もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • ハイビスカスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

ハイビスカスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

記事 2018/07/10
ハイビスカスの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

トロピカルな花といえば、真っ赤なハイビスカスの花がよくイメージされます。ハワイでは州花、マレーシアでは国花、沖縄でもシンボル的な花として一年中見られ、親しまれています。夏が似合う南国の花で人気がありますが、春から秋までの長い期間にわたって花を咲かせて楽しめることはあまり知られていないかもしれません。ハイビスカスを長く楽しむために、それにふさわしい環境をととのえ、種類ごとの違いや、育て方のポイントを知っておきましょう。

1.ハイビスカスを育てる前に知っておきたいこと

ハイビスカスは、花の色や形が豊富な、アオイ科フヨウ属で常緑の低木の総称です。品種は7千種以上とも1万種以上あるともいわれています。原産地についてはいろいろな説があり詳細は不明とされますが、ハワイでたくさんの交配が行われたため、ハワイの花というイメージがついたのかもしれません。

■ ハイビスカスの基本データ
学名:Hibiscus
科名:アオイ科 
属名:フヨウ属
原産地:中国南部、インド洋やハワイ諸島、モーリシャス島等といわれるが詳細は不明
和名: 仏桑花・扶桑花(ブッソウゲ)
英名:Hibiscus
開花期:6~10月
花色:ピンク、赤、オレンジ、黄色、白、青、紫
花もち:基本的に1日、2〜3日のものも。

日本では鉢植えで楽しむことが多いですが、沖縄では、花木として地植えの庭木や街路樹に使われ、3m近い高さにまでなることも。どこにでもある身近な花として「アカバナー」と呼ばれ親しまれています。夏のイメージが強い花ですが、秋にも開花させることができ、環境しだいでは冬でも花を楽しませてくれます。

また鑑賞以外に、ハイビスカスは食用や繊維の原料とされています。ビタミンCやカリウムなどを含むので、疲労回復効果のあるハーブティーとして、また天然のスポーツドリンクのように飲まれていることは、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

2.種類を知ると、選び方がわかります

ハイビスカスは、一説には1万種ともいわれるほどのたくさんの品種がありますが、大きくはオールドタイプ、コーラルタイプ、ハワイアンタイプの3系統に分けられます。3系統ごとの特徴を知って、花を選ぶときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

オールドタイプ

オールドタイプは在来系ともいい、一般に広く流通しているタイプです。暑さや寒さに比較的強く、花つきがよいのが特徴です。ただし、気温が30℃を越えると開花数が減ります。花は中輪や小輪が多くなりますが、育てやすく、環境によっては一年中花を楽しめるので、初心者にはおすすめのタイプといえます。

コーラルタイプ

コーラルタイプは原種に近いタイプです。形や色がサンゴ礁に似ているので、コーラル(さんご)の名前がついています。花びらのふちに切れ込みが入っているものが多く、垂れ下がるように花がつくのが特徴です。オールドタイプに比べるとやや小ぶりで、寒さには弱い傾向がありますが、暑さには強く生育が旺盛なので、夏の季節を華やかにしてくれます。ただし、気温が30℃を越えると開花数が減ります。

ハワイアンタイプ(ニュータイプ)

ハワイアンタイプはその名の通り、ハワイでハワイ原種のハイビスカスとブッソウゲを交配したもので大輪系とも呼ばれています。もっとも品種の多いタイプですが、成長するのに時間がかかり、暑さや寒さに弱いものが多いため、流通量は少なめです。花形はまるみがあり大輪で豪華。花つきはあまりよくありませんが、オレンジ、赤、青、紫など色彩に富んでいて観賞価値が高い華やかなタイプです。春や秋など気候が穏やかな時期に開花します。

3.ハイビスカスを育てるときに必要な準備は?

沖縄などでは庭植えも多いハイビスカスですが、一般的には鉢植えで育てる人が多いと思います。種をまくよりは、苗または鉢植えの株を購入して育てるほうがよいでしょう。ホームセンター、園芸店、街のフラワーショップなどで購入することができます。

準備するもの
・ハイビスカスの苗
・鉢または横長プランター *鉢植えの場合
・土
・肥料

苗を購入する場合は、鉢に植え替えるための土も用意します。水はけのよい土がよく、赤玉土と腐葉土を7:3程度に配合したものがよいでしょう。またハイビスカスは、ほかの植物に比べると肥料を多くやるほうがよく育ちます。効き目の緩やかな緩効性の固形肥料を用意しましょう。

4.ハイビスカスの育て方にはポイントがあります

ハイビスカスを失敗せずに育てるためには、できるだけ日光のあたる場所に置くのがポイントです。ただし、日本の蒸し暑い夏には弱いため風通しのよい場所に置き、30℃を超える真夏は明るい日陰に移動させましょう。照り返しの高温も避けて、風通しのよい場所に置くようにします。ハワイアンタイプのものは、もともと暑さに弱いので、梅雨が明けたら午前中以外は日陰に置きましょう。

