もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 東京・銀座の空中庭園で「春のローズガーデン」が開催中です

東京・銀座の空中庭園で「春のローズガーデン」が開催中です

東京・銀座の空中庭園で「春のローズガーデン」が開催中です

銀座4丁目の交差点からすぐ。『ファンケル 銀座スクエア』の最上階には、季節ごとに花々で歓待する庭があります。バラ、アジサイ、秋の実り…など年に8回、ガーデンイベントを開催。花好きな人々へ無料で開放しています。特に、春と秋のローズガーデンでは、趣向を凝らしたテーマが毎回、話題に。今春は“恋”をテーマに、色とりどりのバラが一堂に会しました。

出会いから結婚、おしどり夫婦になるまでの歩みをバラで演出

ピンクのバラはちょうどプロポーズの瞬間!? 春のローズガーデンのテーマは「恋バラ・恋ばな・恋結び」。愛し合うふたりの軌跡が、バラの色で表現されています。ふたりが出会った瞬間は赤バラで、だんだん絆が深まっていくさまはオレンジ色のバラ、そして、ピンクのバラは結婚の約束を意味します。結婚式を表すのはもちろん白バラ。仲睦まじく寄り添っていくさまはベージュ色のバラで描かれていました。美しいバラを愛でながら、恋から愛へ移りゆくストーリーをたどる…そこには豊かな時間が流れています。

■主役は、京成バラ園の新品種「恋結び」です

園内の中央を飾るのは、この春、新しくお目見えしたピンクのバラ「恋結び」。フルーティ~スパイシーな香りがある、ボリュームある大輪です。咲き進むにつれ、色が濃くのります。花名は、まだ見ぬ人を恋する清純な心を詠った和歌にちなむそう。

■ガーデン内にはあちこちに花言葉のカードが

バラはもちろん、恋や愛を語る花言葉をもつ植物までもが集められたガーデン。バラ全般は愛、白バラは純潔、コルジリネは幸福な交際…など、それぞれに花言葉カードが掛けられています。いくつ探せるか、わくわくしながら園内をまわるのも、楽しいですよ~。

■造形的なバラの“アート”も楽しめます

ガーデンがある『ファンケル 銀座スクエア』の最上階は、通常は貴賓室として、一般公開はされていません。オープンガーデンのときだけ公開され、室内でもゆったりとしたひと時を過ごすことができます。こちらには、第一園芸のフローリストが手掛けた大きなバラアレンジも。また、テーブルには、気軽にまねられそうなミニアレンジが置かれています。

春のローズガーデンは、5/11(金)まで開催中です。期間中は『花時間』とのコラボ・バラ王子のデモンストレーションをはじめ、いくつかのイベントも行われます。

詳細はこちらでどうぞ!

Data:ファンケル 銀座スクエア
ホームページ/http://www.fancl.jp/ginza-square/
住所/東京都中央区銀座5丁目8-16
電話/03-5537-0231(代表)
営業時間/11~20時(フロアにより異なります)
*ローズガーデンは11時30分~18時30分、5/11(金)の最終日は16時30分まで
定休日/元日のみ
アクセス/東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅より徒歩約1分

撮影・田邊美樹


関連記事