もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • 暑さが似合う華やかな個性派!ランと上手につきあうコツ

暑さが似合う華やかな個性派!ランと上手につきあうコツ

暑さが似合う華やかな個性派!ランと上手につきあうコツ

南国生まれのランは、独特のルックスが魅力。暑さにも強く長くもつので、この季節には重宝します。色とりどり、多彩なフォルムがそろうので、好みのものを選んでみて。合わせ花材次第で意外な表情を見せてくれます。

夏の赤、オレンジ、緑! 鮮やかな色合わせで元気よく

花材:モカラ、ヒペリカム、ペッパーベリー、アイビーベリー、ギボウシ、リキュウソウ

花はビビッドな色のモカラだけ。あとは葉っぱと実ものをたっぷり合わせます。どれも暑さに強くもちのいいものばかり。夏におすすめのあしらいです。実ものを使うときは重くならないように、色の違うものを合わせたり、垂れるもの、立ち上がるものなどをうまく組み合わせて。
花・柳澤縁里 撮影・中野博安

凛とした気品を感じさせる、シンプルなグリーン使い

花材:ミディコチョウラン(リトルゼブラ)、グリーンウェーブ(クリスピー)、ドラセナ(ブラックタイ) 

花もグリーンも少量なのに、絶妙な合わせ具合でインパクト大! クールなあしらいです。個性の強いランに合わせて選んだのは、ダークな葉とウェーブのある葉の2タイプ。ダークなドラセナだけならありがちですが、ちょっとユニークなフォルムのグリーンウェーブが夏らしいさわやかさを添えてくれます。
花・田中佳子 撮影・中野博安

◆ポイント◆
大きな葉っぱは器に結びつけます

ドラセナは器の外側に添わせて革ひもなどで結んで固定。器の中に入れたグリーンウェーブが花留めに。

和を感じる夏草を合わせて、清涼感のあるあしらいに

花材:デンファレ(レモンブーケ)、ヤマシダ、リキュウソウ、スモークグラス

ラン=南国風、がお決まりですが、こんなふうに涼しい色を選んで、グリーンだけですっきりあしらう方法もアリ。ほんのり和の風情があって、風が抜けるような涼しさを感じます。グリーンは、直線、曲線と、フォルムの違いをうまく組み合わせると、あしらいに繊細な動きが出て、表情豊かに。
花・柳澤縁里 撮影・中野博安

◆ポイント◆
リキュウソウは使い分けると○

リキュウソウは切り分けて、葉が大きい下のほうを花の足元に、先端の細い部分は長く使って動きをつけて。

◆ポイント◆
ヤマシダの足元は太さを補強して

ヤマシダは茎が細いので、剣山に挿すときは、短く切った茎を添えてワイヤーで巻くと挿しやすくなります。

◆ポイント◆
動きがあるグリーンはあとから入れます

まずデンファレとヤマシダで全体のスケールを決めて、残りのグリーンでバランスよくすき間を埋めます。

ランともっと仲良く! 夏の上手なつきあい方

夏に強い花の代表格ともいえる花。ひとくちにランといっても、形も色もさまざまなので、あしらいの雰囲気に合わせて選びましょう。 1 本が比較的高いイメージがありますが、とても長くもつことを考えればリーズナブルともいえます。

張りのある花を選んで
輸入や国産などいろいろありますが、いい花の見分け方は張りがあるかどうか。花びらが透けていたりするものはNG。

ダメになった花は取り除く

長くもつ花ですが、下のほうから枯れてきます。花びらが透けたり、茶色くしなびてきたら、カットしましょう。


関連記事