• TOP
  • 記事一覧
  • ノーブルな白が主役! 夏のバラあしらいは涼やかに。

ノーブルな白が主役! 夏のバラあしらいは涼やかに。

ノーブルな白が主役! 夏のバラあしらいは涼やかに。

夏のあしらいでは視覚的に涼しい色を選ぶのもおすすめ。ここでは白いバラを主役にしたあしらいをご紹介します。バラのシルエットを生かしたテイスト作り、ぜひ参考に!

ひらひらと咲く姿をふんわりと。ロマンチックなテイストに

花材:バラ(オードリー、シュナ-ベル)、フランネルフラワー、ライスフラワー、ヘリクリサムシルバー 

ウェーブのきれいなバラ、オードリーは半八重咲きで、風にそよぐような涼しげなシルエット。ニュアンスのあるベージュのバラや小花を合わせて、ふんわり柔らかな雰囲気に仕上げました。バラが平面的な姿なので、ペタッとしないように、茎のラインがひゅるっとかわいいフランネルフラワーを高めに飛ばして、軽やかに。
花・柳澤縁里 撮影・中野博安

ひんやりとした色合わせ。大きな葉っぱでスタイリッシュに

花材:バラ(エクレール、オートクチュール)、タイツリソウ、ディフェンバキア 

涼やかな色のバラに合わせたディフェンバキアは、白の斑入り。模様がモダンなので、全体のデザインもスタイリッシュに! 風がスッと通るスタイルがカッコイイでしょう? エクレールはたっぷり花をつけるスプレー咲き。大きな葉っぱ使いでポイントを作り、重さを感じさせずにすっきりまとめます。
花・田中佳子 撮影・中野博安

◆ポイント◆
仕組みは意外と簡単! 真似したいグリーン使いです

ディフェンバキアは根元をスポンジに挿してからくるっと丸め、ワイヤーを挿して空間を作ります。

バラともっと仲良く! 夏の上手なつきあい方

夏のバラは、花が少し小さくなり、色も淡くなる場合もあります。高温多湿に弱いので、風通しのよいアレンジで楽しみましょう。あしらうときは、茎は短めにしたほうが水あげもよく、比較的長くもちます。水は毎日替えて。

葉がしっかりしたものを選ぶ
バラも基本的には品質のいいものを選ぶのがいちばん。簡単に見分ける方法としては、葉のつやがよく、張りのあるものなら新鮮です。

水切りはこまめに !
夏はバクテリアが発生しやすいため、水は毎日取り替えます。そのときに、かならず茎は水の中で切り戻して、常に新鮮な状態を保つようにしてください。

不要な葉は取り除く
植物は葉っぱからも水分の蒸散が続いているので、水あげの段階から不要な葉っぱは取り除きましょう。


関連記事