• TOP
  • 記事一覧
  • ブルーベリーの植えつけ・植え替えに適した土の作り方

ブルーベリーの植えつけ・植え替えに適した土の作り方

記事 2019/03/10
ブルーベリーの植えつけ・植え替えに適した土の作り方

「果樹を育てるのは難しい」――そんなイメージがありますが、ブルーベリーは比較的育てやすく、家庭で育てる果樹として人気があります。樹高も高くならず、春から初夏に咲く花は可憐で、夏には果実がたわわに実ります。秋には美しい紅葉も楽しめます。ブルーベリーは酸性の土でよく育つため、他の多くの植物とは違った土作りが必要となります。監修・三輪正幸(千葉大学環境健康フィールド科学センター助教)

1.ブルーベリーを育てる前に知っておきたいこと

ブルーベリーは、初心者にも育てやすい果樹のひとつですが、土作りにちょっとしたポイントがあります。土作りを始める前に、上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。

ブルーベリーの基本データ
学名:Vaccinium spp.
科名:ツツジ科
属名:スノキ属
原産地:北アメリカ
和名:ブルーベリー、ヌマスノキ、アメリカスノキ
英名:blueberry
開花期:4〜5月
花色:白、ピンク
植え付け時期:落葉期(関東以西では11〜3月、寒冷地では2月下旬〜3月中旬)
収穫期:6〜9月
耐寒気温:−20〜−10℃

ブルーベリーは品種のタイプによって、ハイブッシュ系とラビットアイ系に大別されます。果実を実らせるためには受粉が必要となりますが、ラビットアイ系の品種のブルーベリーは、自分自身の花粉では受粉しにくい傾向にあります。そのためラビットアイ系のブルーベリーを育て、果実を収穫するためには、同じラビットアイ系で別の品種を一緒に育てる必要があります。ハイブッシュ系のブルーベリーは1本でも受粉し、結実する品種もありますが、同じハイブッシュ系で異なる品種を一緒に育てて受粉させたほうが、確実に実つきがよくなり、果実が大きく育ちます。

また、他の多くの植物が中性〜弱酸性の土を好みますが、ブルーベリーは酸性の土を好み、pHでいうと5.0前後の土でよく育ちます。そのため多くの土ではpHを調整していないピートモスなどを土に混ぜて、pHを下げて育てる必要があります。

2.ブルーベリーの植えつけ・植え替えの時期はいつ?

植えつけは落葉期に行う

ブルーベリーの苗木の植え付けは11〜3月の落葉期に行いますが、寒さの厳しい時期は避けなければならないため、温暖な地域であれば11〜12月、寒冷地では2〜3月中旬が適しています。

植え替えは11月、あるいは3月に

鉢増しといった植え替えは、厳寒期を避け、休眠期に入った11月、あるいは暖かくなり始めた3月に行うようにします。

3.植えつけ・植え替えに適した用土

酸性の土に植えつけることが大切

植物の栽培では、水はけと水もちがよい土を作ることが大切だといわれます。さらに多くの植物ではpH6.5程度の弱酸性の土を好みます。ブルーベリーも水はけと水もちのよい土が適しているのは同様ですが、pHに限ってみると、やや酸性の強い、pH5.0前後の土でよく育ちます。中性や弱酸性の土ではよく育たないどころか枯れてしまうこともあります。

プランターの土作り

プランターではブルーベリー用に調整された培養土が市販されていますので、それをそのまま利用します。ブルーベリーの土はあらかじめpHが酸性に調整されていて、そのまま用いることができます。もしブルーベリー用の土が入手できない場合は、野菜用の土として市販されている土にpH無調整のピートモスを同量混ぜて用いるようにします。

ピートモスの使い方と特徴
ピートモスは水を入れたバケツなどであらかじめ十分に湿らせておきましょう。ピートモスはミズゴケなどが堆積して腐食したものから泥の部分を取り除き、粉砕・乾燥させたもので、酸性が強く、アルカリ性の土を中性あるいは弱酸性にする調整用土として用いられます。ブルーベリーの栽培ではこのピートモスを栽培用土にたっぷりと混ぜることで、ブルーベリーの生育に適した酸性の土を作るために用います。ここで注意しなくてはいけないのは、市販されているピートモスには、石灰などアルカリ性の資材を混ぜてpHを調整したものがあることです。pH調整済みのピートモスでは土を酸性にすることはできないので、ブルーベリーを育てる土を作るときには、必ずpH無調整のピートモスを用いるようにしなくてはいけません。

庭植えの土作り

庭植えにする場合は庭土に直接植えつけるのではなく、pHを調整していないピートモスを混ぜて、土を酸性にしてから植えつけなくてはなりません。市販のピートモスは乾燥したものが売られています。乾燥したピートモスは水をはじいてよく混ざらないため、あらかじめ水を入れたバケツなどで水をたっぷり含ませておく必要があります。

4.植えつけ・植え替えのための準備

プランターに植えつける準備

プランターで育てる場合、植物の生育は植えつけたプランターの大きさで決まります。コンパクトに育てたいときは小さなプランターで、ある程度の大きさに育てたい場合は大きなプランターを選ぶようにします。基本は苗木の根鉢の大きさよりひと回りほど大きなプランター、具体的には7〜10号程度(21〜30cm)のものを用意するとよいでしょう。あまり大きなものを使うと、移動や植え替えなどの作業時に負担が大きくなります。

