• TOP
  • 記事一覧
  • ベゴニアに必要な肥料について、正しい与え方と注意点を知りましょう

ベゴニアに必要な肥料について、正しい与え方と注意点を知りましょう

記事 2018/05/31
ベゴニアに必要な肥料について、正しい与え方と注意点を知りましょう

日本を含めて世界中の熱帯・夜亜熱帯の多くに広く見られるベゴニア。数千もの品種があり、白、赤、ピンク、黄、オレンジ、紫などの花を一年中咲かせますが、花だけでなく葉の観賞でもファンの多い植物です。ベゴニアは高温多湿の場所を好み、あまり栄養のない土でも元気に育ちますが、逆に栄養の与えすぎからトラブルになることもあるので、肥料の与え方とその注意点を知っておきましょう。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

1.ベゴニアを育てる前に知っておきたいこと 

葉が左右非対称なのはベゴニアの特徴のひとつですが、もうひとつ特徴的なのは「雌雄異花」だということ。これは、雄しべのつく雄花と雌しべのつく雌花が別々に咲く性質のことで、ベゴニアはひとつの株に形の違う雄花と雌花がそれぞれ咲きます。通常は、八重咲きのもが雄花、一重咲きのものが雌花です。

ベゴニアの基本データ
学名:Begonia
科名:シュウカイドウ科 
属名:シュウカイドウ属
原産地: 熱帯、亜熱帯(オーストラリアをのぞく)
英名:Begonia
開花期:一年中
花色:ピンク、赤、オレンジ、黄色、白、青紫
発芽適温:20〜25℃
生育適温:18〜20℃

種類の多いベゴニアはタイプによって育て方のポイントが異なりますが、初心者にも育てやすく長く花を観賞できる植物です。見た目や性質からさまざまな分類方法でわけられることがありますが、ここでは、木立性ベゴニア、四季咲きベゴニア、根茎性ベゴニア、球根ベゴニア、エラチオールベゴニアの5つの分類で紹介します。

木立性ベゴニア
茎がまっすぐに立って伸びるベゴニアです。花が美しいもの、葉が美しいものなど多種多様な品種があり、ベゴニアの中でも育てやすく人気のあるタイプです。

四季咲きベゴニア
環境によっては1年を通して花を楽しめるタイプで、センパフローレンスとも呼ばれます。鉢植えのほか花壇の花としても人気があり、その多くが種から育てられます。春から秋にかけて小ぶりの花をたくさん咲かせ、こんもりとしたシルエットを作ります。

根茎性ベゴニア
茎が太く、地面をはうようにして成長します。園芸種の種類が最も多いタイプです。よく知られたレックス・ベゴニアはこの根茎性に分類されます。花よりも美しい葉を楽しむタイプのベゴニアです

球根ベゴニア
気温が下がると地上部が枯れて、球根で冬を過ごすタイプです。アンデス山脈に自生する6〜7種類の原種を複雑に交配しているため、デリケートで日本の暑さには弱いものが多く、管理がやや難しいタイプです。ベゴニアの中では大きな花を咲かせるところから、最も華やかな種類ともいえます。

エラチオールベゴニア
球根ベゴニアの交配で誕生したもので、冬に咲く鉢花として人気があり、贈り物などにもよく使われます。暑さにも寒さにも弱く、20℃前後の環境が最適です。

2.ベゴニアには、栄養を補うための肥料が必要です

植物は動物のように自分で動いて活動することができません。ひとつの場所にとどまってその土から水分を吸収し、光を浴びて光合成をし、酸素と炭水化物を作りながら生きています。人間でいうなら、水と光は植物にとって必要最小限の食事と同じです。しかし、水と光だけでは生きていけません。自分のからだを作るためにはそれ以外の養分も必要とします。その養分が肥料です。

土の中にも多少の養分は含まれていますが、人が管理する観賞用の植物の場合は、土の中にある養分だけでは不足しがちです。ベゴニアも同様で、生育期に十分な栄養を与えることで、丈夫な株に育ち、美しくたくさんの花を咲かせてくれるのです。

3.種類を知ることが、適した肥料選びの近道

植物に与える肥料には、液体のものと固形のものがありますが、肥料の成分、効き方でもそれぞれの種類があります。

成分の違いでは有機質肥料と無機質肥料があります。有機質肥料が動物や植物など自然のものから作った肥料であるのに対し、無機質肥料は化学的に作られたものです。それぞれの肥料をもう少しくわしく説明していきましょう。

