• TOP
  • 記事一覧
  • 秋風に揺れる圧巻の550万本! 摘み取り体験も大人気の、 昭和記念公園「コスモスまつり2018」

秋風に揺れる圧巻の550万本! 摘み取り体験も大人気の、 昭和記念公園「コスモスまつり2018」

記事 2018/09/22
秋風に揺れる圧巻の550万本! 摘み取り体験も大人気の、  昭和記念公園「コスモスまつり2018」

秋の花の代表格といえば、やっぱりコスモス。花びらをまあるく広げ、風に吹かれて揺れるさまも可憐で、秋の到来を実感させてくれます。 そんなコスモスがたっぷり楽しめるのが、東京・立川市、昭島市の国営昭和記念公園。9月15日(土)から、「コスモスまつり2018」が開催されています。園内に植えられたコスモスの数は、じつに550万本! 丘一面に咲き誇るコスモスを目にすれば、歓声を上げるはずです。

真っ先に開花するのはさわやかなレモンイエロー!

期間中、園内の3か所で種類の違うコスモスが順に開花していきます。まず初めに開花を迎えるのが、原っぱ東花畑に咲く70万本のコスモス。ここに咲いているのはさわやかな黄色が特長の「レモンブライト(キバナコスモス)」です。コスモスといえばピンクやオレンジなどを思い浮かべがちですが、こんなレモンイエローの品種も。10月上旬頃までが見頃です。

もちろん定番のピンク色も。400万本が丘一面を彩ります

やっぱりピンク色のコスモスにも出合いたい……そんなかたは、10月中旬から下旬にかけてお出かけを。コスモスといえばこの品種、「センセーション」400万本が花の丘で開花を迎えます。なだらかな丘一面がピンクに染まる様子は見ごたえたっぷり。散策も楽しく、写真映えすること間違いなしです。

開花リレーのラストは彩り豊かな花畑。摘み取り体験も!

10月下旬には原っぱ西花畑で、3種類のイエロー系品種「イエローキャンパス」「イエローガーデン」「オレンジキャンパス」80万本が開花します。色味の違うコスモスたちが花畑をいっそう豊かな表情に。

イベント最終日の10月28日(日)には、この花畑で摘み取り体験も行われます(雨天の場合は中止。詳しくはホームページで確認を)。予約不要で参加費無料のため、毎年行列ができるほど大人気だとか。園内だけでなく、自宅に飾って楽しめるうれしいチャンスです。

無料入園日や早朝開園、週末はイベントもたっぷり!

週末には、稲刈りや木の実を使ったワークショップ、コスモス風車作りなど、大人も子どもも楽しめるイベントが続々と開催されます。

また、秋の都市緑化月間として10月21日(日)と10月28日(日)は入園料無料に(ただし、駐車料金は別途有料になります)。そして、10月の日曜祝日は通常より1時間早い8時30分から開園するため、朝の光を浴びて咲くコスモスも堪能できます。

訪れる時期により出合うコスモスは変わります。あなたはどのコスモスに合いに行きますか?

Data:「コスモスまつり2018」9/15(土)~10月28(日)
ホームページ/http://www.showakinen-koen.jp/event/cosmos_2018/
場所/国営昭和記念公園(東京都立川市緑町3173)
開催時間/9時30分~17時 ※10月の日曜祝日は8時30分~
料金/一般450円(15歳以上。中学生以下は無料)、シルバー(65歳以上)210円
アクセス/電車の場合…JR青梅線西立川駅より徒歩約2分、JR中央線立川駅より徒歩約10分、多摩都市モノレール立川北駅より徒歩約8分
車の場合…中央自動車道国立府中ICより8km(国立府中IC下車後、国道20号線を立川方面へ。日野橋交差点を右折)


関連記事