プランターの材質にはさまざまなものがあります。安価で軽く扱いやすいのはプラスチック製ですが、通気性や水はけといった植物の生育を考えると素焼き鉢が向いているといえます。なお、形や色のバリエーションに飛んだグラスファイバー製のものもあります。

プランターの植え替え準備

鉢植えの植物をひと回り大きな鉢に植え替えることを鉢増し、同じ大きさの鉢に植え替えることを鉢替えといいます。鉢増しではひと回り〜ふた回り大きな鉢(プランター)を用意する必要があります。また植え替えに使う用土は新しいものを用意して使うようにします。

庭植えで育てる準備

日光を好むので、日あたりのよい場所に植えつけるようにします。植えつけ前には酸度調整していないピートモスなどで土のpHを調整することが大切です。

5.ブルーベリーの植えつけ・植え替えの方法

プランターへの植えつけ

1.苗木の準備
苗木は鉢から抜いて根鉢を軽くほぐしておきます。

2.用土の準備
プランターで栽培する場合は、市販されているブルーベリー用の土が便利です。プランターに鉢底ネットを敷いた上で鉢底石を3cmほどの厚さに入れ、用土を使って植えつけます。

3.用土を調整
最終的に用土の表面がプランターの縁より3cmほど下がるように用土を調整し、苗木の株元が用土の表面とそろうように植えつけます。用土の高さをプランターの縁より下げるのは、水やりの際、この部分に水がたまるようにするためで、ウォータースペースといいます。

4.水やり
植えつけ後、必要に応じて支柱を立てて固定し、たっぷりと水やりをします。

庭への植えつけの方法

1.穴を掘る
ブルーベリーの苗木を用意したら、植えつけ場所に深さ・直径ともに40〜50cmの穴を掘ります。

2.土の準備
あらかじめ水で十分湿らせたピートモス40〜50L、腐葉土40Lほどを掘り起こした庭土によく混ぜて、半分ほど穴に埋め戻します。

3.植えつけ
苗木の根鉢を軽くほぐし植え穴に入れて、残りの土を使って植えつけます。このとき、苗木の株元が地面の高さになるように調整をします。

4.水やり
植えつけ後は支柱を立て、軽く枝先を切り戻し、たっぷりと水やりをします。乾燥を防ぐため、バークチップやワラなどで植えつけた苗木の株元を覆います。

プランターの植え替えは毎年行う

プランター栽培に用いるピートモスは、少しずつ分解されていくため、用土の質が落ちていきます。用土を入れ替える意味もあり、植え替えは毎年行うとよいでしょう。植え替えに用いる用土はすべて新しいものを使うようにします。

◇鉢増し(植え替え)の方法

1.鉢から取り出す
大きなサイズの鉢に植え替える作業を鉢増し(鉢替え)といいます。まずは、鉢から株を取り出します。根鉢が硬く締まっている場合には、手でほぐします。

2.植え替える
ひと回り〜ふた回り大きな鉢を用意し、株の地ぎわが鉢の縁から3cmほど下になるよう調整しながら鉢底に用土を入れます。根鉢のまわりに用土を入れ込み、しっかりと植えつけます。

3.水やり
植えつけ後には鉢底から流れ出るまでたっぷりと水やりをします。

◇鉢を大きくする方法

1.根鉢を小さくする
株を鉢から抜き取り、ノコギリを使って、硬くなった根鉢の側面を根鉢がひと回り小さく細くなる程度に切り取ります。

2.植え替える
次に根鉢の肩と側面を軽くほぐし、鉢底に用土を入れて株を据え、根鉢の周囲に用土を入れ、深植えにならないように注意しながら植えつけます。

3.用土を足す
鉢を軽く持ち上げて何回か床に下ろすようにすると用土が沈むので、足りない分の用土を足して落ち着かせます。このとき、強く地面にたたきつけると、用土が締まりすぎて水はけが悪くなるので、軽く振動を与える程度にします。

4.水やり
植えつけ後には、たっぷりと水やりをしましょう。

6.ブルーベリーの植えつけ・植え替えをするときの注意点

ピートモスを混ぜた酸性の用土を使う

他の多くの植物が中性〜弱酸性の土を好みますが、ブルーベリーは酸性の土を好み、pHでいうと5.0前後の土でよく育ちます。そのため用土にはpHを調整していないピートモスなどを混ぜて、pHを下げて育てる必要があります。

7.ブルーベリーを育てる土には石灰を入れないの?

ピートモスでpHを調整

多くの植物は中性〜弱酸性の土でよく育ちます。一般に日本の土壌は酸性に傾いているため、植物を育てるときにはあらかじめ石灰を入れて土壌の酸性度を中和し、適切なpHに調整します。ところがブルーベリーの原産地の土壌はそれよりもさらに強い酸性で、ブルーベリーはそのような場所でよく育ちます。そのためブルーベリーを育てる場合には、植え付け前に土に石灰を施すことは厳禁で、逆に強い酸性を示すピートモスを混和して、土をpH5.0前後といった酸性にする必要があるのです。

構成と文・童夢

監修三輪正幸


関連記事