• TOP
  • 記事一覧
  • 夏の‟主役花”トルコギキョウの華やぎアレンジ

夏の‟主役花”トルコギキョウの華やぎアレンジ

夏の‟主役花”トルコギキョウの華やぎアレンジ

年々改良が進み、種類や色も増えて人気が高まっているトルコギキョウは、繊細なシルエットに似合わず、とても丈夫なのがうれしい夏の花。小さく可憐なひと重から、あでやかな超大輪まで、花姿はさまざま。夏に強いこの花を味方につけて!

暑さに強い花だから、密度をもって色を重ねてみて

トップの写真は、アジサイと同じくらい大きな花顔のエグゼラベンダーをつかったアレンジ。フリルたっぷりの花びらを重ねる姿が美しく、見ごたえのある花に、同じような質感で丸い形のアジサイやスカビオサを合わせて、ブルーのグラデーションでさわやかにまとめました。ポイントは、花色だけをつなぐあしらい方。旬の花同士、比較的蒸れにも強いので、ふわふわ重ねて仕上げましょう。
花材:トルコギキョウ(エグゼラベンダー)、スカビオサ、アジサイ、クワズイモ、アイビー 
花・大髙令子

◆ポイント!
簡単に作れる葉っぱの器で涼しさ倍増!

吸水性スポンジはクワズイモの葉で包み、アイビーの茎を挿して形を固定。ナチュラルな器が涼感たっぷり。

◆ポイント!
大小の丸い花でリズムを作りましょう

花はトルコギキョウと形の似ているものを大きさ違いで重ねることで、強弱が生まれ、動きがつきます。

スプレー咲きを切り分けて、楚々とした風情を生かす

花材:トルコギキョウ(春うらら)、ナデシコ(ミーティアピンク)、サクラコマチ、ドウダンツツジ 
涼しい色のびいどろ器にいけ分けた、小さなアレンジ。主役はほんのり淡いピンクに染まる中輪のトルコギキ ョウです。スプレー咲きのトルコギキョウは切り分けて使うことができるので、こうしたいけ分けにも便利! このあしらいで使っているのは 2 本ほどです。 3 つの器はどれも同じ花材ですが、枝ものの入れ方や輪数を変えて、変化をつけます。
花・柳澤縁里

◆ポイント!
あしらいはひとつずつ、完成形に整えて

ひとつずつ飾ってもいいように作っていますが、 3 つのあしらいが集まると、世界がさらに広がります。

トルコギキョウとの、夏の上手なつきあい方

トルコギキョウはもともと夏が旬の花。色もさわやかな色からシックな茶系までそろうので、仕上げたい雰囲気に合わせて選べるようになりました。花の大きさもさまざま、暑さにも強いので重宝します。とはいえ、簡単なケアは必要です。

■不要な葉は取り除く

葉は水につかると腐りやすいので、使わない部分はあらかじめ手で取り除きまし ょう。風通しもよくなります。

■切り分けてボリュームを出して

トルコギキョウは、大輪のものでも 1 本に 2 ~ 3 輪つくスプレー咲き。切り分ければ、簡単にボリュームアップが可能です。

■夏にしか出ない品種も!
ほぼ 1 年中出回っている花ですが、本当の旬の時季にしか出てこないものも。この夏、花屋さんの店先にご注目!

撮影・中野博安 


関連記事