• TOP
  • 記事一覧
  • 野に咲く姿に思いをはせて。野趣を感じるユリの花あしらい

野に咲く姿に思いをはせて。野趣を感じるユリの花あしらい

記事 2018/09/06
野に咲く姿に思いをはせて。野趣を感じるユリの花あしらい

野山にひっそりと咲くユリの姿は楚々として可憐でもあり、凛としてたくましくもあり…。ここでは、野趣あふれるユリのあしらいを紹介します。さまざまな表情や美しいシルエットを楽しんでみませんか? 

細くたおやかな茎をすっきりと。風が通る涼しさが気持ちよく

花材:ユリ(オレンジココット、フォーエバースーザン)、リリオペ、リキュウソウ

オレンジココットは茎が細く葉っぱも小さいので、長くあしらうのに使いやすいユリ。花も葉も、不要なものは間引いて抜けを作り、線の動きを見せると、躍動感あるあしらいになります。落とした花と色の強いフォーエバースーザンは、足元に固めて引き締めて。細く長いリキュウソウで、柔らかなラインを添えて仕上げましょう。
花・相澤美佳 撮影・山本正樹

◆ポイント◆
短いユリは足元に集めます
オレンジココットは花茎が長いスプレー咲きなので、スポンジにも挿しやすいです。

ちっちゃくオブジェ風に。野のユリの情緒を楽しんで

花材:ユリ(ヒメユリ)、フキの葉、シマフトイ、ウメの実 

初夏のほんの少しの間に出会えるヒメユリ。小さくて、ドキッとするほど強いオレンジ色の花は、かわいらしさと野のたくましさの両方をもち合わせています。だからこそ、こんなユニークなスタイルで遊べちゃうのです。フトイのランダムなライン、まん丸の梅の実…。窓越しの光を受けて輝くユリの姿に、夏を感じます。
花・田中光洋 撮影・山本正樹

◆ポイント◆
花の表情にグッと寄って注目!
ヒメユリの茎はまっすぐで太いので、花1輪のかわいさを生かすことをおすすめします。

表情豊かな花顔をキュッと。はかないピンクにうっとり

花材:ユリ(オトメユリ)、ヘクソカズラ

光を透かすような薄くきゃしゃな花びら、ゆるいウエーブがかかったシルエット、そしてさわやかな香り…。花径が5cmほどと小輪のオトメユリは、まるで草花のような容姿。線も細くたおやかだから、長く使うのが一般的だけど、あえて花首だけをキュッとまとめて、花の愛らしさをクローズアップしました。山のユリだから、花粉は取らずに野趣を感じさせて。
花・田中光洋 撮影・山本正樹

うつむく姿が可憐。はじらうように葉の陰からそっと…

花材:ユリ(ササユリ)、ショウブ 

香りが高く、小さくほっそりとしたシルエットが魅力のササユリは、この時期、ほんのわずかしか出回りません。楚々としていながら、優雅さも感られるフォルムがあまりにきれいだから、余計な装飾は不要。あえて、スッと伸びるシャープなグリーンだけでシンプルにあしらいました。そのほうが、繊細ではかない風情が生きるからです。凛とした姿に、気品さえ漂います。
花・田中光洋 撮影・山本正樹

◆ポイント◆
葉の間から花を覗かせて
ササユリはうつむき加減の花姿が魅力。そのシルエットを生かしましょう。


関連記事