もっと気軽にもっと身近に。花のある暮らしを

  • TOP
  • 記事一覧
  • ガーベラの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

ガーベラの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

ガーベラの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

1.ガーベラのドライフラワー作りは難しくない!

ぱっと開いた愛らしい花顔や、パステルカラーの花色が豊富なことから、女性から不変の人気を誇るガーベラ。「このかわいらしさを、もっと長く楽しみたい」と思う方も多いようです。それなら、ガーベラをドライフラワーにしてみませんか? ドライフラワーにしておけば、好きな花を長く部屋に飾っておくことができます。

「そうはいっても、花びらの厚みがあるガーベラを、ドライフラワーにすることってできるの? 作るのが難しいのではないかしら」と思うかもしれません。でも、大丈夫!「ガーベラをドライフラワーにするのは、まったく難しくないですよ」。今回、ガーベラのドライフラワーの作り方を教えてくださった、東京・原宿の花店『ザ・リトル・ショップ・オブ・フラワーズ(THE LITTLE SHOP OF FLOWERS)』の壱岐ゆかりさんはこう言います。「ただ、花びらが細くて長いので、ドライフラワーにすると、花びらが落ちやすいのは事実です。できあがったドライフラワーをあれこれアレンジしようとすると、すぐ形が崩れてしまうので、その点だけは注意してください」。

それでは、花の選び方や、作ったドライフラワーの飾り方など、壱岐さんにガーベラのドライフラワーの楽しみ方について、いろいろと教えてもらいましょう。

2.ガーベラには、どんな種類があるか知っておきましょう

季節を問わず、花屋さんの店頭に並ぶガーベラに、いくつか咲き方の種類があることって、ご存じでしょうか。花びらに注目してみてください。おなじみのひと重咲きのほか、八重咲きや、スパイダー咲きなどがあります。

ひと重咲き

もっとも一般的な咲き方です。中心の花芯が、花びらと同色のタイプ、濃色で目立つタイプの2種に大別されます。

八重咲き

中心まで、花びらがぎっしり。花芯の周囲に小さな花びらが集中するもの、花芯がまったく見えないものなどがあります。

スパイダー咲き

針のように細い花びらが無数につき、花火を彷彿とさせる咲き方。花弁の先が尖っているのが特徴です。

カール咲き

花びらが、うねるように波打っています。ドラマティックな躍動感があります。主に大輪。

変わり咲き

ボール形や花芯が肥大化したものなど、一見、ガーベラとは判断できない個性派グループ。

3.ドライフラワーに適している、ガーベラの種類と選び方

基本的には、どんな色、形のガーベラでもドライフラワーにすることができます。ポイントは、花屋さんで買ってきたばかりの、新鮮な花をすぐにドライフラワーにすること。新鮮な花ほど、花びらのつけ根がしっかりしているので、形をキープしやすいからです。反対に、飾ってから日数が経ったものや花びらが反り返ってきたものは、避けたほうが無難です。花びらのつけ根がもろくなっているので、ドライフラワーにしたときに、花びらが取れやすくなってしまいます。

とはいえ、せっかく生花を買ってきたのですから、「生花として少し楽しんでからドライにするのがいいと思います」と壱岐さん。「生きている姿を愛でたあと、その短い命を惜しんでドライフラワーにする、というほうが、本来の意味で花を楽しむことになると思うからです」。1~2日ほど生花として花瓶に入れて楽しみ、そのあと、ドライフラワーにできたら、その花への愛おしさも増しますね。

前の項で、ガーベラの種類を紹介しました。そのなかでも、特にドライフラワーにおすすめなのが、下記のタイプです。

八重咲きのガーベラ

生花

ドライフラワーにしたもの

先にも述べたように、ガーベラをドライフラワーにするときの、いちばんの注意は花びらが落ちやすいことです。そのため、少しくらいなら花びらが欠けても目立たない八重咲きのほうが、ドライフラワーにするとき、失敗が少ないといえます。また、ガーベラは、上の写真のように、水分が抜けるとかなり花びらが縮むので、花びらが多くある八重咲きのほうが華やかに見える、というメリットがあります。

ドライフラワーに適したガーベラは、花びらに幅があって長さが短いもの

ガーベラは、花びらの長いもの、細いものほど、ドライフラワーにしたときに花びらが落ちやすくなります。前述したことをまとめると、ガーベラをドライフラワーにするときは、できるだけ花びらに太さと厚みがあり、花びらの長さが短めのものを選びましょう。

4.ガーベラのドライフラワーの作り方は、ふたつあります

ドライフラワーの作り方には、大きく分けて、ハンギング法、シリカゲル法、ドライ・イン・ウォーター法の3つがあります。このうち、ドライ・イン・ウォーター法は、花に水分を多く含むガーベラには向きません。花の形が崩れる原因になるからです。また、ひと昔前には電子レンジを使う方法もありました。生きている花を電子レンジにかける、という行為に抵抗を感じる方が多いだけでなく、作っている途中で嫌な臭いがしたり、花の形が崩れたりしやすいので、こちらの方法も避けたほうがいいでしょう。

