• TOP
  • 記事一覧
  • カーネーションの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

カーネーションの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

カーネーションの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

フリルみたいな花びらが愛らしいカーネーション。リーズナブルで色の種類が豊富、しかも季節を問わず花屋さんの店先に並ぶため、使いやすい花でもあります。そんなカーネーションを、もっと長く楽しめたらいいのに…と思うことはありませんか? そんなとき、ドライフラワーにすれば、お気に入りのカーネーションをずっと部屋に飾っておくことができます。東京・二子玉川の花店『メゾンフルーリ』の佐々木久満さんにカーネーションのドライフラワーの作り方と、その簡単なアレンジについて伺いました。

1.カーネーションのドライフラワー作りは難しくありません

「花びらがたくさんあるカーネーション。ドライにするのは難しいのではないかしら」と思うかたも多いかもしれません。でも、大丈夫!「カーネーションをドライフラワーにするのは、難しくなんかないですよ」。『メゾンフルーリ』の佐々木久満さんはこう言います。「カーネーションはもともと丈夫な花なので、ドライフラワーにしても花びらが落ちにくい。つまりドライフラワーに向いている花です。もっと気軽にドライフラワーにして楽しんでください」。

それでは、花の選び方や、作ったドライフラワーの飾り方など、カーネーションをドライフラワーで楽しむ方法について、具体的に教えてもらいましょう。

2.ドライフラワーに適している、カーネーションの種類と選び方

基本的には、どんな色、形のカーネーションでもドライフラワーにすることができます。ポイントは、花屋さんで買ってきたばかりの、新鮮な花をすぐにドライフラワーにすること。新鮮な花ほど、花びらのつけ根がしっかりしているので、形をキープしやすいからです。反対に、飾ってから日数が経ったものやガクが傷んでいるものは、避けたほうが無難です。ドライフラワーにしたときに、花の形が崩れやすくなってしまいます。

もちろん、「生花として少し楽しんでからドライにする」という方法もあります。その場合も花瓶に入れて楽しむのは1~2日に留め、早めにドライフラワーにするほうが、仕上がりがキレイだし、ドライフラワーとしてのもちもよくなります。

カーネーションのなかでも、特にドライフラワーにおすすめなのが、下記のタイプです。

色の濃いカーネーション

どんな花も、ドライフラワーにすれば花色が褪せて、沈んだトーンになるものです。それがドライフラワーの魅力でもあります。ただ、白いカーネーションをハンギング法(次の「3.カーネーションのドライフラワーの作り方は、ふたつあります」で説明)でドライフラワーにすると、どうしても色が茶色っぽくなってしまいます。それもまた味があっていいのですが、元の色を残したいのであれば、濃い色のカーネーションのほうが、キレイに仕上がります。

濃い色の花

生花

ドライフラワーにしたもの

白い花

生花

ドライフラワーにしたもの

スタンダードなカーネーション

カーネーションにはいくつかの種類があります。代表的なのが、花びらがたくさん集まったスタンダードなタイプと、スプレー咲きでナデシコに似たひと重咲きのタイプ。このうち、おすすめはスタンダードなタイプです。ひと重咲きは花びらの枚数が少ないので、乾燥が進むと花びらがチリチリになったり、形がくしゃっとつぶれてしまうことがあります。ドライフラワーになってもボリュームがあるスタンダードなタイプがおすすめです。

スタンダードなタイプ

ひと重咲き

3.カーネーションのドライフラワーの作り方は、ふたつあります

ドライフラワーの作り方には、大きく分けて、ハンギング法、シリカゲル法、ドライ・イン・ウォーター法の3つがあります。このうち、ドライ・イン・ウォーター法は、花に水分を多く含むカーネーションには向きません。花の形が崩れる原因になるからです。また、ひと昔前には電子レンジを使う方法もありました。ただ、生きている花を電子レンジにかけることに抵抗を感じる方が多く、作っている途中で嫌な臭いがしたり、花の形が崩れたりしやすいので、こちらの方法も避けたほうがいいでしょう