11月に入り涼しくなってきたら鉢を室内に移しますが、冬でも室内の日が当たる場所に置きます。ガラス越しの窓辺などが最適でしょう。日差しのあたる暖かい場所や、暖房のきいた部屋では冬でも花を咲かせることがあります。ただし、暖房からの温風が当たると乾燥しますから、当たらないように気をつけましょう。

水と肥料を好むのもハイビスカスの特徴です。特に生育期は、水も肥料も切らさないようにするのがコツです。

5.土作りと苗の植え付けが、最初の作業です

ハイビスカスは種まきよりも、苗から育てるほうが一般的です。

5月前後にはホームセンターや園芸店などに苗が出回ります。ビニールポットなどに入ったハイビスカスの苗は、店頭に並んでいる時点で根が成長していることが多いため、購入したらすぐに鉢に植え付けましょう。

土に関しては、ハイビスカスのための培養土を選ぶのがいちばん簡単です。自分で作るのなら水はけのよい土にしましょう。基本は、赤玉土7、腐葉土3を混ぜたものになります。

ハイビスカスの植え付け時期と方法

前述したように、植え付けは5月前後、次のような手順で行います。

① ビニールポットよりもひと回り大きな鉢を用意し、水はけのよい新しい土(赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土)を鉢の4分の1ほど入れます。

② ビニールポットから抜いた苗は土を崩さずに、新しい土を入れた植え付け用の鉢に置きます。

③ 鉢に土を加え、鉢と根の隙間にも土が入るように棒などをつついて土を入れ込みます。この時、つついた棒で根を傷めないように注意しましょう。

④ 鉢の上部2〜3cmのところまで土を入れ、鉢底から水が流れ出すまでたっぷり水をやります。

植え付け後は、日あたりのよい場所に置いて管理します。

6.ハイビスカスと仲よくなる日々のお手入れ

水やりと肥料は、ハイビスカスの育て方のなかで、日のあたる場所に置くことの次に大切なことです。ここでは、ハイビスカスを育てているとき、日々、行っていきたいことをまとめます。

ハイビスカスの水やりのタイミング

ハイビスカスの成長期は、春から秋にかけてですから、4〜10月は、鉢の底から水が出るくらいたっぷりと水を与えます。この時、鉢受皿に水が溜まっていると根腐れの原因になりますので、注意しましょう。水が不足すると蕾が落ちてしまうことにもなります。気温の高い真夏は土が乾きがちなので、土が乾いているようなら、朝夕2回に水やりをします。11〜3月は少なめの水やりになります。

ハイビスカスの肥料の施し方

肥料も同様で、5〜10月の生育期は肥料切れを起こさないようにしましょう。効き目の緩やかな緩効性の固形肥料を規定量よりやや多めに鉢土の上に施します。

ハイビスカスの花が咲いたら…

ハイビスカスは花が開いても1日でしぼんでしまう1日花です。花がらはそのままでも自然に落ちますが、花がらを摘む場合はガクごと取り除きます。

7.剪定を行うときは、時期に注意しましょう

剪定は生育期間の間ならいつでもできますが、剪定後では花を楽しめなくなることを考えると、花が終わった後10〜11月、室内に入れる冬越しの前に行うのがよいでしょう。ただし、冬も開花できる環境を保って花を楽しみたいという方は剪定しなくてもかまいません。剪定のやり方としては、必ず葉が数枚残る様に、全体を2分の1〜3分の1くらいの高さまでバッサリとカットします。葉を数枚残さないとカット後の生育が悪くなり枯死することもあります。

8.植え替えの時期や方法は目的によって異なります

成長の早いハイビスカスは、買ったときのままの鉢では根詰まりを起こします。1〜2年に1回は植え替えをしましょう。植え替えの目的には、大きく成長させるための植え替えと、反対に大きくさせないための植え替えがあります。

大きくする植え替え

大きくするための植え替えは、植え替える鉢も1〜2回り大きなものを用意します。5〜10月頃の間に行える作業です。次のような手順で行いましょう。

① 水はけのよい新しい土(赤玉土小粒7、腐葉土3)を、植え替え用の大きな鉢の4分の1ほどまで入れます。

② 鉢から抜いた株は土を崩さずに、新しい土を入れた鉢に置きます。

③ 株を置いた鉢に土を加え、鉢と根の隙間にも土が入るように、棒などをつついて土を入れ込みます。この時、つついた棒で根を傷めないように注意しましょう。

④ 鉢の上部2〜3cmのところまで土を入れ、鉢底から水が流れ出すまでたっぷり水をやり、その後はそれまでと同じように管理します。

大きくしない植え替え

鉢の大きさを変えずに育てるためには、生育期である5〜6月に植え替えを行います。まずは、鉢から抜いた株の土を全体の3分の1ほど取り除きますが、次のような手順で土を落としていきます。