そこで今回は、ガーベラに向いているハンギング法とシリカゲル法、このふたつの方法について手順を紹介します。

その1 簡単にガーベラをドライフラワーにする「ハンギング法」

花を束ね、下に向けて吊すだけ、という、もっとも一般的なドライフラワーの作り方です。簡単で手間がかからず、できあがったドライフラワーをそのまま飾ればいいので、初心者向きといえます。ただし、外気に触れながら乾燥させるので、あとで説明するシリカゲル法と比べると、どうしても色褪せの度合いは大きくなります。その褪せた花色こそがドライフラワーの魅力でもあるので、ドライフラワーらしさを好む人には、いちばんおすすめの方法です。

■ハンギング法で必要なもの

・ガーベラ
・輪ゴム
・麻紐 *吊すために使うので、紐でもリボンでも可
・ハサミ

■ハンギング法のコツと注意点

ガーベラは、乾燥すると茎から水分が抜けてしまい、茎が細くなります。そのため、ガーベラをハンギングするときは、最初に輪ゴムで茎を束ねておきます。このとき、輪ゴムは、できるだけきつく掛けるほうがいいでしょう。茎が細くなって輪ゴムがゆるむと、途中で花が落ちてしまうことがあるからです。

花を束ねるときは、写真のように、やや花顔をずらしながら重ねるのが、ハンギング法でのドライフラワー作りのコツです。花同士が重なっていると風通しが悪くなり、乾燥までに時間がかかります。さらにいうと、ドライフラワーになったあとの花は、束ねたものをほどいていけ直すと、花びらが落ちやすくなるのです。せっかくきれいにできたガーベラのドライフラワーが、いけている間にボロボロになるのはショック! 束ねて吊すハンギング法の場合、吊したものをそのままの形で飾るほうが、形崩れの危険性がありません。飾ったときにきれいに見えるよう、束ねるときから花顔が重ならないようにするのがベストです。

また、ガーベラをハンギング法で作ると、時間とともに重力で花びらが下がり、最終的には写真のように、花びらが全部下向きになった状態で乾燥します。これを上向きにいけ直しても形は戻らず、花がつぼんでいるように見えるでしょう。生花のガーベラのような、平たくぱっと開いた花形は再現できませんので、注意してくださいね。ハンギング法は、生花とは違う、新しいガーベラの魅力を発見したい方、ドライフラワーならではの花の表情を楽しみたい方のための方法、ともいえます。

■ハンギング法の手順

① ガーベラの茎を束ねて、根元を輪ゴムで留めます。できるだけきつく掛けましょう。束ねた形のまま飾ることを考えて、なるべく花が重ならないように、この時点で花の向きや重なりを調整してください。

② 輪ゴムの上から麻紐をきつく巻きつけます。干すときに結びつけられるよう、紐の端は長めに残してカットしておきましょう。

③ 湿気が少なくて直射日光が当たらない、風通しのいいところに②を吊します。外気に当てると花が傷むので、室内のほうがいいでしょう。乾燥の度合いは好みにもよりますが、花びらから水分が抜けて、カラカラになったらできあがりです。

その2 ガーベラの色をきれいに残す「シリカゲル法」

クッキーや海苔の乾燥剤として、よく目にするシリカゲル。水分を吸着するシリカゲルの働きを利用してドライフラワーを作るのが、この方法です。シリカゲルを使う方法は、乾燥させている間、花が外気に触れないため、退色を防ぐことができます。したがって、花の色をきれいに残すことができるのです。

シリカゲルはドライフラワー専用のものがありますが、粉末状のものであれば、お菓子用でも問題ありません。一方、ドライフラワー作りに向かないのは、粒状のもの。粒だと、花と花の間など、細かいところまでシリカゲルが入らないからです。シリカゲルは、100円ショップやインターネット、資材店などで購入することができます。

■シリカゲル法で必要なもの

・ガーベラ
・シリカゲル *粉末状のもの
・瓶 *密封できる蓋つきのものを、花の大きさに合わせて用意。タッパーでも可
・ハサミ
・ピンセット

■シリカゲル法のコツと注意点
花を瓶に入れてしばらくすると、「もうできているかな?」と、中の状態を確認したくなるものですが、完全に水分が抜けるまで、瓶の蓋を開けるのはやめましょう。乾燥させている途中で、花が空気に触れると、色が悪くなってしまいます。作る時期や保管場所の湿度にもよりますが、余裕をもって3週間~1か月、できあがりをじっと待ってください。

ただし、ガーベラをシリカゲル法でドライフラワーにすると、シリカゲルの重さが花びらにかかってしまい、ハンギング法で作るとき以上に花びらが取れやすくなります。万が一、できあがった段階で花びらが全部取れてしまっていても、がっかりしないで! 花芯だけ、花びらだけを飾っても十分素敵なのがガーベラの長所です。このあとに述べる「6.ガーベラのドライフラワーを使った、簡単アレンジ」の項目で挙げる、その2、その3の飾り方を参考にして、ぜひ無駄なく活用してくださいね。