有機質肥料
動植物由来のもので、動物のふんや骨粉、油かす、落ち葉や生ごみの堆肥などがあります。土の中の微生物が肥料を分解し、それが植物の根に吸収されていくため、肥料の効果が出るまでに時間がかかります。

無機質肥料
鉱物などを原料として化学的に合成した肥料で、化成肥料ともいいます。化成肥料は初心者でも扱いやすいですが、多くやりすぎると植物にダメージを与えることがあるので、容量や使用方法に注意が必要です。

効き方の違いでは、効き目がゆっくりとあらわれ持続効果の長い緩効性肥料や遅効性肥料と、効き目は早いけれど持続時間の短い速効性肥料とがあります。

緩効性肥料
遅効性肥料と呼ばれることもあります。成分がゆっくり浸透する肥料で、効き目が長く持続します。固形のものが多く、有機質肥料は緩効性タイプの肥料です。化成肥料にも錠剤や粒状の緩効性肥料があります。効き方はゆっくりですが、土の中に長く蓄積されるので、植物を植えつける時に入れる元肥(もとごえ)としてよく使われます。

速効性肥料
効き目のあらわれるのが早い肥料ですが、長持ちしません。液体のものが多く、栽培中に与える追肥(ついひ)として使うことが多くなります。液体肥料は、原液のまま使うものと薄めて使うものがありますので、使用方法に沿って使うことが重要です。

ベゴニアの肥料は、与える時期やタイミング、ベゴニアの種類によって緩効性と速効性を使い分けるとよいでしょう。詳しくはのちほど説明します。

肥料の三大要素について

植物を育てるためにはさまざまな養分が必要ですが、なかでも欠かすことのできない三大要素は、「窒素(N)」「リン酸(P)」「カリ(K)」です。そのため肥料にもこれらの栄養素が含まれたものが最適です。

肥料のラベルには、略号で三大栄養の配合割合が表示されています。たとえば、N-P-K=6-10-5と書かれていれば、窒素6%、リン酸10%、カリ5%がその肥料に含まれていることを表しています。100gの肥料であれば、窒素が6g、リン酸が10g、カリが5gということです。

窒素(N)
窒素は細胞の元となるタンパク質を作り、葉や茎を育て光合成をするのに欠かせない葉緑素を作る助けもします。窒素が足りなくなると、色が薄くなったり元気がなくなったり、与えすぎると葉だけが茂りすぎたり、茎が細くひょろりと伸びる徒長がおきます。

リン酸(P)
リン酸は植物に元気を与え、苗や根の成長を促し、花や実や種がよくできるように働きます。リン酸が不足すると、根が十分育たず生育が鈍くなり、下葉や茎の色が暗くなって落ちる葉が多くなります。

カリ(K)
カリはカリウムのことで、葉緑素の生育、特に根の発育を促し、茎や葉を元気にします。また植物の体内で水分がうまく行き渡るのを助け、浸透圧や酸性度を調整します。カリウムが足りなくなると、茎が弱くなり、下葉が痛みやすくなります。逆に与えすぎるとカルシウムなどが不足することがあります。

ベゴニアは窒素成分が多いものだと、葉ばかり繁って花つきが悪くなるので、リン酸がやや多めのものを選びます。

三大栄要素以外に植物に必要な栄養は?

三大栄要素は植物にとってなくてはならない必須の養分ですが、それ以外に、カルシウム、マグネシウムなども植物の成長に必要です。一般に植物を育てる土は弱酸性がよいとされていますが、日本の土は酸性に傾きやすいため土壌改良が必要です。その際によく使われるのが市販の「苦土石灰」で、これにはカルシウムとマグネシウムがミックスされています。

またごく微量でも必要となるものには、銅、亜鉛、マンガン、鉄、ホウ素、塩素などがあります。こういった要素は、単品で与えるよりも、市販の肥料の中に含まれているものとして覚えておけばよいと思います。

4.肥料を与え始める、時期とタイミング

肥料の与え方には、植物を庭に植えつける時や鉢の植え替え時に与える「元肥(もとごえ)」と、栽培中に与える「追肥(ついひ)」があります。

ベゴニアの元肥は、苗や株を植えつける土全体に事前に肥料を混ぜ込んでおくのがよいでしょう。元肥の肥料には、効き目がゆっくりで効果が長続きする緩効性肥料や遅効性肥料を用います。ただし、鉢植えのベゴニアで市販の培養土を使って植え替えする場合は、すでに肥料が混ぜ込まれている培養土があります。そういったものを使う場合は、肥料は必要ありません。必要に応じて元肥を与えましょう。

