もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • バラあしらい、夏バージョン。色や飾り方で差がつきます

バラあしらい、夏バージョン。色や飾り方で差がつきます

バラあしらい、夏バージョン。色や飾り方で差がつきます

どんなに暑くても、花の女王・バラははずせませんよね。真夏のバラは花が少し小さくなったりもしますが、その華やぎはやはりナンバーワン。優雅、ナチュラル、シック…。いろんな顔をもつバラ。扱うときのコツやあしらい方、魅力を引き出すテクニックを知って、たっぷり長く楽しみましょう。

元気がもらえる、目もさめるようなビビッドな色合いで!

花材:バラ(イブピア ッチェ)、リューココリネ(カラベル)、ヤグルマソウ、セリンセ、ブロンズフェンネル、ハーブゼラニウム 

ビビッドなピンク、コロンとした花形、芳しい香り…。どれをとっても魅惑的なイブピアッチェ。紫や黄緑など明るい差し色をプラスして、さわやかにバラを引き立てます。そしてフレッシュなグリーンをふんだんに添えるのが夏らしさを感じさせるコツ! ブロンズ色のフェンネルがちょっぴり大人びて、洗練された雰囲気にしてくれます。
花・柳澤縁里 撮影・中野博安

◆ポイント◆
高低差をつけてあしらいましょう

イブピアッチェの濃いピンクはかたまりで見せると暑苦しくなってしまうので、意識して高低差をつけます。

◆ポイント◆
きれいな葉っぱもうまく活用して

イブピアッチェの葉っぱはつややかできれいなので、切り分けてグリーンのひとつとして足元に添えます。

透明感のある器に少しずつ。風が抜ける爽やかなあしらいに

花材:バラ(マダムビオレ、ファンシーイブニング、カナリアリッチ)、フロックス、アイビ ー(ピッツバーグ) 

夏のバラに蒸れは禁物! というわけで、こんなあしらいはいかが? 水が涼しく見えるガラス器に 1 本ずつ。季節の小花やグリーンを添えて並べるだけです。花同士の間隔をあけると風通しがよくなって、バラも生き生き。花形の違うバラを少しずつ並べると、リズムが生まれます。簡単だから、ぜひお試しを。
花・大髙令子 撮影・中野博安

◆ポイント◆
アイビーをくるくる巻きつけて飾りつけ

つる状のグリーンは垂らすだけじゃつまらない! バラに巻いて根元を差し込み、ブーケ状にします。

ワンピースの花模様のようにノスタルジックなピンクを重ねて

花材:バラ(アルンウィック・キ ャッスル)、フロックス、ディディスカス、スカビオサ(モモコ)、ワスレナグサ、ハゴロモジャスミン 

ほっこり花びらをほどく姿といい、パウダーピンクの色といい、見ているだけで優しい気持ちになれるバラですよね。庭で摘んだような草花をふわっと合わせて、ナチュラルな雰囲気を楽しみます。日なたの匂いのする花柄コットン風、夏の貴重なピンクをいける特別感を味わって。
花・柳澤縁里 撮影・中野博安


関連記事