• TOP
  • 記事一覧
  • コスモスの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

コスモスの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

コスモスの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

爽やかな風に揺れるコスモスは、日本の秋の風景を代表する花。コスモスの花を美しく咲かせ、よい状態で楽しむには、日々のお手入れが欠かせません。「剪定」もそのひとつです。ここでは植物の剪定についての基本とともに、コスモスの剪定の仕方を詳しく紹介します。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.コスモスを育てる前に知っておきたいこと

コスモスは一年草で、昼間の時間が短くなり始めると開花する、短日植物です。寒さには強くありませんが、日当たりと風通しがよい場所であれば、あまり土質を選ばずに育つので、初心者でも比較的育てやすい花です。

コスモスの基本データ
学名:Cosmos bipinnatus
科名:キク科
属名:コスモス属
原産地:メキシコ
和名:秋桜(アキザクラ)
英名:Cosmos
開花期:6~11月
花色:赤、ピンク、黄、オレンジ、白、複色
発芽適温:20℃前後
生育適温:15~30℃
切り花の出回り時期:9~10月 
花もち:5~10日 

コスモスは、種からでも苗からでも育てられます。かつては夏に種をまき、秋に花を楽しみました。近年は、それほど日の長さに影響されずに開花する早生品種が主流になり、春に種をまいて夏から開花を楽しむケースが増えています。

種から育てる場合、早生品種は早くまけばそれだけ開花が早くなります。晩生品種は、早い時期に種まきをすると、秋までに草丈が高くなりすぎるので、7月、または8月に入ってからまくと膝丈で開花します。早生品種もまく時期が遅ければ遅いほど、扱いやすい低い草丈で花を楽しめます。

2.コスモスに剪定って、じつは必要です

剪定とは、植物の姿形を整えたり、風通しをよくしたりする作業のことです。見た目を美しくするだけでなく、養分を効率よく利用させて生育を促進させたり、開花や結実の調整をしたり、病害虫の繁殖を予防したりする効果があります。剪定=庭木の枝切りと思いがちですが、じつはそれだけではないのです。

ガーデニングは盆栽と違うのだから、植物には自由にスクスク育ってほしい、なるべく自然のままに、と思う人も多いかもしれません。でも、剪定することで日当たりや風通しがよくなり、病害虫の予防にもなるのですから、植物の健康を保つために欠かせないお手入れであると理解して、行うようにしましょう。

特にコスモスの場合、メキシコの高原地帯が原産なので、ジメジメと湿った環境は健康によくありません。茎や葉がわさわさと生い茂った状態にしておくと、下のほうまで日が当たらず、風が通らないことに。すると、蒸しやすく、湿気もたまりがちになってしまいます。これでは、コスモスはきれいな花を咲かせるどころか、息絶えてしまうことも。

そこで、コスモスには下記のふたつの剪定が必要になってきます。

摘芯
茎の先端にある芽(頂芽)を摘み取ること。ピンチとも呼ばれます。脇芽が増えるので茎数も増え、つく花数も多くなります。

切り戻し(※)
伸びた枝や茎を短く切り詰めること。姿やバランスを美しく整えるだけでなく、日当たりや風通しがよくなります。

※切り花で、花の水あげをよくするために、茎の根元を新しく切り直すことも「切り戻し」といいます

3.知りたい! 剪定する目的とメリット

摘心の目的とメリット

コスモスには、鉢植え用の苗など、草丈50~60㎝とコンパクトな種類のものもありますが、それ以外は自由に生長させると草丈が2mくらいまで伸びてしまいます。特に、秋咲きの晩生品種を早い時期に種まきした場合、日が長い間はつぼみをつけず、草丈ばかりが大きくなることに。地植えで草丈を高く、迫力あるコスモスに育てたい場合はそれでもよいのですが、豪雨や強風で倒れやすくなります。また、下のほうは葉が絡み合うようなジャングル状態になり、日当たりも風通しも悪く、コスモスがもっとも嫌う過湿状態に陥る危険性があります。

コスモスを摘心する目的は、そんな伸び放題になりやすい草丈を、扱いやすく抑制する点にあります。そこから生じるメリットはふたつ。ひとつはジャングル状態を回避して、過湿状態を防げること。もうひとつは、摘心することで、脇から新たなコスモスの芽が出て、つぼみが増えるので、より多くの花を楽しめるようになることです。