元肥は効果が持続するといっても、時間が経てば土内の栄養分は薄れてきます。特に鉢植えの場合は、水やりの際に養分も流れますので、庭植えのものよりも追肥が必要です。追肥に使うのは効き目の速くでる速効性肥料が求められます。水やりの時に一緒に施せる液体肥料がよく使われますが、固形状の化成肥料を土の上に置く「置き肥(おきごえ)」の形で施されることもあります。

追肥はおもに植物の生育期に与えるもので、ベゴニアの場合は生育が旺盛な株なら5〜10月の間、2週間に1回程度液体肥料を施します。ただし、気温が30℃を超える時期や少し元気がないような株には肥料を控えます。球根ベゴニアは、気温が下がり地上部の葉色が緑から黄緑色に変わり始めたら肥料をやめます。エラチオールベゴニアは、冬でも10℃以上を保てる場合は月に1回液体肥料を施します。

また、店頭に並んでいる鉢植えのベゴニアは、たっぷりと肥料が与えられていることがほとんどです。そのためさらに肥料をやると与えすぎで株を痛めてしまうこともあるため、購入したばかりの鉢植えは、1か月程度は肥料を控えて様子を見ましょう。

5.ベゴニアへの肥料の与え方が知りたい

ベゴニアの元肥は、庭への植えつけや鉢の植え替えの時に施します。土1ℓに対して3gの緩効性肥料を土全体に混ぜ込みます。花壇の面積にすると1㎡あたり50〜100g程度が目安です。鉢の植え替えの際、肥料が含まれた培養土を使う場合は元肥を入れる必要はありません。追肥は基本的には生育期に施しますが、株が弱っている場合は、追肥を施さずに様子をみます。肥料を与える時期は、ベゴニアの種類によって少しずつ異なりますので注意しましょう。

木立性ベゴニア
四季咲き性ベゴニア
根茎性ベゴニア

4月中旬〜6月上旬、9月下旬〜10月が植えつけの適期ですので、植えつけの際に元肥を施します。追肥は3月中旬〜6月、9月下旬〜10月くらいまで、液体肥料を施すか固形の緩効性肥料を置き肥します。秋、気温が下がり始めたら徐々に肥料を少なめにし、冬の間は不要です。

球根ベゴニア
3月中旬〜4月中旬の植えつけの際に元肥を施します。5〜6月の生育期は液体肥料を施すか、固形の緩効性肥料を置き肥します。9月下旬〜10月は規定量よりも少し薄めにした液体肥料か、緩効性肥料を少なめに与えます。地上部が完全に枯れたら肥料は不要です。

エラチオールベゴニア
5〜6月上旬と9月下旬〜10月が植えつけの適期ですので、植えつけの際に元肥を施します。追肥は元気のある株に施しますが、6月中旬〜9月中旬は暑さ負けしてしまうことがあるので肥料を与えません。冬は10℃以上を保てる鉢植えの場合に限って、月に1回液体肥料を施します。

6.ベゴニアに肥料を与えるときの注意点は?

一般に化成肥料を長く使っていると、土の中の有機物が減ってきて、それをえさにしている微生物の活動が弱くなります。そうなると土の中の生態系が悪くなり、土壌が劣化して病原菌や害虫も招きやすくなります。花壇など庭植えでベゴニアを楽しむ場合は、有機質肥料をメインに使うとよいでしょう。

肥料をあげすぎると「肥料やけ」が起きます

肥料やけとは、過剰な肥料のせいで根の機能が弱まり、栄養を吸収できないようにしてしまうことです。栄養が吸収できないのですから、ひどくなればそのまま枯れてしまいます。葉の色が黒っぽくなってきたり、全体がしおれたようになってきたりしたら、肥料やけの可能性があります。特にベゴニアの場合は、生育期であるにもかかわらず花つきが悪かったり、成長の勢いがなく元気がないようなときに肥料を与えると、さらに株が弱ってしまいます。

また、店頭に並んでいる鉢植えのベゴニアは、たっぷりと肥料が与えられていることが多いため、購入後すぐに肥料をやると与えすぎの状態になることがあります。購入後3〜4週間程度は肥料を控えましょう。

夏の暑い時期も要注意です。気温が高いと土内の水分がすぐに蒸発して、肥料の養分濃度が濃くなりすぎてしまいます。そのため7〜8月の真夏は、肥料を与えないようにします。

構成と文・ブライズヘッド

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事