較的どの季節でも挿し木できますが、暑い時期は少し発根しにくいこともあります。成功しやすいのは春と秋で、4月下旬〜6月上旬頃(八重桜頃から)と9月下旬〜10月上旬頃(彼岸花が咲いている時期)に行うのがよいでしょう。

4.知りたい! アイビーの増やし方「挿し木」

準備するもの

土に挿して挿し木する場合は、次のものを用意します。

・増やしたいアイビーの株
・用土(観葉植物の培養土)
・鉢
・園芸用のハサミ
・水の入ったバケツ
・水を入れた霧吹き

挿し木の手順

次のような手順で挿し木を行いましょう。

① 増やしたいアイビーの株から、10〜15cmほどの長さで茎を切り落とします。茎の先端の新芽がついている部分を切りましょう。

② 茎の先端についている葉3〜4枚を残し、あとの葉は取り除きます。残した先端の葉が3cm以上ある場合は、1〜2cm程度になるようカットします。これをを30分程バケツの水に浸けて挿し穂とします。

③ 鉢に土を入れて、霧吹きなどで土を湿らせます。

④ 土に挿し穂を挿します。倒れないようにしっかり挿しましょう。

⑤ 明るめの日陰に置いて、土が乾かないように水やりをしながら管理します。

葉と葉がくっつかなければ、ひとつの鉢に数本の挿し穂を挿しても大丈夫です。10日〜2週間ほどで根が出ます。新しい葉が出てきたら新しい土を使って、3号ポットに植えつけましょう。その後は生育するにしたがって植え替えをしていきます。

コツと注意点

挿し穂について
挿し穂を作るときは、よく切れる清潔なハサミでカットしましょう。切り口を斜めにすると、切り口の面積が大きくなるので発根しやすくなります。挿し穂の葉は、供給される水分量と蒸散によって失われる水分量のバランスを保つために、少なめにすることが重要です。茎の下のほうについている葉は取り除き、残された葉が大きい場合は半分か3分の1程度にカットします。挿し穂の葉が多すぎるとしおれやすく、少なすぎると発根が遅れます。

用土について
挿し床に使う用土は新しい清潔なものを使いましょう。観葉植物の培養土を使う場合は、肥料分の少ないものを選びます。培養土以外で行うときは、小粒の赤玉土がよいでしょう。挿し木した後の土は乾かないように管理しますが、水浸しというのもNGです。しっとりと潤っている程度を保ちましょう。

5.知りたい! アイビーの増やし方「水挿し」

準備するもの

アイビーを水挿しする場合は、次のものを用意します。

・増やしたいアイビーの株
・グラスなど水を入れる容器
・水
・園芸用のハサミ

水挿しの手順

次のような手順で水挿しを行いましょう。

① 増やしたいアイビーの株から、10〜15cmほどの長さで茎を切り落とします。茎の先端の新芽がついている部分を切りましょう。

② 茎の先端についている葉3〜4枚を残し、あとの葉は取り除きます。残した先端の葉が3cm以上ある場合は、1〜2cm程度になるようカットします。これを挿し穂とします。

③ グラスなどの容器に清潔な水を入れ、挿し穂を挿します。

④ 室内の直射日光の当たらない場所に置いて、1日1回水を取り替えて管理します。

数本の挿し穂を一緒に挿してもかまいません。土に挿したものと同じように、10日〜2週間ほどで根が出ます。新しい葉が出てきたら3号ポットに植えつけてもいいですし、ハイドロカルチャー(水耕栽培)で育ててもよいでしょう。なお、水挿しした植物の根は柔らかく折れやすいので、優しく丁寧に植え付けましょう。

コツと注意点

挿し穂について
挿し穂を作るときは土挿しと同じように、よく切れる清潔なハサミでカットします。切り口を斜めにし、残す葉を少なめにしましょう。特に水に浸かる部分には葉が残らないようにします。水の中に葉が入っていると腐りやすくなります。

水について
水は普通の水道水でかまいません。蛇口から出る水がぬるま湯になっていないか注意しましょう。水温が上がってしまうと腐りやすいので、直射日光の当たる場所には置かないようにします。

アイビーは初心者でも簡単に増やすことができますので、お気に入りのアイビーがあれば、ぜひ挑戦してみましょう。

構成と文・ブライズヘッド

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事