■シリカゲル法の手順

① 瓶にシリカゲルを敷きます。目安としては、花を入れたとき、花が瓶の中央に来るくらいの深さにしてください。

② 茎を下にして、①のシリカゲルに花底を少し埋めるようにガーベラを入れます。このとき、大きなビンを使い、複数のガーベラを一緒に入れても構いません。花同士がくっつかないように、1輪1輪を離して、それぞれの四方がシリカゲルで埋まるようにするのが、ポイントです。

③ 花の上や周りに、シリカゲルをやさしくかけていきます。いちどにどっとシリカゲルが花にかかると、形が崩れてしまうので注意しましょう。

④ 花が見えなくなるまで、まんべんなくシリカゲルをかけます。蓋をきっちり閉めて、日の当たらない、湿気の少ない場所に約3週間~1か月置けば、できあがりです。

⑤ ドライフラワーになったガーベラは、前述したように壊れやすいもの。できあがったガーベラを取り出すときは、新聞紙などの上に、瓶から少しシリカゲルを移します。花が半分以上見えたら、ピンセットで花の根元をやさしくつまんで取り出しましょう。

5.ガーベラのドライフラワーをより楽しむために…

ドライフラワーは非常に繊細なので、作ったあとにアレンジするのは難しいものです。特にガーベラは、花びらが細長いので、ドライフラワーにすると花びらが落ちやすくなります。もちろん、ガーベラを1本ずつドライフラワーにしていけば、アレンジも可能ではありますが、スペースが必要なうえ、手間がかかります。そこで、アレンジしたいときにおすすめなのが、最初から飾るときのデザインをイメージし、合わせたいサブ花材と一緒に組んで吊るす、ハンギング法。これなら、完成したものをそのまま器に入れるだけでOKなので、花落ちの心配が少なくなります。

どんな作り方をしても、ドライフラワーは完成したあとも少しずつ乾燥が進み、徐々に色が褪せていきます。飾っておけばホコリもつきますが、ガーベラの場合は、花びらが落ちやすいため、あまり手をかけることができません。季節に関係なく長く楽しめるのがドライフラワーの魅力であっても、やはりワンシーズンごとに花を替えるのがベストです。ドライフラワーにできない花は少ないので、生花をアレンジして楽しんだらドライフラワーにする、を繰り返していけば、無理なく無駄なく花を長く楽しめますよ。

6.ガーベラのドライフラワーを使った、簡単アレンジ

ドライフラワーを作ったら、部屋に飾ってみましょう。完成したものをあれこれいじると花の形が崩れやすいので、シンプルにいけるのが基本です。

その1 ガーベラと枝のスワッグ

花材:ガーベラ

ガーベラを束ねたものを枝から吊し、ちょっとアートなスワッグにしました。ガーベラは水分が抜けるとかなり小ぶりになりますが、枝のあちこちに、こうしたスワッグを吊すと、部屋のインテリアとして存在感が出てきます。ここではナチュラルに麻紐で吊していますが、リボンにすると華やかさが出ます。

その2 ガーベラと花芯のミニアレンジ

花材:ガーベラ

束ねて作ったガーベラのドライフラワーのうち、花びらがバラバラになってしまったものが…。そんなときは、花びらの取れたものを思いきって花芯だけにし、花びらを全部取り去ってしまいましょう。それが、写真の手前右側にある、丸いオレンジ色の花芯です。柔らかな質感がとてもナチュラルで、ガーベラの花芯だなんてきっと、誰も気づきません。きっと「この野の花は何?」と驚かれますよ。ソフトなオレンジ色が白いガーベラのアクセントにもなっています。

その3 ガーベラの花芯と花びらのグラスアレンジ

花材:ガーベラ

シリカゲル法でドライフラワーにしてみたら、ガーベラの花びらがすべて取れてしまった!なんていうときもご安心を。取れた花びらをグラスの底に敷いて、花芯をポンポンと上にのせ、愛らしいグラスアレンジにしてみませんか。花芯の色は花によって違うので、あらかじめ色の違うガーベラを何種類かドライフラワーにしておくと、変化がついていいですよ。このふわふわとした花芯のかわいらしさは、ドライフラワーにしたからこそ、発見できた、ガーベラの新たな魅力です。

From Artist:壱岐ゆかり
『ザ・リトル・ショップ・オブ・フラワーズ(THE LITTLE SHOP OF FLOWERS)』主宰。
インテリアショップやファッションプレスなどを経て、2010年に週末だけのフラワーショップを東京・代々木上原にオープン。2013年に東京・原宿に移転。花をもっと日常的に楽しんでもらいたいというコンセプトから、日々のちょっとした花贈りをはじめ、展示会やパーティの装花、結婚式の装飾・演出まで、花をプロダクトと捉えたアレンジなどを独自のスタイルで展開している。

撮影・村瀬雅和 構成と文・高梨奈々


関連記事