そこで今回は、カーネーションに向いているハンギング法とシリカゲル法、このふたつの方法について手順を紹介します。

簡単にカーネーションをドライフラワーにする「ハンギング法」

花を束ね、下に向けて吊すだけ、という、もっとも一般的なドライフラワーの作り方です。簡単で手間がかからず、できあがったドライフラワーをそのまま飾ればいいので、初心者向きといえます。ただし、外気に触れながら乾燥させるので、あとで説明するシリカゲル法と比べると、どうしても色褪せの度合いは大きくなります。その褪せた花色こそがドライフラワーの魅力でもあるので、ドライフラワーらしさを好む人には、いちばんおすすめの方法です。

ハンギング法で必要なもの

・カーネーション
・輪ゴム
・麻紐 *吊すために使うので、紐でもリボンでも可
・ハサミ

ハンギング法のコツと注意点
カーネーションは、乾燥すると茎から水分が抜けてしまい、茎が細くなります。そのため、カーネーションをハンギングするときは、最初に輪ゴムで茎を束ねておきます。このとき、輪ゴムは、できるだけきつく掛けるほうがいいでしょう。茎が細くなって輪ゴムがゆるむと、途中で花が落ちてしまうことがあるからです

花を束ねるときは、やや花顔をずらしながら重ねるのが、ハンギング法でのドライフラワー作りのコツです。花同士が重なっていると風通しが悪くなり、乾燥までに時間がかかります。

ハンギング法の手順
①カーネーションの茎を束ねて、根元を輪ゴムで留めます。できるだけきつく掛けましょう。なるべく花が重ならないように、花の向きや重なりを調整してください。

②輪ゴムの上から麻紐をきつく巻きつけます。干すときに結びつけられるよう、紐の端は長めに残してカットしておきましょう

③湿気が少なくて直射日光があたらない、風通しのいいところに②を吊します。外気にあてると花が傷むので、室内のほうがいいでしょう。乾燥の度合いは好みにもよりますが、花びらから水分が抜けて、カラカラになったらできあがりです。

カーネーションの色をきれいに残す「シリカゲル法」

クッキーや海苔の乾燥剤として、よく目にするシリカゲル。水分を吸着するシリカゲルの働きを利用してドライフラワーを作るのが、この方法です。シリカゲルを使う方法は、乾燥させている間、花が外気に触れないため、退色を防ぐことができます。したがって、花の色をきれいに残すことができるのです。

下の2点は、シリカゲル法でドライフラワーにしたカーネーションです。

シリカゲルにはドライフラワー専用のものがあります。お菓子用でも代用できますが、避けたいのは、粒状のもの。粒だと、花と花の間など、細かいところまでシリカゲルが入らないからです。シリカゲルは100円ショップやインターネット、資材店などで購入することができます。

シリカゲル法で必要なもの

・カーネーション
・シリカゲル *パウダー状のもの
・密封できる蓋つきのタッパー *蓋付きの瓶でも可
・ハサミ

シリカゲル法のコツと注意点
花をタッパーに入れてしばらくすると、「もうできているかな?」と、中の状態を確認したくなるものですが、完全に水分が抜けるまで、タッパーの蓋を開けるのはやめましょう。乾燥させている途中で、花が空気に触れると、色が悪くなってしまいます。作る時期や保管場所の湿度にもよりますが、余裕をもって2週間、できあがりをじっと待ってください。

シリカゲル法は花だけをドライフラワーにするものと思われがちですが、大きなタッパーを使えば、茎や葉をつけたまま、カーネーションを丸ごと1輪ドライフラワーにすることも可能です。ただし、大きな容器と大量のシリカゲル、タッパーを置くスペースが必要になるので、そうした点を考慮した上でトライしてみましょう。

シリカゲル法の手順
①タッパーにシリカゲルを敷きます。目安としては、花を入れたとき、花がタッパーの中央に来るくらいの深さにしてください。

②シリカゲルの上にカーネーションを置きます。花だけをドライフラワーにする場合は、複数の花を同じ容器に入れても構いません。ただし、花同士がくっつかないように、1輪1輪を離して、それぞれの四方がシリカゲルで埋まるようにするのがポイントです。

③花の上や周りに、シリカゲルをやさしくかけていきます。いちどにどっとシリカゲルが花にかかると、形が崩れてしまうので注意しましょう。

④花が埋まるくらいシリカゲルをかけたら、一度蓋をして、タッパーを左右に数回振ります。こうすると花びらのすき間にもしっかりとシリカゲルが入るのです。その分、花の上のほうがシリカゲルから出てくるので、またシリカゲルをかけ、蓋をして左右に振ります。これを数回繰り返してください。

