もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 鮮やかイエローで部屋を明るく! ヒマワリの素敵ないけ方・飾り方

鮮やかイエローで部屋を明るく! ヒマワリの素敵ないけ方・飾り方

記事 2018/08/10
鮮やかイエローで部屋を明るく! ヒマワリの素敵ないけ方・飾り方

夏を象徴する花、ヒマワリ。大輪から小輪まで、夏にはたくさんのタイプが出回ります。茶色系のシックな品種もありますが、今回は明るく輝く華やいだ色をチョイスして飾り方のアイデアをお届け! さんさんと降りそそぐ光に似合う鮮やかなビタミンカラーを、たっぷり楽しみましょう! パワーをもらって、きっと気持ちも元気になれるはず。

エディブルフラワーといっしょに飾ると軽やかに

花材:ヒマワリ(ビンセント®クリアオレンジ)、ナスタチウム、ミント

まぶしいくらい鮮やかな黄色が魅力のヒマワリは、フレッシュなハーブを合わせて、朝の食卓に似合うあしらいに仕上げました。濃いブルーの器も南仏風で素敵です。ヒマワリは平面的な花なので、動きをどうつけるかがあしらい成功のポイント。花の向きや高さに変化をつけて、さわやかな草花を合わせると、軽やかな感じになります。
花・大髙令子 撮影・中野博安

草花と合わせて、野の花の風情を楽しみましょう

花材:ヒマワリ(サンリッチフレッシュレモン、サンリッチフレッシュオレンジ)、ルドベキア、ニゲラ、ヤグルマソウ、テマリソウ、ヒューケラ

小ぶりのバスケットに花をたっぷり! 庭に咲いた花を摘んできたかのようなワイルドな風情で、ヒマワリのフレッシュな表情を楽しみましょう。まずヒマワリを入れて輪郭を取りますが、思ったよりも大きく間隔をあけて、間に草花を挿すとバランスよくまとまります。
花・田中佳子 撮影・中野博安

◆ポイント◆
濃いめの色で落ち着かせて
黄色、オレンジ、緑の取り合わせにちょっぴり濃いブラウン系をプラスすると、引き締めの効果があります。

ヒマワリともっと仲良く! 夏の上手なつきあい方

黄色~オレンジ色がよく知られていますが、最近はチョコレート色のものや八重咲きもあり、シックなあしらいにも使えます。もちは悪くないのですが、水につけている部分が腐りやすいので、水は少なめにするとよいでしょう。

使わない葉は取り除いて
ヒマワリは葉が先に黒ずんでしまったりするので、使わない場合はあらかじめ取り除くことをおすすめします。

スポンジを利用するのも手
こまめに水替えできないときには、吸水性スポンジのほうが茎が腐りにくいです。スポンジのなかには殺菌効果があるものも。


関連記事