① 根鉢の下から土を崩し、3分の1ほどの土を取り除きます。

② 根鉢の上部(肩の部分)の土を軽く落とします。

③ 根鉢の側面の土を軽く落とします。

3分の1ほど土を落とした株は新しい土を加えながら、もとの鉢に植え付けます。植え付けた後は枝を2分の1〜3分の1ほど剪定してから、水をたっぷりやります。大きくしない植え替えの場合は、すぐに肥料を与えず2週間ほど経ってからそれまでと同じ管理に戻します。

9.知りたい! ハイビスカスの増やし方

ハイビスカスを増やしたいときは、挿し木がおすすめです。ただし、ハワイアンタイプは挿し木ができないものもありますし、購入したばかりの株も挿し木には不向きです。

一般的な挿し木の方法

挿し木の時期は、オールドタイプとハワイアンタイプが6月、コーラルタイプが5〜9月です。

挿し木は次のような手順で行います。

① まず挿し木を行う前日にたっぷりと水をやります。

② 勢いのある元気な枝を7〜10cmの長さに切り、葉を上部2枚だけ残して、ほかは枝から切り落とします。

③ これを2〜3cmの深さで土に挿します。土は赤玉土小粒単用か、ピートモス3、鹿沼土小粒7(又は赤玉土小粒7)の配合土に。

④ 風のない明るい日陰に置き、10日間程度は土が乾かないように鉢底から流れるまで、たっぷり水をやります。その後は、土の表面が少し乾いてから水やりします。

1カ月ほどで根が出ますので、3号ポットに鉢上げしましょう。それからだんだん生育するにしたがって鉢を大きいものにします。その際、次第に粗い目の粒子の土に変えます。

ハワイアン系は接ぎ木向き

ハワイアンタイプは挿し木のできない品種もありますが、接ぎ木なら増やすことができます。接ぎ木の適期は4月下旬〜6月。台木は、オールドタイプかコーラルタイプのどの品種でも可能ですが、切れ込みが入れやすい幹がやわらかい品種を選びましょう。

10.ハイビスカスを育てる際に注意したい病気や害虫

ハイビスカスを育てるうえで注意しなくてはならない病気にはすす病があり、害虫にはアブラムシ、ハダニ、ハマキムシなどがあります。特に、初夏〜初秋にかけては害虫が出やすいため、鉢のまわりや鉢底を確認し、見つけたらすぐに駆除しましょう。

すす病とは、すすがついたように枝や葉が黒くなってしまう病気です。すす病になると見た目が悪くなるのはもちろん、放置しておくと、黒くなった葉が落葉し株が枯れてしまいます。害虫であるアブラムシやハダニなどの排泄物が原因で発生することが多い病気ですが、年間を通して注意が必要です。すす病が発生した枝葉は、剪定したり葉を摘み取ったりして被害が広がらないようにします。根本的な対処としては、アブラムシやハダニの駆除が必要です。

アブラムシはハイビスカスが生育する4〜10月に発生し、茎や花から養分を奪い、生育を妨げます。春暖かくなったら、粒状の浸透移行性殺虫剤を1カ月に1回、株元に置いて予防します。ついてしまったら、即効性のあるスプレー式の浸透移行性殺虫剤を使うのが便利です。

ハダニもやはりハイビスカスの生育期には注意しなくてはなりません。3〜10月頃、風通しが悪いとハダニがつきやすくなります。ハダニは葉の裏から養分を吸い取り、無数の白い斑点をつけます。ハダニは水に弱いので、毎日、霧吹きで葉の裏側に水をかけると予防できます。もしハダニがついてしまったら、シャワーのような勢いのある流水を葉の裏にかけるとハダニが流れて駆除できます。大量になった場合は、即効性のあるハダニ駆除の殺虫剤を散布しましょう。

ハマキムシはハマキガという蛾の幼虫のことで、葉巻のように葉を巻いてその中で生活します。丸まった葉を見つけたら、葉ごと摘み取りましょう。もし、大量に発生した場合には、即効性のあるスプレー式の浸透移行性剤殺虫剤を葉の表面や中にかかるように散布します。

11.ハイビスカスと相性のよい寄せ植えの植物は?

鮮やかな花色が多いハイビスカスは、夏の寄せ植えにぴったりです。ハイビスカスは上に成長する植物なので、ハイビスカスの足元を隠すような植物を選ぶと寄せ植えに一体感が出てきます。ヘデラやツルニチニチソウなどつる性宿根草であれば、立体感のある寄せ植えを長く楽しめるでしょう。また、トロピカルで華やかな雰囲気のあるハイビスカスは、サンセベリアなどのユニークな葉形の観葉植物と合わせると個性的な寄せ植えになるでしょう。ハイビスカスの青々とした葉に赤や白などのカラーリーフの植物を合わせると、お互いが引き立ちます。

構成と文・ブライズヘッド

監修矢澤秀成

園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長


関連記事