⑤花が完全に隠れて見えなくなるまで、④を繰り返したら、蓋をきっちり閉めます。日の当たらない、湿気の少ない場所に約2週間置けばできあがりです。

⑥ドライフラワーになったカーネーションを取り出すときは、タッパーから新聞紙などの上に少しシリカゲルを移します。花が半分以上見えたら、やさしくつまんで取り出しましょう。最後に、花びらをペーパーなどにトントンと軽く何度か打ちつけて、中に入り込んだシリカゲルをきれいに取り除いてください。

4.カーネーションのドライフラワーをより楽しむために…

カーネーションは花びらがびっしりと重なっているので、ドライフラワーにした後も花びらと花びらの間がムレやすいものです。湿気の多い場所に置くとカビが生えることがあるので、注意しましょう。

カーネーションはガクが大きくしっかりしているので、形が崩れにくく、ドライフラワーにしてもわりと丈夫です。もちろん、無造作につかめば花びらが折れてしまいますが、カーネーションの花形からして、少しくらい花びらが折れてもあまり目立たないのも事実…。生花と同じような花材として、またクラフト素材のひとつとして、もっといろいろな楽しみ方をしてみてください。

ただし、どんな作り方をしても、ドライフラワーは完成したあとも少しずつ乾燥が進み、徐々に色が褪せていきます。飾っておけばホコリもつきますし、花びらが落ちやすいため、あまり手をかけることができません。季節に関係なく長く楽しめるのがドライフラワーの魅力ではありますが、やはりときどきは花をいけ替えるのがベストです。

5.カーネーションのドライフラワーを使った、簡単アレンジ

ドライフラワーを作ったら、部屋に飾ってみましょう。ここでは、ハンギング法でドライフラワーにしたカーネーションを使って2種類(その1、その2)、シリカゲル法でドライフラワーにしたものを使って2種類(その3、その4)、アレンジ例をご紹介します。

その1 試験管を使ったカーネーションの壁掛け

花材:カーネーション3種、アジサイ、ユーカリ、スターチス

カーネーションを1~2輪ずつ試験管に入れ、口元に違う種類の小花をあしらいます。それを木の枝から麻ひもで吊した、ナチュラルな壁掛けです。茎を長く使いたいので、ハンギング法で作ったドライフラワーのほうが○。試験管ひとつずつに違う色や形の花材を使い、多彩な表情に仕上げるのがポイントです。

その2 カーネーションのグラスアレンジ

花材:カーネーション2種、ユーカリ・ポポラス

高低差をつけていけたカーネーションに、実つきのベージュの葉を添えたグラスアレンジです。花は落ち着いた茶系でまとめていますが、白い石を花留めにしているので爽やかさも感じられます。手入れ不要のインテリアとして、洗面所などのちょっとしたスペースに置くとかわいいですよ。

その3 カーネーションのミニリース

花材:カーネーション2種、アジサイ、ペッパーベリー、ユーカリ

シリカゲル法で上手に仕上げると、カーネーションの色と形がきれいに残り、プリザーブドフラワーのような佇まいになります。そこで、花顔だけを丸いベースに接着剤で貼って、小さなリースにしてみました。最初にベースにすき間なくサブ花材を貼り、カーネーションはポイントだけにあしらうのがおしゃれに見せるコツです。

その4 カーネーションのアレンジメント

花材:カーネーション3種、アジサイ、ユーカリ、レピディウム

カーネーションを器の片側にぎゅっと固めて、色の違うフリルの重なりのように見せました。おかげで、花色には落ち着きがあるのに、華やかさもかもし出すアレンジに。ほかの花材を緑色のものでまとめているのも、花色を際立たせる秘訣。水がいらない上に安定感もあるあしらい方なので、デスクなどに飾っても安心です。

構成と撮影と文・高梨奈々

Profile佐々木久満

『メゾンフルーリ』統括マネージャー。 生産者とのつながりを大切にし、これまでに訪問した花の生産地は150以上。数多い日本国内の花店のなかでも特に、産地や新品種に精通するフローリストとして活躍し...アーティスト詳細を見る


関連記事