• TOP
  • 記事一覧
  • いま話題のハーバリウム。『花時間マルシェ』で販売スタート!

いま話題のハーバリウム。『花時間マルシェ』で販売スタート!

いま話題のハーバリウム。『花時間マルシェ』で販売スタート!

『花時間』が運営するネットショップ『花時間マルシェ』をご存じですか? 市場直送の新鮮な花や、雑誌で活躍するフラワーアーティストのアレンジメントが購入できる、花好きさんに人気のサイトです。その『花時間マルシェ』に、スペシャルラインナップとして、話題のインテリア雑貨・ハーバリウムが登場! ほかのショップに並んでいるものとはひと味もふた味も違う、アーティスト手作りのハイセンスなハーバリウムは、全15種類。今回は、そのなかから6商品の魅力をお伝えします。

*ただいま、第2弾を発売中です ⇒ https://hanajikan.jp/article/652

ご購入はこちらへ

フラワーアーティストとコラボ!透明感溢れるハーバリウム

「ハーバリウム」とは、もともとは植物標本のこと。最近では主に、ボトルなどに入れたオイルのなかに、プリザーブドフラワーやドライフラワーを閉じ込めたもののことを指します。そのハーバリウムが昨年以来、流行に敏感な人々の間で密かなブームを呼んでいるんです。好きな色形の花を、みずみずしい状態で長く楽しめることが人気の理由のひとつ。ですが、何よりも、透明な液体のなかで、ゆらゆらとたゆたう花の非現実的な浮遊感、それを眺めることによる癒やしの効果が、あくせくと忙しい日々を送る現代人の心を惹きつけるのでしょう。実際、花に興味のない方や男性にも好評だそう。

ハーバリウムはもちろん1年中楽しめますが、インテリアに取り入れるのにいちばんおすすめの時期は、なんといっても夏。透明なオイルと揺れる植物という取り合わせがいかにも涼しげで、光溢れる夏の水辺を連想させるからです。ブルーやホワイトなどのクールカラーの植物をあしらい、空間をたっぷりと使った透明感いっぱいのハーバリウムは、自分の部屋に飾るのはもちろん、涼を呼ぶ夏のギフトとして贈りものにもぴったりです。

『花時間マルシェ』のハーバリウムのいちばんの特徴は、花の魅力を知り尽くしたフラワーアーティストが、1点1点心を込めて作っていること。今回、デザイン・制作を担当したのは、いずれも雑誌やスクールで活躍している3人の女性アーティストです。ですから、どの商品もひとつの「作品」のように美しく、置くだけで部屋の雰囲気を変えるほどの存在感があります。ハーバリウムは一見、手軽に作れそうに見えますが、じつはおしゃれにセンスよく仕立てるのは、難しいもの。その点、アーティストの手によるものなら、完成度の高さは折り紙つきです。彼女たちは、アレンジメントで培った技術、プロならではの花色の合わせ方や空間の活かし方、そしてボトルへの装飾を含めた小物使いなどによって、個性的でハイセンスな逸品を生み出しました。ボトルの底に敷いた白い小石や口元のリボンの色など、細かいところまで丁寧に、心を配って作り上げた、特別な方のための、特別なハーバリウム。暑くて長い今年の夏を乗り切るために、側に置きたい爽やかな6商品について、下記に詳しく紹介しますので、この機会にぜひ『花時間マルシェ』のほうもチェックしてみてください。

華やかさのある小物使いにもセンスがキラリ! 

フラワーアーティスト橋爪容子作
橋爪容子さんがデザインするハーバリウムは、植物そのものの形を活かし、ボトルの蓋にリボンや貝の装飾を施すなど、細部までこだわりがつまっています。花合わせの妙はもちろん、タッセルを添えて華やかさを演出した、小物使いが見事です。

<シーブリーズ>澄んだ南の海をボトルに詰めて

植物の自然な造形美を表現した、ブルー系の花々。その足元には、貝殻やガラスサンド、サンゴに似た白い小枝など、南の海を思わせるアイテムをいくつも配しています。ボトルの蓋には、アクリルビーズつきのリボンが巻かれ、トップには貝殻でできたシェルパーツをON。口元に濃い青のタッセルもプラスして。

<オーシャンドリーム>白い砂浜にピンクのサンゴが点々と

ごく淡いブルーグレーやモスグリーンの植物たちは、明るい場所に飾るとより陰影に富んだ表情を見せます。白いガラスサンド&ボールと、コーラルピンクの小花の取り合わせは、砂浜にサンゴが点々とちらばる浜辺のイメージ。ボトルの蓋に白~コーラルピンク系のビーズつきリボンを巻き、アクセントとして優美な形のタッセルを。

シンプルな花合わせで大人のラグジュアリーを

フラワーアーティスト平澤一美作
平澤一美さんが提案するのは、花の種類を絞り、色使いをシンプルにした、大人っぽいハーバリウム。ボトルの形や口元のリボンによって、空間に光を取り込みます。上質なシリコンオイルを使用しているため、美しい花色が長もちするのも魅力です。

<ブルーファンタジー>光に透ける青い花。その静謐なたたずまい

薄い花びらの花や透け感のある葉など、繊細なブルー系の花材を、光の屈折が美しい六角形のボトルに詰めました。ふわふわのまっ白いポアプランツも加えて、青のもつ爽やかさを引き立てます。口元にキラキラとした光沢を放つラインストーンのリボンを巻いているので、よりきらめき感がアップ。「For You」タグつきなので贈りものにも。

<ラウンドブルー>部屋の片隅に小さな涼を転がして

透明感のあるブルーとホワイトの花材を詰めたハーバリウムは、清涼感いっぱいです。コロンとしたかわいいフラスコ形のボトルは、小さめなので、狭い洗面所や物が多いデスクの上など、ちょっとしたスペースに置くのにちょうどいい。口元にはステッチ入りの純白リボンをクルリ。まっすぐにしても、斜めに傾けても飾れます。

重なる花に色が弾けるキュートスタイル

フラワーアーティスト上野礼奈作
頭の中でイメージを膨らませてデザインするという上野礼奈さんのハーバリウムには、物語があります。さまざまな色形のプリザーブドフラワーをたっぷり使った、カラフルで愛らしいスタイルは、部屋のアクセントにぴったり。

<サマーバケーション>思い出の夏休みの風景がここに

透きとおるような青い海、海底で揺れる海藻、どこまでも続く白い砂浜、そこで拾ったまっ白い貝殻…。ウイスキー形のボトルのなかに、誰もが憧れる海辺のバケーションの風景を再現してみました。ブルー×グリーンという寒色系の色使いのなか、口元のリボンで、ちらりとレモンイエローをのぞかせているのが小粋です。

<レインボー>青空に広がる七色の虹を花で描く

虹は希望や幸運の象徴といわれます。激しい夕立のあと、ふと見上げた青空に、幸せをもたらす虹を見つけた! そのときの感動と喜びを、このボトルを眺めるたびに味わってほしい。そんな想いを込めて生み出された、七色のハーバリウムです。アジサイなどの小花と実ものとの、リズミカルなリフレインが、軽快で愛らしく。

ご購入はこちらへ!


関連記事