切り戻しの目的とメリット

摘心後もコスモスはぐんぐん育ちます。脇芽が伸びて葉が多くなると、土に近い根元のほうは蒸れやすく、風通しが悪く、コスモスが苦手なジメジメ状態になってしまいます。

切り戻しをする目的は、そうした過湿状態を防ぐことです。日当たりや風通しがよくなって、コスモスが元気になるのはもちろん、ボリュームが縦ではなく横に広がって倒れにくくなるというメリットがあります。その結果、上下だけではなく、左右で花が楽しめるというのも嬉しいメリットです。

4.剪定に適した時期を、見極めましょう

コスモスの剪定は、その目的によって、適した時期が異なります。言い換えれば、適期ではない時期に、剪定をしてはいけません。

摘心の適期と方法

コスモスを種から育てた場合、その種類や種まきした時期によって異なります。本葉が6~8枚まで育ったら、先端の芽(頂芽)を園芸用の剪定バサミで摘心するのが、最初のタイミングです。

その後もコスモスの生長具合を見ながら、適宜行います。春に種まきした夏咲き品種なら、5~6月にかけて繰り返し摘心をするとよいでしょう。苗を購入した場合も同様です。

ただし、ある程度生長して日照時間に変化が出てくる時期に摘芯しすぎると、日光を感知している頂芽を摘み取ることになってしまい、つぼみがつかなくなることがあります。過ぎたるは及ばざるがごとし。夏咲きなら7月以降、秋咲きなら9月以降の摘芯は控えるのがベストです。

切り戻しの適期と方法

切り戻しは、傷んだ茎や葉を取り除くとともに、増えすぎた茎があれば切って形を整えます。摘心後のコスモスの様子を見ながら、気づいたときに随時行いましょう。特に台風シーズンを乗り切ったあとのコスモスは、茎が折れていることがあるので、よく観察して折れている茎や枝は切り戻しておきましょう。

また、開花期を迎えたら、「花がら摘み」という作業が加わります。咲き終わった花をそのままにしておくと、コスモスは種を作るためにエネルギーを大量消費し、生育が衰えてしまいます。すると、つぼみが開花しないこともあります。「花がら摘み」は、コスモスの花をできるだけ長い期間楽しむために行うものです。開花期間中は咲き終わった花を茎からカットして、切り戻しをかねた花がら摘みを心がけましょう。

5. 剪定のポイントは、枝や茎の選び方です

庭木の場合には、美しい木の形を保つときに「忌み枝」と呼ばれる不要な枝を剪定し、形を整えていきますが、コスモスの剪定はそれほど難しくありません。

摘心の場合は、コスモスの茎の先端にある頂芽を切れば大丈夫です。

切り戻しは、不必要に伸びて暴れているような茎や、繁りすぎて混み合っている部分を選んで切り取ります。また、豪雨や強風の影響で茎が途中で折れてしまうことがあるので、そうした茎なども枯れる前に取り除いておきましょう。

6.コスモスの剪定には、コツがあります

コスモスの剪定のコツは、草丈が大きく伸びすぎないうちに行うことに尽きます。

せっかく育った芽を切り取るのはかわいそう…、ハサミを入れるなんて怖い…という声をガーデニング初心者からよく聞きますが、植物の剪定は、人間にたとえると“散髪”や“爪切り”のようなもの。傷つけたり、生命に害を及ぼしたりする作業では決してありません。むしろ、コスモスが元気に快適に、たくさんの花を咲かせるために必要なケアだと考えて、行ってあげましょう。

7.剪定をするときの注意点はこちらです

コスモスに限らず、植物を剪定するときはよく切れる園芸用の剪定バサミを使いましょう。キッチンバサミや文房具のハサミしかないから…という初心者が少なくありませんが、ヘアカットをするのにキッチンバサミを使わないのと同じく、植物のことを思うなら、やはり園芸用の剪定バサミを使ってあげたいもの。先が細いものは細かい作業に便利です。

また、そのハサミを“清潔”な状態で使うことが重要です! いろいろな植物を育てている場合、道具を媒介として病気が移ってしまうことがあるからです。病気にかかった植物を切ったあとには、消毒が必要になります。ただし、罹病しているかどうかの判断は大変に難しく、剪定作業を行った後は必ず薬局で売られている消毒用エタノールに浸けたり、バーナーなどでハサミの刃の部分を焼いたりして殺菌するように心がけます。

普段のお手入れは、使用後に水で洗い、水分をよく拭き取ってから、オイルを塗っておく程度で大丈夫です。

構成と文・岸田直子

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事